無農薬野菜を使った「サラダの自販機」がデビュー!

24時間いつでもサラダを購入できる自動販売機「SALAD STAND(サラダスタンド)」がデビュー。

これは、“野菜をしっかり摂れる置き型社食”こと「OFFICE DE YASAI (オフィスで野菜)」を手がける「株式会社KOMPEITO」の新たな取り組みだ。

コロナ禍においてますます健康的な食事が重視され、オフィスで手軽に購入できる「OFFICE DE YASAI」の新規契約企業が急増。これがきっかけとなり、より多くの人々の健康をサポートすべく「SALAD STAND」の開始に踏み出したそう。

©株式会社KOMPEITO

サラダには、国産の有機・無農薬の野菜を始め、果物、ナッツ、肉、魚などこだわりの食材を使用。

カロリーを抑えながら、日本人に不足しがちなビタミン・ミネラル・食物繊維を、一度に摂取することが叶うという。

©株式会社KOMPEITO

また、この自動販売機は“次世代型”だそうで、というのも現在特許出願中のAI機能「ダイナミックプライシング」を搭載。

自動販売機周辺の人の通過数及び滞留数を計測し、そこから得た情報と購買データ、賞味期限・時間を組み合わせて需要を最適化。フードロスの削減に一役買ってくれる仕組みとのことだ。

第1号機は、東京・秋葉原にある総合型のモノづくり施設「DMM.make AKIBA」に。

今後の普及が楽しみだ。

『SALAD STAND』

【公式サイト】https://salad-stand.com/salad

Top image: © KOMPEITO
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事