『あたらしい ぼく』

「あたらしい ぼく」
シャーロット・ゾロトウ 文 / エリック・ブレグヴァド 絵 / みらい なな 訳(童話屋)

 

かなしいけれど、心変わりというものをせめることはできない。だって心は変わっていくものだから。主人公の「ぼく」は、きのうまで好きだったビー玉遊び、部屋のおもちゃたち、壁紙の風船もようが、ある日突然どうでもよくなってしまいます。

いまの自分は、「心が変わるまえの自分」でできている。こうして、いままでまったく興味のなかったものの美しさに気づきはじめたのも、そんな自分がいたからなんだ。手を離して、あたらしいものを手の中に入れて、また手を離して。何度でも心を変えて、あたらしいものに心をときめかせて、大人になっていく。何度でも心を変えたさきでいつか、変わらない自分の心と出会っていけますように。

『あたらしい ぼく』(童話屋)シャーロット・ゾロトウ 文 / エリック・ブレグヴァド 絵 / みらい なな 訳

「ぼくはぼくじゃないみたい」。ある日突然感じるようになってから「あたらしいぼく」の誕生にいたる少年の内面の成長を描いた一冊。

Top image: © 2018 TABI LABO
「失恋絵本」まとめ
かなしくて、泣いているひとに。
また新しい恋を、はじめようとするひとに。
学生時代の恋愛では、なかなか気づけなかったこと。
「オリジナル絵本を作って贈る文化」を広げ、周りの人を笑顔にする未来を作るプロジェクト。専任のディレクターが取材をし、作家が世界でただ一つのストーリーを書き...
今回は3月27日に青山にオープンしたばかりの「cha aoyama」。韓国では大人気の「タルゴナ」が乗ったドリンクを楽しめるカフェが日本初上陸!映えな店内...
失うことが、とってもこわいひとに。
価値観が多様化している現代では、暮らし方も働き方も多様化しています。自由であたらしい働き方を求めて模索している人も多いのではないでしょうか。でも、一体どう...
私たちを毎日あたたかく照らす太陽。いつも何気なく目にしているものでも、少しだけ見方を変えるだけで、それまでと違った、あたらしい側面と出会うことが出来ます。...
自分が「どう見られているか」、どうでもよくなっちゃう。
自分がない、そんな恋をしていたひとに。
Googleが提供しているオンラインでの美術鑑賞サイト「Google Arts&Culture」。「MoMA」や「オルセー美術館」などを含んだ世界各国にあ...
経済成長を直に感じると、自信に満ち溢れてくるのかもしれません。インドで設立された学校「Akshar Forum」が活気づいています。
「ブックサンタ2019」は「厳しい環境に置かれている全国の子どもたちにイブの夜、サンタクロースが絵本を届ける」という新しい社会貢献活動。2017年にスター...
ビュリーのコーム、ペンハリガンのフレグランス……2019年の恋愛を頑張るために、ほしいもの!
「Elite Daily」の毒舌レズビアンライターZara Barrieさんが生み出した、星座別失恋攻略法です。
3月16日、「Materialise」という3Dプリントを軸にビジネスを展開するベルギー企業が、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受けて、...
ロサンゼルスに拠点を置く「ゲティ美術館」が“家の中にある3つのアイテムを使って芸術作品を真似する”企画をおこない話題に。「#betweenartandqu...
「Help Refugees」というNPOが運営している「Choose Love」は、難民へのプレゼントを購入できるオンラインストアだ。12月24日までは...
ずっと忘れたくない、そんな恋をしていたひとに。
Elite Daily」のライターJasmine Vaughn-Hallによれば、この地球上にいるほぼ誰にでも贈ることのできる最高のプレゼントというのは、...
「Inc Magazine」や「Quora」など、海外メディアでトップライターとして活躍しているニコラス・コールは、ある男性に出会ったことがきっかけで、文...
母親って、どんな時にも見返りを求めない。でも、だからこそ、クリスマスには最高のプレゼントを贈りたくなる。今年は、ちょっとユニークなプレゼントはどうだろう。...
「ルームメイトがプロムのパートナーを探しているの!」とある女の子のFacebookポストに、とびっきりクリエイティブな方法でアピールをした大学生がいます。...