『あたらしい ぼく』

「あたらしい ぼく」
シャーロット・ゾロトウ 文 / エリック・ブレグヴァド 絵 / みらい なな 訳(童話屋)

 

かなしいけれど、心変わりというものをせめることはできない。だって心は変わっていくものだから。主人公の「ぼく」は、きのうまで好きだったビー玉遊び、部屋のおもちゃたち、壁紙の風船もようが、ある日突然どうでもよくなってしまいます。

いまの自分は、「心が変わるまえの自分」でできている。こうして、いままでまったく興味のなかったものの美しさに気づきはじめたのも、そんな自分がいたからなんだ。手を離して、あたらしいものを手の中に入れて、また手を離して。何度でも心を変えて、あたらしいものに心をときめかせて、大人になっていく。何度でも心を変えたさきでいつか、変わらない自分の心と出会っていけますように。

『あたらしい ぼく』(童話屋)シャーロット・ゾロトウ 文 / エリック・ブレグヴァド 絵 / みらい なな 訳

「ぼくはぼくじゃないみたい」。ある日突然感じるようになってから「あたらしいぼく」の誕生にいたる少年の内面の成長を描いた一冊。

Top image: © 2018 TABI LABO
「失恋絵本」まとめ
かなしくて、泣いているひとに。
また新しい恋を、はじめようとするひとに。
学生時代の恋愛では、なかなか気づけなかったこと。
「オリジナル絵本を作って贈る文化」を広げ、周りの人を笑顔にする未来を作るプロジェクト。専任のディレクターが取材をし、作家が世界でただ一つのストーリーを書き...
「Airbnb」はバレンタインデーに向けて、イタリアのヴェローナにあるジュリエットの家「カーサジュリエット」に宿泊できる特別なプランを発表した。滞在中は専...