当たり前に食べているけど、本当は「食べないほうがいいモノ」3選

「食べ物は残さず食べましょう!」なんて言いますが、健康のためにも時には「食べない」という選択も必要です。私たちの身近な食材の中で、食べないほうがいいモノを紹介しましょう。

01.
ホタテの
「ウロ」

th_tabetehaikenai1

殻付きホタテについている黒い部分を「ウロ」と呼びます。このウロは、毒素が集まりやすい部分。食べたからといって、すぐに病気になったりすることは考えにくいものの、貝毒の可能性や重金属の蓄積につながるとされています。

魚介の肝が好きな方はウロも好んで食べてしまう方もいるかもしれませんが、取り除いてから食べるようにしてくださいね。

02.
乾燥ひじきの
「戻し汁」

th_tabetehaikenai3

ひじきは、無機ヒ素を多く含む食品です。ヒ素を一度に大量に摂ったり、長期にわたって摂ることで、嘔吐や下痢をともなう中毒になってしまうことも……。

とはいえ、ひじき自体は決して危険な食べ物ではありません。無機ヒ素は、ひじきを戻す際にでる戻し汁に流れ出る性質があります。ひじきを使用する場合は、水で30分以上戻して、戻し汁は捨て、水洗いしてから使用すればOK。その後に茹でると、ヒ素はより減少します。

03.
じゃがいもの
「芽や緑色の部分」

th_tabetehaikenai2
これは知っている人も多いかもしれませんね。じゃがいもの芽や緑色になった皮の部分を食べるのはNGです。これらには、天然毒素の一種であるソラニンやチャコニンが多く含まれます。これらを摂取すると、吐き気や下痢、おう吐、腹痛、頭痛、めまいなどの症状が出ることも。

じゃがいもの芽は取り除く際に、皮に緑色の部分を見つけたら、そこは厚めに皮むきを! それだけでOKです。

3つの中には、知らずに食べてた……というものはあったのでは? もちろん、それぞれ危険な食材というわけではないので、ちゃんと処理をして味わってくださいね。

フードクリエイティブファクトリー

「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を企業理念とする食のクリエイティブに特化した企画制作チームです。食の企画、レシピ・商品開発、執筆、メディア出演、イベントなどを手がけています。

あの子が「料理上手」なワケは、このポイントを抑えているから。知ってるのと知らないのとでは、雲泥の差。今日から使える料理知識をまとめてみました。
クミンの出番はカレーだけとは限りません。じゃがいもと一緒に、こんなインド料理を紹介します。
ひと袋に何個も入っているじゃがいもを買うと、料理によってはいくつか余ってしまうことがあります。使い回しが利く野菜だけに、1個ずつでも料理に使えるのですが、...
もしも2〜3年前にペルー料理の名前やうまいペルビアン・レストランの名前を挙げろと言われたら、きっと僕は「セビチェ……」としか言えなかったと思います。しかし...
「Girls Don’t Cry」「Wasted Youth」のデザイナー・VERDY氏が原宿の新名所「ONE」で開催した裏ポップアップを緊急レポート&直...
アメリカ・オクラホマ州タルサでは、そんな彼らを好待遇で受け入れているんです。例えば、移住をすれば約110万円(10万ドル)が支給されるそう。さらに、月に約...
パーティー料理はどれも手が込んだものでなければいけない、こう誤解している人にこそ試してほしい料理があります。ポルトガルのソウルフード「ポルヴォ・アサーダス...
「世界一おいしい料理」そんな最大級の賞賛で知られるジョージア料理。ただ、このシュクメルリに限っては、ちょっと勝手が違うかもしれません。
「最初に食べた人は勇気がある食材といえば、ナマコ、カキ、タコ。しかしフグは最初に食べた人よりも、2番目に食べた人のほうが勇気がある」とはよく言ったものです...
れっきとした世界三大料理のひとつトルコ料理です。
着物の襟からおっぱいポロリしている女性のイラストが描かれた、“ちょっとエッチな日本酒”「ゆきおんな」。この冬限定で、12月15日から販売中。
突然ですが、「よくねたいも」という商品を知っていますか? 期間限定のじゃがいもで、北海道のホクレンから発売されています。「こんなに甘くてねっとりしたじゃが...
料理が面倒なときに思い出すナンシーさんの言葉。30年前にアメリカから日本に移住したナンシー八須さんは、埼玉の農家の夫と結婚し、今や料理研究家として多忙な日...
冬に旬を迎えるホタテ。寒くなるにしたがって身が分厚くなり、甘みも増しておいしくなります。このホタテの旨味をいっそう引き立たせてくれる組み合わせがトマト。イ...
栃木県益子町の田町地区、そのさらに一部の家庭で夏になると食べられるソウルフードがあります。その名も「ビルマ汁」。誕生したのは1945年。太平洋戦争でビルマ...
沖縄・那覇市にある「ゆうなんぎい」のお母さんが出してくれたのは、泡盛を使ってトロトロになるまでやわらかく煮込んだラフテー。醤油系のイメージが強かったから味...
12月14日、日本で公開されて30年の時を経て、中国で初めて『となりのトトロ』上映されました。子ども時代に観た人は今大人になり、子連れで映画館へ足を運ぶ人...
付け合わせのイメージがありますが、濃厚クリーミーなマッシュポテトはそれだけでずっと食べていたくなるほど美味しいです。「メインで食べたくなるマッシュポテト」...
ナンプラーといえばタイ料理に使われる調味料。発酵を経ることで、魚介のアミノ酸のうまみを感じることができるナンプラーは様々な料理に活用できる万能調味料なんです。
「京都は迷う街である。と言っても、道に迷うという意味ではなく、いつ行くべきか、何を見るべきか、どう動けばいいか。旅に出る前に迷い、着いてからも迷い、そして...
ふかしたじゃがいもに乗せるものといえば…。テックスメックスならばチリビーンズにチーズ、イギリスならばハムやベーコンの細切りと、さまざまな料理スタイルが世界...
世界とつながるためには、いろんな方法がある。旅行する。映画を見る。本を読む。そして海外で暮らし、働く。 でも五感をフルに活用すれば、もっとたくさんの「つな...
フランス中南部オーブラック地方に伝わる、摩訶不思議な料理が、ここのところSNSで大きな話題になっています。「アリゴ」という名のポテト料理。じゃがいものポテ...
ゴハンにかけて食べるスタイルなのですが、アメリカのジャンキーなイメージからは想像もつかないヘルシーな一品。著書『全196ヵ国 おうちで作れる世界のレシピ』...