そら豆しかない時・・・つまむ手がとまらなくなる「極うまディップ」を!

ビールのおつまみや炊き込みご飯にしてもおいしい、そら豆。ちょっとしたひと手間で、もっと満足感のある「そら豆料理」ができたら……

ここでは「しかない料理研究家」の五十嵐豪が、そんなニーズに応えましょう!

★しかない料理のルール

①主な食材は、そら豆のみ

②基本的な調味料を使うのはOK(台所に常備しているレベル、またはコンビニなどで普通に購入できるもの)

③とにかく簡単であること!

食欲がすすむ
簡単ディップのつくり方

冷蔵庫にそら豆しかないときにオススメしたい料理は、激うまのディップです。素材のおいしさを十分に引き出してくれますよ。

【材料:作りやすい分量】
Aみそ     大さじ2
Aはちみつ   大さじ1
Aかつお節   ひとつまみ
Aラー油    小さじ1/4
そら豆     適量

【作り方】

①Aを混ぜる。
②そら豆を皮ごと1000Wのオーブントースターで8~10分焼く。
③皮から取り出し、食べるときに①をディップする。

※かつお節は入れすぎると主張が強くなるので、ひとつまみ程度がオススメ。

みそやかつお節の風味がはちみつの甘みと合わさり、ラー油の辛さがアクセントに。火も使わないので、ささっと作れるのが嬉しいですよね。

そら豆をつまむ手がとまらなくなるほど食欲が湧くディップソースは、一度試してみる価値ありです。

関連する記事

暮れ行く冬の空を眺めながら、テントでしっぽり。これまでの山登りでAkimamaスタッフがちまちま作った、ジャンクな山おつまみをコッソリお伝えします。おいし...
お酒だけで済めばいいんだけど、どうしても手が伸びてしまうのがそう、おつまみ。だって、これなしでってワケにもいきませんからね。おいしく、楽しく飲むためにも、...
冷蔵庫を開けば残りものの野菜……しかない。そんなとき「お肉買っておけばよかったなぁ」なんて悩む必要はもうありません!ちょっとしたひと手間と、調味料を駆使す...
シーズン問わず、コスパのいいおかず「塩サバ」ですが、いつも焼くだけではワンパターン。そこで、こんなおつまみはいかがでしょう。
見た目は靴下のようでいて、靴に劣らずタフで多機能。「Makuake」にて先行販売を開始したシューズ「Skinners2.0」。
お酒、おつまみ、寒さ対策、お花見の準備できてます?
緑が美しい季節にもってこいの緑色のサラダ。色とりどりなひと皿もいいけれど、さやえんどう、そら豆、アスパラガスだけで、たまにはグリーン一色で染めるのも粋です。
そうめんにざるそばに、何かと夏場に活躍するのが「めんつゆ」。じつはこの万能つゆ、ちょっとしたおつまみを作る際にも重宝するんですよね。
生野菜のディップとしても使えますし、サラダに揉み込むのもOK。ローストした野菜や豆腐、それからチキンと合わせていただくのも◎。
みんなと差をつけるオリジナルの持ち寄りメニューをどうぞ。
こんな時代だからこそ紹介したい、イギリスの研究チームにより明らかになった「勤務時間とメンタルヘルスの関係」を示した研究結果。
日本全国から選りすぐりの「ご当地おつまみ」が届くサブスクサービス「ツマミクル」の予約販売が、今月1日よりスタート。昨今の「家飲みを充実させたい」というニー...
いつ、どんなときだって、日々の活力を生むのは、おいしいごはんです。テイクアウトやUber Eatsもいいけれど、せっかくなら自宅でこんな特別な食事はいかが...
とろける甘〜いマシュマロが、スプレッドになった商品があるのを知っていますか? 「フラフ」という商品名で発売されているもので、今“塗るマシュマロ”としてジワ...
春を迎えてお花見や、送別会、歓迎会が増える季節となりました。こんなシーンで活躍する「乾きものおつまみ」ですが、どうしても余りがち。そんな乾きものを天ぷらと...
料理の初心者向け、コンロ1つで20分できる海外料理レシピ5選。9分でできるパスタ、フィンランドのサーモンスープ、台湾のトマトニューロー麺、ギリシャのレモン...
おつまみとしてそのまま食べてもおいしい「缶詰」。でももし、缶詰だけでワンランク上のおしゃれな料理が作れるとしたら、晩酌の時間ももっと楽しくなりますよね。今...
香川の名物と言えば、やっぱりうどんでしょうか。90年代後半から始まった大うどんブームは一過性のもので終わらず、香川には現在でも多くのうどん目当ての観光客が...
いくつレシピがあっても事足りないのがパスタ料理。ということで、絶品レシピをまとめてみました。「おうちパスタ」をもっと充実させましょう!
あの子が「料理上手」なワケは、このポイントを抑えているから。知ってるのと知らないのとでは、雲泥の差。今日から使える料理知識をまとめてみました。
昨今増えてるビール醸造所とパブがあわさった「ブルーパブ」。きっと、ビールを造るほど愛がある飲み屋だから、ビールと相性抜群な食い物を提供しているはず!そんな...
定期購買するギフトボックス。毎月なにが届くかわからない楽しみは、女性だけのもの。そんな節が正直どこかに。でも、それが男性をターゲットにした朝食や酒のつまみ...
他の国の食べ物の文化も受け入れて食べてみる。そこから始まる楽しさを『全196ヵ国 おうちで作れる世界のレシピ』(ライツ社)の著者、本山尚義さんが教えてくれ...
アメリカの料理レシピサイト「epicurious(エピキュリオス)」は、気候変動対策の支援の一環として“牛肉レシピ”の紹介を打ち切ることを発表した。
レシピ内に「塩ひとつまみ」と書かれていれば、やっぱりそこは"ひとつまみ"すべきでしょ?
持続可能な漁業の普及に取り組む非営利団体「海洋管理協議会(MSC)」が、世界の有名シェフによるサステイナブルなレシピを公開中。
パーティーのもう1品、とにかく華やかなものをつくりたい。そんなときは海外で人気のパンを使ったこの料理にチャレンジ。チーズやハム、好きな具をパンにはさんで焼...
ビールのおつまみの定番といえば、枝豆。とくに夏は食べる機会も増えますよね。茹でて塩を振るだけでもおいしいですが、ひと手間加えるだけで絶品おつまみに変身する...
海外の日本食ブームをみていると、内食としてそれを取り入れるとき、扱いやすさ、アレンジの幅はかなり重要なようです。そういう意味で広く受け入れられたのが「SU...
寒くなってくると、なんだか「チーズ」がグッとおいしく感じませんか?おやつにもなるし、ちょっとした料理をご馳走に変身させてくれたりもするチーズを、今よりもっ...