腹筋はジムではなく「キッチン」でつくる。ヘルストレーナーに聞いた食生活改善法

ジムが苦手なあなたに朗報です。ひと足早く「夏のビーチボディを手に入れるために必要な、食生活の見直し」を紹介したいと思います。

この記事でヘルストレーナーのRicki Friedmanさんに質問を投げかけているのは「Elite Daily」のライターAshley Fernさん。誰もが知りたい、食習慣のポイントについてまとめてみました。

01.
気にするべきは、摂取カロリー?
それとも、炭水化物の量?

「炭水化物は制限すべきだ」なんてことが散々言われていますが、果たしてそれは本当に健康的なのでしょうか。

もちろん炭水化物の種類には気を配るべきですが、あくまでも生きる上で必要なエネルギー源。健康的な減量を目指すのなら、何を口にしているかを細かく分析する必要があります。

そこで効果的なのが、摂取カロリーを記録すること。最終的には摂取量が運動量と比例していればOKです。

02.
就寝前の食事はNGだって言うけど
「最適な時間」はいつ?

寝る直前の食事は、摂取カロリーが燃焼される時間が十分にとれないためNGです。減量を成功させるために最も大事だと言っても過言じゃないのが、夕飯を食べる時間。早ければ早いほうがいいです。とにかく「お腹いっぱい」と感じたまま寝るのは避けましょう。

たとえば23時に寝るのなら、3時間前の20時までに食べ終わっているのが理想的です。

03.
1日のなかで何回かに分けて食べるのって
本当に効果的なの?

あなたは、1日3食派ですか?それとも細々とたくさん食事をとる派ですか?みんなそれぞれ自分の体に合う食生活は違うため「これが正解」とは言い切れませんが、強いて言うならランチを分けて食べるといいでしょう。

なぜなら、多くの人が「食べすぎる傾向」にあるのが、昼食だからです。食べ終わった直後に「こんなに食べなければ良かった」と後悔する人も多いのではないでしょうか?

共感したあなたは、ランチを2回に分けてとりましょう。大切なのは、どちらともゆっくりと時間をとって食べ、エネルギーを維持させることです。

04.
「朝食」って
本当にそんなに大事なの?

Rickiさんによると、起きてすぐ口に入れるべきは「お水」なのだそう。そして、起床後1時間以内には朝食をとるべきなのだとか。

そうすることで新陳代謝がアップし、1日を通して安定したエネルギーを与えてくれるでしょう。

05.
ダイエットの「トレンド」って
信じていいの?

トレンドは、いずれは廃れるものです。一時的な流行のダイエットに飛びつくのではなく、効果的なダイエット法を「継続」することで、効果は期待できるでしょう。

06.
運動せずに引き締まった体を
手に入れる方法ってある?

「そんなうまい話がある?」と思うかもしれませんが、Rickiさんによれば、ある程度の領域までは可能だそうです。当然ですが、私たちの体は日々の摂取する食事でできあがっています。つまり、欲しい体は「体に摂り入れたもの次第」ということ。

でも、本気で「引き締まった体」を手に入れるなら、やはりそこは運動を取り入れるのがベストです。

Rickiさんが、減量中の女性に伝えたいことは、とてもシンプル。

「運動をして、満腹のときは口をとじること。この2つさえ意識していれば大丈夫」

Licensed material used with permission by Elite Daily
アメリカでたくさんのジムを展開する「Life Time」。彼らは「私たちはジム以上の存在です」というコンセプトを掲げて、コワーキングスペースの運営もしてい...
いろんな飲食店のオリジナルTシャツを紹介する「ショップT大集合」。今回は番外編です。ピックアップしたのは、ゴールドジムのTシャツ。そう、あのゴールドジムです。
マンハッタンのチェルシー地区にあるジム「Brrrn」の紹介。ここは室温が45°F〜60°F(約7℃〜約15℃)に保たれているんです。
ブルックリンでひそかに話題になっていたジム『Playground』が日本に上陸しました。「遊び場」という意味が込められているこの場所では、遊びを通して体を...
料理という、さっきまでここに無かったものを自分の手で創りあげる行為そのものが、魔法のようであり、素晴らしくクリエイティブなのだと少しでも感じられれば、これ...
フランス人アーティストが改造し、誕生したキッチンカー。フライドポテトが作れるキッチンが設置されたものです。知らずに目の前で「パカッ」とされたら驚いてしまい...
フランス・パリのエッフェル塔近くにあるスポーツ施設「Centre Sportif Emile Anthoine」のルーフトップにボクシングジムができました...
運動はしたいけど、ジムはいつだって混んでるし、周りの目も気になるしちょっと苦手…。そんなあなたに「Pure Wow」にまとめられていた、楽しく続けられてカ...
アメリカを代表するトップアスリートの食事を覗いてみたら…。
最近デートに退屈さを感じていませんか?もっと言えば人間関係が面倒くさいときはありませんか?つねに何かに“縛られている”現代社会において「ストレスから開放さ...
体型維持のため、あるいは落ちない脂肪と格闘して、ダイエットの理由は人それぞれ。そして、その方法もまたさまざま。正しいダイエット法なんて、本当に存在するので...
「BodyBoss 2.0」は、ベクトルフィットベースと呼ばれる“板”のようなものに、伸縮性のあるバンドをつけて、その負荷を使ってワークアウトをする器具。...
理想通り、ううん、理想以上のナップサック。
「タオル+プロ」は、ワークアウトをサポートする多機能タオル。ジッパー付きのポケットがあるので小物はそこへ収納できます。他にも、ジムユーザーに便利な機能付きです。
「Terra Hale」はすでに3つの店舗がロンドンにオープンしていて、地球に優しいとして注目されています。
運動は健康にいいなんて今や常識だし、ボディメイクだってもっとしっかりしたいし…そうは思っていても、ジムに行くのはお金も時間もかかるもの。かといって、家でエ...
何をするにしても、苦しいばかりではなかなか継続できませんよね。もちろん、エクササイズも然りです。でも、ここで紹介するジムのプログラムはとにかく楽しそう!ま...
もう好きな人にだけ刺さればいい。キッチンツールとして、こういうものが今の時代にもニーズがあると信じたい。
ジムといえば、身体を動かしてアクティブに汗を流す場所。でも、ジムでゆっくりと身体を休めてリラックスする、という逆転の発想のクラスがイギリスで誕生しました。...