『あさになったのでまどをあけますよ』

「あさになったのでまどをあけますよ」
作・絵  荒井良二(偕成社)

 

どうしたってかなしくて、誰のことばも入ってこなくて、ふさぎ込んでしまっているとき。もしかしたら、朝がくるとか夜がくるとか、そんなことどうだってよくなっているかもしれません。

かなしいときにも、おかまいなしに朝は「きてしまうもの」だけど、自分で窓をあければ、朝は「はじめるもの」に変わってくれる。そしてひろがる風景は、泣いてたきのうと、やっぱりおなじで。

この絵本は、東日本大震災のあと、作者がいつもと変わらない故郷の山の景色をみて、つくられた本なのだそう。変わらない風景があって、わたしたちの気持ちは、何度でもあたらしくはじめられるのかもしれません。

 

Top image: © 2018 TABI LABO
『あさになったので まどをあけますよ』(偕成社)作・絵 荒井良二

「なにげない日々の繰り返しの中に幸せがある」。新しい1日をむかえるために窓をあける子どもたち。なにげない日々の繰り返し、その中にこそある生きることの喜びを描いた絵本。

「失恋絵本」まとめ
心変わりをして、恋を終わらせたひとに。
また新しい恋を、はじめようとするひとに。
学生時代の恋愛では、なかなか気づけなかったこと。
失うことが、とってもこわいひとに。
自分がない、そんな恋をしていたひとに。
経済成長を直に感じると、自信に満ち溢れてくるのかもしれません。インドで設立された学校「Akshar Forum」が活気づいています。
「Elite Daily」の毒舌レズビアンライターZara Barrieさんが生み出した、星座別失恋攻略法です。
ビュリーのコーム、ペンハリガンのフレグランス……2019年の恋愛を頑張るために、ほしいもの!
ずっと忘れたくない、そんな恋をしていたひとに。
Elite Daily」のライターJasmine Vaughn-Hallによれば、この地球上にいるほぼ誰にでも贈ることのできる最高のプレゼントというのは、...
母親って、どんな時にも見返りを求めない。でも、だからこそ、クリスマスには最高のプレゼントを贈りたくなる。今年は、ちょっとユニークなプレゼントはどうだろう。...
「ルームメイトがプロムのパートナーを探しているの!」とある女の子のFacebookポストに、とびっきりクリエイティブな方法でアピールをした大学生がいます。...
ついつい、うっかり、本気で好きになってしまった。
バレンタインのギフト候補に、「BAM」の蝶ネクタイをリストイン!
クリスマスはもう直ぐそこ。恋人へのプレゼントの準備はできていますか?モノよりも心が重要!なんてここで言う必要もないでしょうが、「LittleThings」...
手痛い失恋をした時、どうやって立ち直りますか?ひたすら泣く、旅に出る、喋り倒す…人それぞれだと思います。でも、ショートフィルム『デビッドの失恋ツアー』の彼...
どんなに大きな失恋でも3ヶ月で立ち直る!?失恋からどれくらいで立ち直ったか、というのはどの国でもどの年代でも気になる話。一世を風靡した海外ドラマ「セックス...
子供のころに読んだ本、読んでもらった本。そんな「思い出」のなかには、大人になっても忘れずにいたい名言がたくさん込められています。海外児童文学のなかでも、日...
失恋って、精神的な「死」だと思う。
自分にとって最高の家族の生前を子孫へと受け継ぐために、亡くなった人の人生を絵本にすることを思いついたJuliette Eame。彼女の場合は、小さい頃によ...