「自国の食文化を汚された」フランス人が英レシピサイトにSNSで猛反発

もし、外国人がたったひとつフランス人について知っておくべきことがあるとすれば、まずそうなごちゃ混ぜ料理をつくらないこと。でないと、痛い目にあうから。

なんてカマシの一文からこの騒動を紹介するのは、イギリス人ライターのCatherine Edwards。彼女がこう警告する相手はもちろんフランスに暮らす人々。ではなぜ彼らを怒らせちゃったのかというのが一連の騒動の争点なんだけど、全容を知るとフランス人の言い分も、まぁ分からなくもないわけで。

「クロワッサンで新メニュー」は、
革新的?それとも神への冒涜?

「アナタの知るクロワッサンじゃありませんよ。これ以上おいしくできる?」

英国のレシピ動画サイト「Twisted Food」が紹介したのは、クロワッサンを使ったまったく新しいメニュー。ベーコンとソーセージをサンドしたクロワッサンを耐熱ガラスに並べて、卵とクリームのソースをかけてオーブンで焼く、というアヴァンギャルドな一品。言うなればキッシュに近いできあがりで、これはこれで旨そう。

ところが、発祥の地フランスの人々に言わせると、トンデモないことらしい。これを見たフランスのSNSユーザーたちが素早く反応、彼らが感じたある種の“恐怖”を独特の表現でリツイートしているんだけど……。

ちょっと、大げさ過ぎやしませんか?

かつては、これ以上にくだらない理由で戦争をおっぱじめたんだから、これで事が起きたって不思議じゃない。

フランス人としてというよりも、フランスの文化そのものを侮辱されたようなもの。

ああ、神様。ただの悪い冗談だと言ってくださいっ。こんなの神への冒涜に等しい。

こういうのを聞くと、日本人の寛容さがやたらと際立って感じられる。というよりか実際のところ、もう野放途すぎて手に負えないとも?

以前、農水省が海外の日本食レストランに対して、ニセ和食を取り締まるべく<すしポリス>を発動しようとしたが、各国から猛反発を浴び頓挫したなんてニュースもあったっけ。

結局のところ、国外の人が好む味、求める味(クロワッサンであり、和食であり)と、本来の料理が必ずしも同じである必要なんてないわけだし。それにつけても、元の国へのリスペクトも含め、その国の食文化をきちんと理解しておくことに意味がある、Catherineの冒頭の一文もそんな意味が込められているんじゃないか、と。

ところで、アナタならこの新感覚クロワッサン料理どう?

「食べてみたい!」それとも「うーん…」

外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介。現在、ニースと東京・原宿に『KEISUKE MATSUSHIMA』を構える、オ...
同じ日本と言えども、関東と関西では食文化に大きな違いがあることはご存知のとおり。食を通して異文化体験ができてしまう。では、その違いってどこにあるかちゃんと...
書籍『全196ヵ国 おうちで作れる世界のレシピ』(ライツ社)は、著者自信が、現地で料理修行をしたからこそわかる各国の食文化と一緒に、家庭で気軽に作れるレシ...
今イギリスを中心に注目されている映画『The Moment』。内容が、というよりも表現方法が全く新しいからなんです。
デザイン、サイズ、店舗を通して、本当の自分を表現したい全ての人を応援するアパレルブランド「The Phluid Project」。
しあわせやよろこびを他人と分かち合うことを、フランスでは「partagé(パルタージュ)」という言葉を用いて表現します。口にしてみると、口角がキュッと上が...
写真の中の料理をデータに取り込むことで、100万種以上のデータベースより近似値を見つけ出し、原材料とレシピを割り出してくれるという、画期的なシステムをMI...
SNSで何かを共有し、その価値を交換する方法は様々。例えば、Uberなら「移動手段」を、Airbnbなら「スペース」をーー。そして、ここで紹介する「Fea...
全世界196カ国の料理が載ったレシピ本。見たこともないような料理も登場しますが、スーパーで売っている材料だけで作れます。
北海道美瑛町に廃校を活用した「食の複合施設」がある。敷地内には、レストラン「ビブレ」、パン工房、ホテル、料理塾がそろっている。地元の食を通してよろこびを提...
花一輪をプレゼント……はキザでも、ワイン1本ならプレゼントできちゃうかも。
そんな簡単な贈り物にするのだっていい、エチケットの花一輪が可憐で愛らしいアルゼ...
海外の日本食ブームをみていると、内食としてそれを取り入れるとき、扱いやすさ、アレンジの幅はかなり重要なようです。そういう意味で広く受け入れられたのが「SU...
食だって、伝統を守り抜かなきゃいけないときがあるんです!
マッシュポテトをつくって、卵黄とバターを混ぜてオーブンで焼く。これだけのレシピでもフランス人の手にかかれば、見た目もかわいい一品料理に早変わり。メレンゲの...
フランスで「魔法のケーキ」と話題を集めたレシピがあります。混ぜて焼くだけの楽チン工程。シンプルなレシピなのにスポンジ、カスタード、フラン(フランスのプリン...
食べごろのアボカドの見極めは意外と難しいもの。切ってみたら未熟で固すぎた…なんてときには、潔く生で食べることをあきらめること。火を通すアボカド料理を知って...
フードクリエイティブファクトリー暮らしを楽しくするキッカケになる記事を書いています。「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を理念に活動する食と暮らしの企画制...
ある意味、好きな人にだけとどけばいい。
他の国の食べ物の文化も受け入れて食べてみる。そこから始まる楽しさを『全196ヵ国 おうちで作れる世界のレシピ』(ライツ社)の著者、本山尚義さんが教えてくれ...
レストランで楽しめる外国の料理を、食べるだけでなく実際に作ってみたい!そんな人にオススメなのが、ここで紹介する「Tadaku」。日本で生活する外国人が講師...
ゴハンにかけて食べるスタイルなのですが、アメリカのジャンキーなイメージからは想像もつかないヘルシーな一品。著書『全196ヵ国 おうちで作れる世界のレシピ』...
アメリカ料理界の発展に大きく寄与し、“料理界のアカデミー賞”と呼ばれる食の祭典にその名を配すジェームズ・ビアード。アメリカの食に多大な影響を与えた人物。な...
手頃な価格で、あると便利な「きゅうり」。ついつい多めに買ってしまって冷蔵庫にきゅうりしかない…。そんな状況でも美味しくお腹を満たすことができる絶品のレシピ...
冷蔵後を開いたら、買いすぎてちょっとだけ余らせた「野菜」しかない。そんなとき「お肉があればな〜」と悩む必要は、もうありません。ちょっとしたひと手間と、調味...