ゴールデンウィーク「JR新宿駅で途中下車」のススメ

新宿の人通りは相変わらず多い。電車を降りたら、ミライナタワー改札を出て、NEWoMan(ニュウマン)の5階へ向かおう。目的地は、LUMINE 0(ルミネゼロ)。

ナイキやリーバイスとのコラボで知られるアーティスト、松山 智一(まつやま ともかず)さんが、日本で10年ぶりとなる個展「Same Same, Different」を開催中だ。NYの現代アート界はシビアだという。だからこそ、松山さんの言葉は痛快だ。

5223060269432832

『Save Me and Get Yours』

「黄色い肌の人が、アートって文脈の中に入るのは本当に難しいんですよ。倍の成果を出さなければならない。草間さんや、奈良さん、村上さんは、それをやり遂げた人。

ぼくのアーティスト論は……なんて言ってる人を見ると、それは人が言うことだ、と思うんです。カウズは喋らないでしょう? 作品が喋るんです。そういう感覚はNYにいるとビンビン感じますよ」

 

日本とアメリカを行き来しながら幼少期を過ごし、どちらの国でもアウトサイダーだった松山さんの作品は、ノマド生活に必要だった調整感覚から磨かれた、ミックスカルチャーへの視点が刺激的だ。

そこには、世代的に感じてきたパンクやテクノ、ヒップホップといった、楽器を演奏しなくていいサンプリングやカットアンドペーストで繋ぐ音楽的なアプローチも含まれる。いろいろな時代、場所、美術史からカルチャーを寄せ集め、自分のものになるまでエディットする。

5275968461602816

『If I Had You, Is It Gone』

狩野派の大和絵、江戸明治時代の浮世絵、NYで生まれた抽象絵画、ポップアート、フランス近代絵画、ファッション誌の切り抜き、ファッショントレンド、伝統的な着物柄、ネットにあるライセンスフリーのデザインなど、イメージを融合させオリジナルに消化されるまでリミックス=再構築をしたシリーズのほか、どれもアトラクションを体験しにきたかのようなパワーを感じる作品ばかり。

日常のなかにある機能美だった日本美術としての身近さと、専門家が見ても納得する説得力、それらをわかってもらうために、JR新宿駅から直結する施設で展示することには意味がある、と松山さんは言っていた。

 

「スペースとして大きいものが飾れるという条件もありますが、とにかく交通量が多い新宿駅という場所が重要でした。美術館は目的地化していて結構な労力がかかる。あそこに行こうと言って行くのではないアクセスしやすさが大きな魅力でした。話をもらった時に、ああすぐやろうって、決めましたね」

 

松山さんは、アジア人で唯一、スヌーピーが活躍するマンガ『ピーナッツ』の世界観を伝えるために始まったアートプロジェクト、ピーナッツ・グローバル・アーティスト・コレクティブにも選出された。

展示会場はゆっくりと現代アート鑑賞を楽しめる広々とした空間が広がっている。3日からは、ゲストを迎えたトークイベントも開催される。会期は5月6日(日)まで。このGWに東京にいるのであれば、ぜひ立ち寄ってみてほしい。

入口では作品集が当たるスクラッチも配られているので、忘れずに。作品詳細については、松山 智一作品が日本で唯一直接購入できるギャラリー「WALLS TOKYO」もチェックしておこう。

<会場>
LUMINE 0(ルミネゼロ)
東京都渋谷区千駄ヶ谷5丁目24番55号 NEWoMan 5F
Google Map

<会期>
5月6日(日)まで
11:00~19:00

〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷五丁目24-55 NEWoMan 新宿5F

<主催>
株式会社ルミネ

<協力>
TOMOKAZU MATSUYAMA STUDIO
HPF Christopher Inc.
hpgrp GALLERY

<アートディレクション>
戸塚 憲太郎

海に近い駅といえば、かつて「青春18きっぷ」のポスターにもなった愛媛県下灘駅が有名。しかし、それよりも海に近い駅が神奈川県にありました!
WEBサイト『海の見える駅』制作者で、これまで全国各地300駅近くの「海の見える駅」を訪れてきた村松 拓さん(インタビューはこちら)。その村松さんに、とっ...
『海の見える駅』というWEBサイトをご存知だろうか。全国各地、厳選された『海の見える駅』を掲載しているこのWEBサイト。運営しているのは、村松 拓さんとい...
WEBサイト『海の見える駅』制作者で、これまで全国各地300駅近くの「海の見える駅」を訪れてきた村松 拓さん(インタビューはこちら)。前回は、村松さんおす...
2014年に文京区にオープンした『WALLS TOKYO』は、アートのセレクトショップだ。日本国内には数多くのギャラリーが存在し、そのほとんどで作品購入は...
一体、どれだけの受験生がこのメッセージに励まされたのでしょうか。ここで紹介するのは、福島県の郡山駅で2016年1月15日(金)に撮影された「ある黒板」の写...
約20年前に発売された折りたたみ自転車「トレンクル」。〈パナソニック〉と〈JR東日本〉が共同開発したチタン製モデルで、約7kgと超軽量です。簡単に折りたた...
休みが長ければ長いほど、終わった時の衝動は大きい──。まだゴールデンウィーク休暇は終わっていないのに、今ならなんとなく憂鬱な気分になっている人がいたら必読です。
2015年8月30日、イラストレーターの「シバタヒカリ(@sunny_615)」さんがツイートしたのは、8月28日に作者の身に起きた実際の出来事をマンガ化...
紅葉は見に行きたいけど、渋滞にハマるのはイヤですよね。そこで、電車やバスを使って行ける「群馬の紅葉スポット」を紹介したいと思います。「東京駅」から群馬の主...
10年前の2006年、アメリカのデンバーに誕生した「SAME cafe」。当時、市としては初のNPO(非営利)レストランでした。そんな、募金やボランティア...
静岡県にある、知る人ぞ知る“秘境駅”が大きな話題になっています。なるほど、確かに写真を見ればそれも納得。この幻想的な光景、なんだか『世界の車窓から』に出て...
大事な場面のセリフを一字一句違わず記憶しているほど、お気に入りの映画。それくらい何度も見返した一本でも、ツンと空気の澄んだ「夜の森の中」で鑑賞すると、また...
ブラジルと聞いてイメージするのはサンバやビーチ。けれども6年間、駅で写真を撮り続けたフォトグラファーのレンズを通して見るのは、愛や悲しみや喪失感が渦巻くリ...
鹿児島県にある神話の里の敷地内にある「道の駅 霧島」を紹介します。ご当地グルメを味わう、お土産を買うといった「道の駅」の魅力はもちろん、標高690mの立地...
列車のダイヤに遅れが生じる原因はさまざま。でも、よもやカメがその一因となることがあろうとは。想像できませんよね?西日本旅客鉄道株式会社(JR西日本)とて同...
北欧スウェーデンの首都ストックホルム市内には、赤、青、緑の3本の地下鉄路線がある。3路線の全長は100km以上にもなり、じつに100駅が存在する。その中で...
昨日2015年12月22日(火)。国内初となる“真っ白なスターバックス”が新宿サザンテラスに登場し、大きな話題を呼んでいます。ここで体験できるのは、雪を思...
音楽で会話するってこういうことなのかもしれませんね。パリの駅には誰でも自由に触れるピアノがあります。画像の二人は偶然行き会ったピアニスト。「ViralHo...