『おとなになる日』

「おとなになる日」
シャーロット・ゾロトウ 文 / ルース・ロビンス 絵 / みらい なな 訳(童話屋)


わすれられたくないし、置いていかれたくないし、いつだって、そばに連れていってほしい。「めんどくさい」って思われてること、ほんとはわかっていたけど、それが自分のすべてみたいになってしまっていた。今思えば、ちょっとやみくもになっていたかもしれないな。当たり前に大事なはずの「自分」っていうものが、ずっと見えなくなっていたんだ。

大事なものの順番はどんどん変わっていく。そうやって、わたしたちはおとなになっていく。主人公のティモシーみたいに、あるときふと、今の自分にとってほんとうに大事なものと、出会えますように。

 

『おとなになる日』(童話屋)シャーロット・ゾロトウ 文 / ルース・ロビンス 絵 / みらい なな 訳

年がはなれた兄さんだけが遊び相手のティモシー。「ぼくもぼくも」と兄さんの後を追っかけても、兄さんにはあしでまとい。ところがある日、おむかいに同じぐらいの年の男の子がひっこしてきて……。

Top image: © 2018 TABI LABO
「失恋絵本」まとめ
心変わりをして、恋を終わらせたひとに。
自分が「どう見られているか」、どうでもよくなっちゃう。
かなしくて、泣いているひとに。
自分も「明日はだれかにやさしくしたい」って思っちゃう。
『ひつじのショーン』シリーズの制作スタジオが国際環境NGO「グリーンピース」とタッグを組んで作った"海洋汚染"に警笛を鳴らす短編作品がWebで公開中。