現代社会のすべての闇がつまった映画『ぼくらの亡命』

ホームレス、売春、恐喝、アルコール中毒、窃盗、傷害、詐欺、嘘、裏切り…。この映画は、現代におけるすべての闇の要素で構成されている。

主人公は、引きこもりのホームレスの男と、美人局(つつもたせ)をやらされた末に男に捨てられた女だ。その設定は身も蓋もない。間違っても希望はない。ただそこには、深い絶望しか存在しない。

しかし、何故か、最後までのめり込むように観てしまった。

あまりにもリアリティが
ありすぎるキャスト

F6735aa7b967920a4c0b1063b30637a8b3ea5d6a78d5117755d9656195e873bc7bb45b3e2133b102

ホームレスの男を演じたのは、本作が初主演となる須森隆文。特異な風貌は、本物のホームレスにしか見えない。須森は、役作りのために1年間、シャンプーをしなかったとのことだ。さらに、数ヶ月間は、シャワーさえ浴びなかったほどの入れ込みだったようだ。

対して、美人局をやらされる役どころを演じたのは櫻井亜衣。彼女自身も、本作が初主演となる。階段を転がるように堕落していくという役柄なのだが、シーンよっては、ほぼノーメイク。しかも、基礎化粧品さえ使わなかったという徹底ぶりだったとのこと。

あまりにもリアリティがありすぎるキャスティングは、一瞬、ドキュメンタリーにも思えるほど。

人間が狂っていく過程が
赤裸々に描写

9f11aec41e710f04f89e575789ec5aad44cbab9eCb877c8327c3fbd4cc1905e979efaf5c89430062

主人公の男女を繋ぎ止めるのは、歪みきった愛。1度は、亡命という名の逃避行で結託するのだが、やがて、愛は狂気へと変化していく。詳しいストーリーは、ネタバレになるので控えるが、2人の歯車が狂い、どちらの精神もが蝕まれていく赤裸々な描写には息を飲んでしまった。

この映画のテーマとなっている「他者への依存」は薬物のようなものではないだろうか。依存が過ぎると、中毒になってそのループから抜け出せなくなってしまうからだ。そして、自分自身のアイデンティティーを失い、人生を他人任せにしている限り、生きている意味などないのかもしれない。

同時に、愛について深く考えさせられてしまった。時に愛というものは、人を狂わせる凶器にもなるのだと。

『ぼくらの亡命』
2017年6月24日(土)より渋谷ユーロスペース都内独占ロードショー ほか順次全国公開。公式サイトはコチラ

Licensed material used with permission by ぼくらの亡命
映画やマンガに登場する、生ける屍たち。一度は死んでいるのにも関わらず、何かに執着するように彷徨う彼らは、なんとも不気味です。Gunduz Aghayevは...
現代社会は闇だとか、生きづらいとか。そんな批判をすることもできますが、だからこそ面白いこともきっとあるはず。Francesco Bongiorniさんが今...
TABI LABOライターのJeff Kidoが、古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。1分で読める記...
デヴィッド・リンチ。映画を愛する人なら、誰でも彼の作品を観たことがあるはずだ。本作品『デヴィッド・リンチ:アートライフ』では、彼のインタビューや家族の写真...
アレハンドロ・ホドロフスキー。カルト映画の巨匠とされるチリ出身の監督は、今年、88歳を迎えた。とはいえ、この年齢になっても精力的に映画をつくり続ける姿は、...
飛躍的に増えた外国人観光客は、2020年開催の東京オリンピックでひとつのピークを迎えると言われている。国際社会における「ホントのおもてなしとは何か?」とい...
世の中はもの凄いスピードで変化していく。たとえば携帯。最初は持ち運べる電話というだけで驚きだったはずなのに、着メロが作れるようになり、カメラが付いた。する...
『エターナル・サンシャイン』で監督を務めたミシェル・ゴンドリー。彼がiPhone7のみで撮影した11分の短編映画「Détour」が、Apple社の公式Yo...
誤解を恐れずにいえば、「変な」恋愛映画を観た。何が変かというと、原作となったのは詩集なのだ。しかも、現代詩集として異例の27,000部の売上を記録している...
ビーチに設置された300インチの大型スクリーンで、星空の下、海風を感じながら映画を見る──。ゴールデンウィークにいつもとちょっと違う体験がしたい人には、開...
はるか2,400kmの道のり。日本人の感覚からいえば、その距離を歩くだけでも信じられない。しかし、本作品『ラサへの歩き方』では、チベット人たちが「五体投地...
アウシュヴィッツ強制収容所でのホロコースト。もしも、加害者と犠牲者の孫世代が恋に落ちたら…。映画『ブルーム・オブ・イエスタディ』は、タブーの扉を開けた挑戦...
これは、スマホ依存・無関心などを描いた風刺アニメ。ミュージックビデオとして作られたもので、内容はどれも身近なことばかり。わかってはいるけれど、何が起こるの...
野外映画祭やレストラン併設シアター、動く映画館など、今いろんな形で映画を楽しむ機会が増えています。ここテキサス州・オースティンにも、少し変わったムービーシ...
“オール・タイム・フェイバリット”なものを紹介していただく週替わり連載企画。今週は東京・阿佐ヶ谷にある60年〜70年代のロックが流れるカフェ・バー「ジャニ...
「Collective-Evolution」に人生観を変える名作映画10選が掲載されているのでご紹介。これは、ライター兼ブロガーとして活躍中のJeff R...
主演と監督のクレジットには、アベル&ゴードン。何を隠そう2人は夫婦なのだ。夫は、ドミニク・アベル。妻は、フィオナ・ゴードン。また、2人のバックグラウンドが...
ジェフの勝手にカルチャー論 Vol.8「私をスキーに連れてって」先日、JRで展開されている「私を新幹線でスキーに連れてって」という広告を見た。このネタ元は...
ハワイに帰った時の一曲目は、竹内まりやの『夢の続き』だ。この曲に特別な想い入れがあるのは、川島透監督の映画『ハワイアン・ドリーム』の主題歌だったからだ。公...
この映画のタイトルにある「ふたつの正義の物語」という言葉が気になった。撮影に同行したジャーナリストの知人にどんな映画なのかを聞いてみたら、一言で説明するの...