『おとなになる日』

「おとなになる日」
シャーロット・ゾロトウ 文 / ルース・ロビンス 絵 / みらい なな 訳(童話屋)


わすれられたくないし、置いていかれたくないし、いつだって、そばに連れていってほしい。「めんどくさい」って思われてること、ほんとはわかっていたけど、それが自分のすべてみたいになってしまっていた。今思えば、ちょっとやみくもになっていたかもしれないな。当たり前に大事なはずの「自分」っていうものが、ずっと見えなくなっていたんだ。

大事なものの順番はどんどん変わっていく。そうやって、わたしたちはおとなになっていく。主人公のティモシーみたいに、あるときふと、今の自分にとってほんとうに大事なものと、出会えますように。

 

『おとなになる日』(童話屋)シャーロット・ゾロトウ 文 / ルース・ロビンス 絵 / みらい なな 訳

年がはなれた兄さんだけが遊び相手のティモシー。「ぼくもぼくも」と兄さんの後を追っかけても、兄さんにはあしでまとい。ところがある日、おむかいに同じぐらいの年の男の子がひっこしてきて……。

Top image: © 2018 TABI LABO
「失恋絵本」まとめ
心変わりをして、恋を終わらせたひとに。
自分が「どう見られているか」、どうでもよくなっちゃう。
かなしくて、泣いているひとに。
自分も「明日はだれかにやさしくしたい」って思っちゃう。
持っているから「思い出」なのか? 失ってしまうから「思い出」なのか?
学生時代の恋愛では、なかなか気づけなかったこと。
また新しい恋を、はじめようとするひとに。
子供のころに読んだ本、読んでもらった本。そんな「思い出」のなかには、大人になっても忘れずにいたい名言がたくさん込められています。海外児童文学のなかでも、日...
いつもよりちょっと「健康的な食事」を、心がけませんか?
「ドイツに来てからボードゲームに誘われることが多くなった」という記事を前に書きましたが、ありがたいことにもうひとつお誘いが増えたものがあります。そう、誕生...
自分だけの「本当のことば」を、さがしちゃう。
「Elite Daily」の毒舌レズビアンライターZara Barrieさんが生み出した、星座別失恋攻略法です。
失うことが、とってもこわいひとに。
今週末は『母の日』。今年はお母さんだけじゃなくって、仕事やプライベートでお世話になっている年上女性にギフトを贈ってみませんか?だって、『母の日』ギフトには...
経済成長を直に感じると、自信に満ち溢れてくるのかもしれません。インドで設立された学校「Akshar Forum」が活気づいています。
僕の場合、考えた末に出たのがこの答えでした(笑)。
自分がうまれた世界を、「わるくないかも」って思えてきちゃう。
世代のちがう子どもや孫が喜んでくれるプレゼントをあげるのは、意外に難しいもの。とくに年頃になると、一体何が欲しいのやら…。でも、16歳のローレンさんが誕生...
環ROYと鎮座DOPENESSによるラップユニットKAKATOとイラストレーターのオオクボリュウによる初の絵本『まいにちたのしい』。刊行に合わせた原画展、...
ついつい、うっかり、本気で好きになってしまった。