街中に現れたゾンビたちの声。「食肉なんてオレたちがすることだ」

毎回、過激な手法で賛否両論の物議を醸すPETA(動物の倫理的扱いを求める人々の会)。今回は、シドニーのケンタッキーフライドチキン前の路上で、動物愛護への問題提起を投げかけるパフォーマンスを行ったようだ。

拷問された死体を食べる
それはホラー映画のようなもの

PETAのキャンペーン・アソシエートディレクターを務めるAshley Frunoの主張は、次の通り。

「オーストラリアでは、毎年、5億頭以上の鷄、豚、牛、羊が殺されている。動物たちは、逆さに吊り下げられ、まだ意識がある間に喉を掻き切られることもある。拷問された犠牲者の死体を食べることはホラー映画のようなものだ」

つまり、鷄肉を扱うKFCもしかりということで、 ゾンビに扮した活動家が食肉に対する抗議活動を行った。 その場所は、ビジネスマンや観光客で賑わうジョージストリート。狙い通りに、多くの人の目に触れたようだ。

彼らのTシャツやプラカードには、FLESH IS FOR ZOMBI. GO VEGAN(食肉はゾンビのためにある。ヴィーガンになろう)」と書かれている。ヴィーガンとは、完全菜食主義者のことで、乳製品や卵や魚も口にしないことが特徴。

しかしながら、世界最大の肉の消費国であるオーストラリアで、一体、どれほどの人間がこのメッセージを真摯に受け止めるのかは疑問ではあるのだが。

Licensed material used with permission by PETA Foundation
ホワイトノイズを、ケンタッキーフライドチキンの特設WEBサイト「KFCHILL」で聞くことができます。
7月上旬にドイツ・ハンブルクで開催されたG20前に、静かに行われていたデモがあった。「もっと政治に参加しよう」「手を取り合おう」というメッセージを発信。デ...
マクドナルドやバーガーキングに続いて、ケンタッキーフライドチキン(KFC)もヴィーガンに対応すると発表しました。イギリスのいくつかの店舗にて、期間限定でフ...
先週末20日に緊急閉店した「渋谷センター街店」の跡地にできた「バーガーキング SHIBUYA GHOST STORE」。これは “世界唯一”のゾンビ向けの店舗。
「Google」の開発する「Google Map」が2月6日で15週年を迎え、それを記念した大型アップデートを実施。今回のアップデートで、メイン画面にタブ...