『あさになったのでまどをあけますよ』

「あさになったのでまどをあけますよ」
作・絵  荒井良二(偕成社)

 

どうしたってかなしくて、誰のことばも入ってこなくて、ふさぎ込んでしまっているとき。もしかしたら、朝がくるとか夜がくるとか、そんなことどうだってよくなっているかもしれません。

かなしいときにも、おかまいなしに朝は「きてしまうもの」だけど、自分で窓をあければ、朝は「はじめるもの」に変わってくれる。そしてひろがる風景は、泣いてたきのうと、やっぱりおなじで。

この絵本は、東日本大震災のあと、作者がいつもと変わらない故郷の山の景色をみて、つくられた本なのだそう。変わらない風景があって、わたしたちの気持ちは、何度でもあたらしくはじめられるのかもしれません。

 

Top image: © 2018 TABI LABO
『あさになったので まどをあけますよ』(偕成社)作・絵 荒井良二

「なにげない日々の繰り返しの中に幸せがある」。新しい1日をむかえるために窓をあける子どもたち。なにげない日々の繰り返し、その中にこそある生きることの喜びを描いた絵本。

「失恋絵本」まとめ
心変わりをして、恋を終わらせたひとに。
また新しい恋を、はじめようとするひとに。
学生時代の恋愛では、なかなか気づけなかったこと。
「オリジナル絵本を作って贈る文化」を広げ、周りの人を笑顔にする未来を作るプロジェクト。専任のディレクターが取材をし、作家が世界でただ一つのストーリーを書き...
会社に行きたくない、彼氏や上司とケンカしてイライラ等、「ミレニアルズ」のお悩みを漢方で解決!世代を越え、漢方を広めている神奈川県鎌倉にある「杉本薬局」の三...