『あさになったのでまどをあけますよ』

「あさになったのでまどをあけますよ」
作・絵  荒井良二(偕成社)

 

どうしたってかなしくて、誰のことばも入ってこなくて、ふさぎ込んでしまっているとき。もしかしたら、朝がくるとか夜がくるとか、そんなことどうだってよくなっているかもしれません。

かなしいときにも、おかまいなしに朝は「きてしまうもの」だけど、自分で窓をあければ、朝は「はじめるもの」に変わってくれる。そしてひろがる風景は、泣いてたきのうと、やっぱりおなじで。

この絵本は、東日本大震災のあと、作者がいつもと変わらない故郷の山の景色をみて、つくられた本なのだそう。変わらない風景があって、わたしたちの気持ちは、何度でもあたらしくはじめられるのかもしれません。

 

Top image: © 2018 TABI LABO
『あさになったので まどをあけますよ』(偕成社)作・絵 荒井良二

「なにげない日々の繰り返しの中に幸せがある」。新しい1日をむかえるために窓をあける子どもたち。なにげない日々の繰り返し、その中にこそある生きることの喜びを描いた絵本。

「失恋絵本」まとめ
心変わりをして、恋を終わらせたひとに。
学生時代の恋愛では、なかなか気づけなかったこと。それを「Elite Daily」のMaria Cascianoさんは「初めての大人の恋愛」と呼んでいます。...
失恋した時に読みたい「立ち直る5つの方法」「星座別、最速で立ち直るには?」「失恋は3ヶ月で克服?」「新しい恋に向けて知っておくべきこと」「次の恋のための独...
また新しい恋を、はじめようとするひとに。
世界の生物多様性が過去50年で68%喪失したことを今月上旬に発表された「WWF」の報告書『Living Planet Report:生きている地球レポート...
「オリジナル絵本を作って贈る文化」を広げ、周りの人を笑顔にする未来を作るプロジェクト。専任のディレクターが取材をし、作家が世界でただ一つのストーリーを書き...
失うことが、とってもこわいひとに。
「失恋」目前の人に、別れる前にやっておくべきこと、失恋の忘れ方、人生にどう影響を与えるかなど、恋愛アドバイスをまとめました。
経済成長を直に感じると、自信に満ち溢れてくるのかもしれません。インドで設立された学校「Akshar Forum」が活気づいています。
自分がない、そんな恋をしていたひとに。
「アダストリア」が渋谷区公認のお土産としてTシャツとトートバッグを制作。グッズに使用するイラストには、今年7月末にオープンしたばかりの話題のスポット「ミヤ...
「ブックサンタ2019」は「厳しい環境に置かれている全国の子どもたちにイブの夜、サンタクロースが絵本を届ける」という新しい社会貢献活動。2017年にスター...
クールでオシャレなマッチタイプのお香「hibi」は、上級者向けの大人っぽい香りをラインナップした「hibi deep.」を販売中。父の日のプレゼントにぴっ...
「Elite Daily」の毒舌レズビアンライターZara Barrieさんが生み出した、星座別失恋攻略法です。
ビュリーのコーム、ペンハリガンのフレグランス……2019年の恋愛を頑張るために、ほしいもの!
「大人の塗り絵」が、おうちで楽しめる趣味として人気が再燃。ストレス解消や自律神経の調整にもいいとされるなど人気の理由を掘り下げる他、ホラー、数学、民族衣装...
9月14日、「Microsoft」が約2年間運用していた海底データセンターの実証実験を終了したと発表。地上のデータセンターよりも故障率が低いなど、さまざま...
米テニーノでは、コロナ渦の影響での経済的困窮を証明できる住民に対して、地域内の多くの店で使用可能な月額300ドル分の木製の貨幣を支給している。
環ROYと鎮座DOPENESSによるラップユニットKAKATOとイラストレーターのオオクボリュウによる初の絵本『まいにちたのしい』。刊行に合わせた原画展、...
「Help Refugees」というNPOが運営している「Choose Love」は、難民へのプレゼントを購入できるオンラインストアだ。12月24日までは...
日本初となる児童向けの昆虫食の図鑑『ホントに食べる?世界をすくう虫のすべて』が刊行された。環境や社会へのメリット、昆虫食の種類、おいしく食べる方法など充実...
ずっと忘れたくない、そんな恋をしていたひとに。
デザインチーム「Nyokki」が作る「逆から履歴書」は、過去の自分ではなく、未来の自分を先に伝えることで、働く姿を想像してもらう画期的なアイデアだ。
Elite Daily」のライターJasmine Vaughn-Hallによれば、この地球上にいるほぼ誰にでも贈ることのできる最高のプレゼントというのは、...