イギリスのおじさんが「足跡」で描くスノーアートが美しい

足跡ひとつない雪原を踏みかためて図柄を描く「スノーアート」の第一人者。イギリス人アーティストのサイモン・ベック氏は、たったひとり10時間以上かけて、これらの幾何学模様を描いていきます。

ミステリーサークル?
雪上に現れる幾何学の芸術

雪の上に描かれたこれらのパターン。すべて一人の人間が新雪を一歩一歩踏み固めて文様を描き出したもの。スノーシューを履いてオリエンテーリング用のコンパス、巻尺と目印となるボールをもちいて、何もない真っ白な雪原に幾何学模様をつくる。

雪の上からでは、スノーアートの原形はなかなか見えてきません。でも、こうして上空から見てみると…。

足元から作品が生まれる

ちょっとラフな格好のこのおじさん、彼がスノーアートの創始者サイモン・ベックさん。もともと冬の間のエクササイズ代わりに始めたのがきっかけだそう。

「自分の心と体の勝負。まだ、体力のほうが優っているってことかな」

信じられないような広さの雪原をたった一人で、行ったり来たり。作品によっては踏破距離が数十キロに及ぶこともあるといいます。黙々と地味な作業に取り組むサイモンさん。まさに職人!

2016年2月来日
青森県の田んぼでスノーアート

じつはサイモンさん、青森県田舎館村で2016年2月6日から14日まで行なわれた「冬の田んぼアート」のメインイベンターとして来日していました。毎日新聞によると、雪の素材を素材に全体でダイヤモンド状に輝くイメージしたスノウアートを雪原に作り上げていたいたサイモンさん。ところが、9日からの大雪で埋もれてしまい、一時展示が中止となる事態に。

さすがに天候には勝てないスノーアートですが、サイモンさんから直接技術指導されていた5人の地元有志が作品の輪郭を踏みなおし、なんとか展示再開となったようですよ。

Reference:毎日新聞
Licensed material used with permission by Simon Beck
他の記事を見る
ライティング、音響、そしてブロジェクションマッピングを用いたデジタルアートで、海の中の世界を演出するプロジェクト。いまや水族館の新たな魅力を引き出す手法と...
美術館などのアート施設が近くにない人にも、アートを届ける素敵なプロジェクト。
マスメディアの広告は商品を宣伝するが、アートは、人間や社会にとって大切なものを宣伝している。幸運なことに、僕たちのまわりには多くのアートがある。広告では忘...
イギリスのアーティスト、Tammillia Eloiseさんは、楽器をキャンバスとして使って、自分の世界観を描いています。彼女の色とりどりの世界が、楽器か...
2月の「Black History Month」に合わせて、アメリカで発表されたAdidasのコレクション。それに対して、SNSを中心に多くの疑問の声が上...
チョコレート欲が高まる2月。寒さが厳しくなる日には「重い」と感じるほどの濃厚なホットチョコレートがいい。そう思って探し出した『Bonnel Cafe』では...
世界中のストリートアートを検索できるアプリ「Street Art Cities」。現在、70カ国以上、350を超える都市のストリートアートが登録されています。
寒い季節、イギリスのスムージーに被せられる“ニット帽”。すべて手作りで、帽子、ダイナソー、ユニコーンなど種類は様々。高齢者支援の一環ですが、お土産として買...
「Hemsley Conservation Centre」というイギリスの動物園が手がけた、「1.5ポンド(約200円)を払えばゴキブリに名前をつけられる...
ハロウィンが終わると、ほとんど日を置かずにクリスマスの気配が漂い始めます。お店にはクリスマスのための新商品が並び、食品陳列棚もクリスマスの食べ物、至るとこ...
ヴィンテージ感のある洒落たバスタブの中で、泡まみれになりながらピザを食べるオジサンの幸せそうな顔!私もあんなふうにバブルバスでピザを味わいたい。
7月6日に、イギリスの電力会社Ecotricityの供給する電気がヴィーガン製品として認定されました。
過去にリオデジャネイロのファベーラやケープタウンのシャンティタウンを色鮮やかに変えてきたアーティストeL Seed。そんな彼がカイロの街に描いたアートを改...
2019年8月からイギリスのロンドン・ガトウィック空港で試験運用が決まった、ロボットが駐車場にクルマを停めるサービス。クルマの下にアームを入れて、特定の駐...
「Incredible Edible」はイギリスの田舎町トッドモーデンから始まり、今では同国のいたるところで行われているフードプロジェクトです。
絵を売りながら旅をしていたMaxwell Tileseさん。イギリスへ行った時に、ロンドン市内にあった歴史あるパブに魅せられ、パブの絵を描いた。ロンドンへ...
都会の真ん中で緑に癒される焙煎カフェも併設した南青山の話題スポットSHARE GREEN MINAMI AOYAMA〒107-0062 東京都港区南青山1...
フィンガーフードとしてテーブルにサーブすれば、クリスマスムードをぐっと盛り上げてくれるであろう、クリスマスツリー味のポテトチップス。原料には松の木のフレー...
料理教室やウォーキングクラブに行くことを処方箋に書けるようです。
まあ、ぶっちゃけちゃえば、伸縮するテーブルって珍しくない。でも、伸ばすと不格好になるっていうのがお決まりのパターン。でも、『Friction Table』...
イギリスに出現したCAVALRY 360°は、3mほどあるインスタレーション。風が吹くと、馬の蹄の音を奏でます。この地方に生息していた500頭以上の馬を、...
なぜこんな現象が起きるのかは、まだ科学的に解明されていないようですが、動画を提供してくれた消防署によると……。
前篇では、GoogleやWeWorkといった企業の事例を交えながら、これまでは趣味・娯楽としての側面が強かったアートがビジネスにおける必須科目となりつつあ...
ウォッカと言えば、一般的に原料としてイモ類や穀物が使用されることが多いですよね。でも「Black Cow」ウォッカの原料となるのは牛乳です。