月額980円から。JRの駅で「自販機のサブスク」開始!

JR東日本ウォータービジネスが、10月1日より国内初となる自動販売機のサブスクリプションサービス「every pass(エブリーパス)」を開始すると発表した。9月16日まで利用希望者の募集をおこない、抽選で選ばれた500人が同サービスを実際に使うことができる。

JR東日本エリアの駅に約400台設置されている「イノベーション自販機」に、専用アプリ「acure pass(アキュアパス)」へ配信されるQRコードをかざすだけで、ドリンクを受け取れる仕組みだ。

「every pass」には、月額980円でJR東日本のオリジナルブランドであるアキュアメイドを1日1本受け取れる「アキュアメイドプラン」と、月額2480円でほかのメーカーの製品を含む全商品が対象となる「プレミアムプラン」が用意されている。

ただし、「アキュアメイドプラン」は1ヵ月間のみ利用が可能で、その後は自動で「プレミアムプラン」に移行されるシステムなので事前の理解を。とはいえ、30日間150円の商品を選べば合計は4500円となるので、いずれにせよお得に利用できることは間違いない。

格安でドリンクを購入できる点も嬉しいが、それ以上にQRコードをかざすだけという利便性の高さが興味をそそられるポイントだ。

好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
「群馬県には、なぜかレトロな自販機がいっぱいある」。そんなウワサを聞きつけ、やってきたのは伊勢崎にある「自販機食堂」。うどん、ハンバーガー、ラーメン、トー...
「subsclife」はブランド家具のサブスク。月額500円から利用できます。
半世紀以上アムステルダムで愛され続けているファストフードチェーン「FEBO」のコロッケ(クロケット)。自販機がズラリと並ぶ店舗で販売されていて、購入は小銭...
InstagramやTwitterのフォロワーが買える。はよく聞くハナシ。けれど、まさかそれが自動販売機で販売しているとは…。中にはクジが入っており、値段...
8月12日、NIKEがアメリカ国内で「Nike Adventure Club」という2歳から10歳向けのキッズ用シューズを家に届けてくれるサブスクリプショ...
11月1日、「東急グルメフロント」は東急線沿線で展開している駅そば店「しぶそば」で利用できるサブスクリプションサービスを始めた。
ロンドンの企業「BeRightBack(brb)」が、旅のサプスクリプションサービスを展開しています。199ポンド(約2万9000円)を払えば、ロンドンか...
フランスで有機農産物や有機加工食品を意味するBio(ビオ)。自然志向を好むフランス人に人気で、ビオ製品を選ぶ消費者は着実に増えています。こうした食材を、ち...
2020年春、JR中央線東小金井駅~武蔵小金井駅間の高架下に、学生向け賃貸住宅「Chuo Line House KOGANEI」ができる。部屋はいくつかの...
「OKOLIFE」は、その名の通り「お香」が定期的に届くサブスクリプションサービスだ。
アメリカ、ワシントンD.C.に設置されている自動販売機から出てくるのは、飲み物でもスナックでもありません。なんと、子ども向けの本です。子どもたちがたくさん...
以前にも「World Topics」の記事でご紹介したオレオのインスタアカウント。彼らがまた挑戦的な投稿をしました。
タクシーやライドシェア、便利な宅配サービスなどで知られるUberが、サブスクリプション型の月間パスの試験導入を開始したようだ。Uberが仕掛ける「サブスク...
この8月、フィットネスの定額サービス「mozaiq(モザイク)」がスタート。東京エリアからサービスの提供をはじめ、ユーザー獲得とともにエリア拡大を目指す。
9月10日、Appleが独自のストリーミングサービス「Apple TV+」をローンチすると発表。日本では11月1日から利用可能に。
2020年初夏、JR新橋駅から有楽町駅間の高架下に新たな商業施設「日比谷OKUROJI」がオープン。
入場料のある本屋「文喫」は、個人向けの定額制会員サービス「文喫定期券」をスタート。月額1万円(税抜)で平日のみ何度でも利用できる。
乾燥機には真空ポンプが内蔵されていて、それが本体の中を減圧する仕組み。すると水分は100度に満たずとも蒸発するので、たった15分で洋服を乾かすことが可能に...
海に近い駅といえば、かつて「青春18きっぷ」のポスターにもなった愛媛県下灘駅が有名。しかし、それよりも海に近い駅が神奈川県にありました!
JR中央線高架下を利用したコーヒーフェスティバル。11月16日(土)〜17日(日)の2日間、中央線沿線を中心とした地域の魅力的なコーヒー店が集まる。地域の...