イギリスのおじさんが「足跡」で描くスノーアートが美しい

足跡ひとつない雪原を踏みかためて図柄を描く「スノーアート」の第一人者。イギリス人アーティストのサイモン・ベック氏は、たったひとり10時間以上かけて、これらの幾何学模様を描いていきます。

ミステリーサークル?
雪上に現れる幾何学の芸術

Ba26d11cde3db344eb77657567bd193cb8733e20

雪の上に描かれたこれらのパターン。すべて一人の人間が新雪を一歩一歩踏み固めて文様を描き出したもの。スノーシューを履いてオリエンテーリング用のコンパス、巻尺と目印となるボールをもちいて、何もない真っ白な雪原に幾何学模様をつくる。

雪の上からでは、スノーアートの原形はなかなか見えてきません。でも、こうして上空から見てみると…。

8b2ad0590c8943d957e8ce06cb413ba348c5f19cAea104e7a238555aab3cc98e983f26ef4af3bc23Ec2d88de83fcf02fb7a45c69b36dc9c65657af0aC6a0a86f0a105e3075117397cc686d7270a5496fAf4f954c0b058868b25711e9e3295a641117f1ef66364760985278c6f9461f336dd46cd46b7686b3A05f505725116fe8773f17b6e0407090d5631fa9Aa0b22dfd92f39991848baf5dc5e74cfdc12acfdB5f5cbfcefa49e9ada74c0e62c929790801fde3d5bd8b25cbbfa10257a106f71337421315f761583Cd58a26f27cf610b7eef600ad7d46ea778ba36d9

足元から作品が生まれる

36e124e5cfc15333087352e909425144d564962b26b0d1a791c4c08e7c772f748b9aa4f7cbc155e2

ちょっとラフな格好のこのおじさん、彼がスノーアートの創始者サイモン・ベックさん。もともと冬の間のエクササイズ代わりに始めたのがきっかけだそう。

「自分の心と体の勝負。まだ、体力のほうが優っているってことかな」

信じられないような広さの雪原をたった一人で、行ったり来たり。作品によっては踏破距離が数十キロに及ぶこともあるといいます。黙々と地味な作業に取り組むサイモンさん。まさに職人!

2016年2月来日
青森県の田んぼでスノーアート

0663b4ec79dca8c05fcc5a742a01b63ef3ef974e

じつはサイモンさん、青森県田舎館村で2016年2月6日から14日まで行なわれた「冬の田んぼアート」のメインイベンターとして来日していました。毎日新聞によると、雪の素材を素材に全体でダイヤモンド状に輝くイメージしたスノウアートを雪原に作り上げていたいたサイモンさん。ところが、9日からの大雪で埋もれてしまい、一時展示が中止となる事態に。

さすがに天候には勝てないスノーアートですが、サイモンさんから直接技術指導されていた5人の地元有志が作品の輪郭を踏みなおし、なんとか展示再開となったようですよ。

Reference:毎日新聞
Licensed material used with permission by Simon Beck
ライティング、音響、そしてブロジェクションマッピングを用いたデジタルアートで、海の中の世界を演出するプロジェクト。いまや水族館の新たな魅力を引き出す手法と...
マスメディアの広告は商品を宣伝するが、アートは、人間や社会にとって大切なものを宣伝している。幸運なことに、僕たちのまわりには多くのアートがある。広告では忘...
イギリスのアーティスト、Tammillia Eloiseさんは、楽器をキャンバスとして使って、自分の世界観を描いています。彼女の色とりどりの世界が、楽器か...
美術館などのアート施設が近くにない人にも、アートを届ける素敵なプロジェクト。
伊豆大島、奄美大島など、日本には50以上もの “大島” があるそうですが、ここで紹介したいのは、愛媛県にある癒しの楽園「八幡浜大島(やわたはまおおしま)」...
オーストラリアのビーチスポット、バイロンベイで暮らすジャックとマリーのアウトドアやカフェ、自然が中心のライフスタイルをイメージしたブランド「JACK & ...
過去にリオデジャネイロのファベーラやケープタウンのシャンティタウンを色鮮やかに変えてきたアーティストeL Seed。そんな彼がカイロの街に描いたアートを改...
まあ、ぶっちゃけちゃえば、伸縮するテーブルって珍しくない。でも、伸ばすと不格好になるっていうのがお決まりのパターン。でも、『Friction Table』...
7月6日に、イギリスの電力会社Ecotricityの供給する電気がヴィーガン製品として認定されました。
絵を売りながら旅をしていたMaxwell Tileseさん。イギリスへ行った時に、ロンドン市内にあった歴史あるパブに魅せられ、パブの絵を描いた。ロンドンへ...
ミッドソールには「転売用じゃないよ」、シュータンには「ちゃんと履いてね」などのメッセージが入っています。
どこまでもトリッキーな絵を生み出すのは、イギリス生まれのアーティストJulian Beeverさん。パフォーマーでもある彼は、自分とイラストが一体になるこ...
「Incredible Edible」はイギリスの田舎町トッドモーデンから始まり、今では同国のいたるところで行われているフードプロジェクトです。
イギリスに出現したCAVALRY 360°は、3mほどあるインスタレーション。風が吹くと、馬の蹄の音を奏でます。この地方に生息していた500頭以上の馬を、...
前篇では、GoogleやWeWorkといった企業の事例を交えながら、これまでは趣味・娯楽としての側面が強かったアートがビジネスにおける必須科目となりつつあ...
プレミアム焼酎のなかでも圧倒的な人気を誇る「森伊蔵」から、この秋、135本限定で販売される「超プレミアム」な一本のお値段は、なんと......
使わないときには路上に隠れている電気自動車用の充電スタンドを、イギリス企業Urban Electricが開発した。この「UEone」はアプリで操作をしたら...
単体で存在するならば、何の変哲もないペーパーアート。しかし、それらを上手く風景と一体化させて、生命を吹き込んでしまうイギリス人が登場しました。ついつい最後...
いま、欧米ではビジネスの場においてアートが注目されています。私自身もGoogleやWeWorkといった企業にアーティストとして呼ばれることも。なぜか?アー...
突然ですが、この画像を見てください。キューブが紙から飛び出ているように見えませんか?実はこれ、平らな紙に描かれたイラストなんです!このように、視覚効果を利...