社会に失望したゾンビたち…。街中を練り歩いた末、思わぬ展開に。

去る7月上旬、主要20カ国の首脳らが集まりハンブルクで開催された「G20サミット」。この開催直前、各国からの要人を迎える準備が整う街に、なんと大量のゾンビが出現。市民を騒然とさせました。

ゆらゆらメトロノームのように、肩を左右に揺らしながら歩く彼ら、いったいナニモノ?

突如現れたゾンビ集団が
日常をジャックする

テラス席で食事をしていたら、側を無言でゾロゾロと。

地下鉄の駅からも続々と出現。

おっと、歩き疲れた?階段に腰かけゾンビがひと休み。

集団はだんだん大きくなり、

好奇の目を向ける大勢の野次馬も集まってきました。

すると、1人のゾンビが突然、着ていた服を脱ぎ捨てる。

堰を切ったように、他のゾンビも後に続きます。

最後はまるで生命を取り戻しかのように、互いにハグし、歓びあうゾンビたち。

他人と手を取り合う事を
忘れてはいけない

そう、ゾンビ集団は「1000 GESTALTEN」というグループが事前に呼びかけていたデモ。ドイツ国内から多くの参加者が集ったそうです。

でもこれ、何のデモ?

全身を灰色の粘土で覆い、無表情のゾンビに扮した人たちは、互いを助けあう気持ちを忘れてしまった現代社会をイメージしてのもの。最後に服を脱ぎ捨てて歓ぶ姿は、そこからの「脱却」を意味しているそうです。

「権力者たちの手によって、変えてもらうのを待っていてはいけません。1人ひとりがもっと、政治的・社会的責任をきちんと認識しなければ。最後に私たちを救うのは、どれだけお金を持っているかではなく、助けを必要としている人に手を差し伸べることでしょ?

プロジェクトメンバーのSven氏はこう語りました。

メッセージの本質を広めたいと考えた時、世界中で保護主義の拡大が懸念されている今だからこそ、こうした人々が注目するような表現にたどり着いたんだそう。

物言わぬ無言のメッセージ

 

各国の首脳が集まるイベントともなると、報道で目にする写真のほとんどが、政治家や警備の様子ばかり。自分達がいつもと違うイメージをつくることで『伝えたいことがあれば、私達だって世界に向けて発信できる』というメッセージを送りたかったんです

サミットに合わせて世界中から報道陣が集まる街で行われたこのゾンビデモ。事実、多くのメディアに取り上げられ話題が話題を呼ぶ結果に。シュプレヒコールをあげるばかりがデモではない、静かに行進する姿は逆にインパクトが高かったことでしょう。

Licensed material used with permission by 1000 GESTALTEN
映画やマンガに登場する、生ける屍たち。一度は死んでいるのにも関わらず、何かに執着するように彷徨う彼らは、なんとも不気味です。Gunduz Aghayevは...
毎回、過激な手法で賛否両論の物議を醸すPETA(動物の倫理的扱いを求める人々の会)。今回は、シドニーのケンタッキーフライドチキン前の路上で、動物愛護への問...
ホームレス問題が深刻化するカリフォルニア。状況を改善するためにロサンゼルス市長が建設会社に相談。考案されたのは、コンテナを使ったフードホールでした。
ラッピングされた巨大なプレゼントが出現したのはドイツ・ベルリン。誰に向けはものかと思いきや、氷点下になるこの街の寒さに震えるホームレスのためのものでした。
2015年夏、ヨーロッパは第二次大戦以来となる難民問題に直面しました。ドイツのデザインスタジオが製作した、この6分間のアニメーション動画は、シリアからの難...
人間の本性は善であり、成長するうちに悪を知ってしまうという「性善説」。一方で人の本性は悪であり、生きていく中で善を学ぶというのが「性悪説」です。「The ...
女性の活躍が進んでいるとはいっても、人数としてはまだまだ男性の方が多い政治の社会。もしもそれが、逆転したら?そんなイラストを公開した「College Hu...
ドヤったはずが、大間違い。社会人として知っておきたい「日本語」
さくら剛さんによるエンタメ小説『(推定3000歳の)ゾンビの哲学に救われた僕(底辺)は、クソッタレな世界をもう一度、生きることにした。』(ライツ社)は、冴...
Lopazさんが社会の病気とも言える問題に対抗する手段として選んだのは、アートでした。Tシャツに自身が体験した差別表現をプリントするプロジェクトを始めたのです。
今年開催される第8回FIFA女子ワールドカップに向けて公開された、ドイツ女子代表のキャンペーン動画がおもしろいと話題になっています。素直に「私達を覚えて!...
さくら剛さん著『(推定3000歳の)ゾンビの哲学に救われた僕(底辺)は、クソッタレな世界をもう一度、生きることにした。』は、青年ひろが、とっつきにくくて分...
愛は文学や歴史の中で形を変えてきた概念です。中でも18世紀に生まれた「ロマン主義」という考え方は、人と人が愛し合うということに、ひとつのテンプレートを作っ...
どんなに大声で訴えたいことがあるフランス人でも、のっぴきならない事情でデモに参加できない時もあります。そんなフランス人のためのサービスが「Wistand」。
飛躍的に増えた外国人観光客は、2020年開催の東京オリンピックでひとつのピークを迎えると言われている。国際社会における「ホントのおもてなしとは何か?」とい...
デモも本気なら、もちろんパーティーも本気。音楽の街であるベルリンのメーデーが地味なはずがない。
ギャルモデルであり、現役・慶応義塾大学大学院生でもある鎌田安里紗さん。10代、20代を中心に支持を集める彼女はエシカル・プランナーでもあり、多数のファッシ...
ドイツのカッセルに出現した「パルテノン神殿」。実はこれ、世界各国で出版禁止になった本で作られています。その数、なんと10万冊。実はこのパルテノン神殿、以前...
1919年、ドイツに設立された美術学校「バウハウス」。あれから100周年を迎える今年、同校を記念して造られたバスが登場。中ではワークショップやエキシビショ...
仕事がつまらない。そう感じたことのない人がいたら、きっとものすごく幸運。人間、どんなに好きな仕事でも時には思うことがあるものです。「飽きたかも」と。しかし...