『あたらしい ぼく』

「あたらしい ぼく」
シャーロット・ゾロトウ 文 / エリック・ブレグヴァド 絵 / みらい なな 訳(童話屋)

 

かなしいけれど、心変わりというものをせめることはできない。だって心は変わっていくものだから。主人公の「ぼく」は、きのうまで好きだったビー玉遊び、部屋のおもちゃたち、壁紙の風船もようが、ある日突然どうでもよくなってしまいます。

いまの自分は、「心が変わるまえの自分」でできている。こうして、いままでまったく興味のなかったものの美しさに気づきはじめたのも、そんな自分がいたからなんだ。手を離して、あたらしいものを手の中に入れて、また手を離して。何度でも心を変えて、あたらしいものに心をときめかせて、大人になっていく。何度でも心を変えたさきでいつか、変わらない自分の心と出会っていけますように。

『あたらしい ぼく』(童話屋)シャーロット・ゾロトウ 文 / エリック・ブレグヴァド 絵 / みらい なな 訳

「ぼくはぼくじゃないみたい」。ある日突然感じるようになってから「あたらしいぼく」の誕生にいたる少年の内面の成長を描いた一冊。

Top image: © 2018 TABI LABO
「失恋絵本」まとめ
かなしくて、泣いているひとに。
また新しい恋を、はじめようとするひとに。
学生時代の恋愛では、なかなか気づけなかったこと。それを「Elite Daily」のMaria Cascianoさんは「初めての大人の恋愛」と呼んでいます。...
失恋した時に読みたい「立ち直る5つの方法」「星座別、最速で立ち直るには?」「失恋は3ヶ月で克服?」「新しい恋に向けて知っておくべきこと」「次の恋のための独...
スウェーデンの広告会社「Le Bureau」が非常にユニークな体験型広告を製作した。雑誌に石鹸で作られたページを挟むことで、実際にそのページを使用して手を...
「オリジナル絵本を作って贈る文化」を広げ、周りの人を笑顔にする未来を作るプロジェクト。専任のディレクターが取材をし、作家が世界でただ一つのストーリーを書き...
失うことが、とってもこわいひとに。
「失恋」目前の人に、別れる前にやっておくべきこと、失恋の忘れ方、人生にどう影響を与えるかなど、恋愛アドバイスをまとめました。
価値観が多様化している現代では、暮らし方も働き方も多様化しています。自由であたらしい働き方を求めて模索している人も多いのではないでしょうか。でも、一体どう...
私たちを毎日あたたかく照らす太陽。いつも何気なく目にしているものでも、少しだけ見方を変えるだけで、それまでと違った、あたらしい側面と出会うことが出来ます。...
デンマークで一般的なライフスタイルや考え方を表した言葉「ヒュッゲ」。この記事では、ヒュッゲについて解説し、ヒュッゲを生活に取り入れていくヒントをご紹介していく。
自分が「どう見られているか」、どうでもよくなっちゃう。
経済成長を直に感じると、自信に満ち溢れてくるのかもしれません。インドで設立された学校「Akshar Forum」が活気づいています。
自分がない、そんな恋をしていたひとに。
クールでオシャレなマッチタイプのお香「hibi」は、上級者向けの大人っぽい香りをラインナップした「hibi deep.」を販売中。父の日のプレゼントにぴっ...
創業250年の老舗みりんメーカー「九重味淋」(愛知県碧南市)が、本みりんにほうじ茶を漬け込んだリキュール「Rincha」を開発。アルコール度数は13%。お...
先月、オランダ発の無重力感覚フィットネス「バンジースーパーフライ」が体験できるスタジオ「Fitness Studio Vi’RISE 世田谷」が東京・用賀...
「ブックサンタ2019」は「厳しい環境に置かれている全国の子どもたちにイブの夜、サンタクロースが絵本を届ける」という新しい社会貢献活動。2017年にスター...
「Elite Daily」の毒舌レズビアンライターZara Barrieさんが生み出した、星座別失恋攻略法です。
ビュリーのコーム、ペンハリガンのフレグランス……2019年の恋愛を頑張るために、ほしいもの!
「Help Refugees」というNPOが運営している「Choose Love」は、難民へのプレゼントを購入できるオンラインストアだ。12月24日までは...
日本初となる児童向けの昆虫食の図鑑『ホントに食べる?世界をすくう虫のすべて』が刊行された。環境や社会へのメリット、昆虫食の種類、おいしく食べる方法など充実...
ずっと忘れたくない、そんな恋をしていたひとに。