いつまでも味わっていたい。あたらしい本格レモンティー。

おいしい食事を楽しんだあとは、ゆったりとした時間を過ごしたい。あらかじめ温めておいたお気に入りのカップに、ていねいに紅茶を注ぐ。そこに、輪切りしたレモンをひとつ。頬にあたる風がひんやりとして、本格的な秋がやってきた。こころまで温まる、おいしいレモンティーを召し上がれ。

046672ef052873c8540751778cef2ad65e4e6ee1

これまでのあたりまえ。

レモンティーは、ストレートティーに輪切りしたレモンを浮かべていただく飲み物。せっかくおいしい紅茶を淹れるのであれば、その味わいだけでなく、目でも楽しみたいところ。切りたてのレモンをしばらく紅茶に浮かべていると、レモン特有の渋みが出てしまい、すぐに取り出さなくてはならない。レモンを浮かべることも楽しみのひとつになるような、おいしいレモンティーはどのように淹れると良いのだろう。

乾燥レモンを、
ティーバッグと一緒に。

Fefefd5c8834e9572853ddeb3ec630ac9d90a954

山口県で150年以上もの間、日本の伝統的な調味料を作り続けている光浦醸造の『FLOAT LEMON TEA(フロートレモンティー)』。黄色のパッケージを開けると、ティーバッグのほかに、乾燥レモンが顔をのぞかせ、驚かされた。紅茶に浮かべるのがもったいなく、しばらく眺めてうっとりしたいくらい、かわいらしい佇まいだ。

皮まで食べられるエコレモン。

5aadf5adf851649a85eafc58f09631f33b4bb091

農薬や化学肥料を最小限しか使わずに栽培している広島県産の「エコレモン」。外国産のものと比べて、皮の白い部分が少ないので、湯のなかにしばらく浮かべていても、渋みが出てこない。冷蔵庫にレモンのストックがないときや、旅先など、お湯さえあれば、いつでもどこでも本格的な味わいを楽しめるのがほんとうに嬉しい。

Licensed material used with permission by 光浦醸造
本格的なクラフトビールの味わいを、自宅で手軽に楽しめるキットが登場しました。たんにサーバーからグラスに注いで終わり、なんてものじゃありませんよ。なんと、発...
鳥のカタチをしたレモン絞り器「バードレモンプレス」。くし切りにしたレモンを中に入れて、ギュッとプレスするだけ。片手で簡単にレモンを絞れます。ティーカップに...
「2016年は、紅茶の年だった」そう言ってしまいたくなるほど、この1年で目覚ましい活躍を見せた紅茶。中でも、スターバックスが展開する専門店「TEAVANA...
広島の知られざる魅力を詰め込んだ、究極のガイドブック「カンパイ!広島県」の第3弾「広島秘境ツアーズ」が発表されました。その人気ぶりは凄まじく、明日の6月2...
この記事のテーマは「紅茶」です。でも、一般的な紹介とは違い、味には一切言及しません。だって、この「NOVELTEAS」は、飲みものとしてではなくむしろ、部...
たとえば、ハードな出張の合間に空港のラウンジで手足を伸ばしてのんびりしたい。こんな場面でゼッタイ役立ちそうなウォーターベッドが登場しました。それも、ただご...
コーヒーよりも断然紅茶派な私は、ずっと悩んでいた。便利な機能が搭載されたコーヒーメーカーは続々と登場するのに、これぞ!というティーメーカーには、なかなかお...
ナチュラル派が支持するリラックス法の1つがアロマテラピー。匂いをかぐことででほっとしたり、やる気が出たりしますよね。いつでもどこでも気持ちを休めたいという...
女性に例えると、きっと「あざとい」タイプ。フリルをたくさん纏った、いかにもぶりっ子って様子ではないのだけど、しっかり"胸きゅんポイント"を捉えていて、絶妙...
自家製ワインを近所におすそ分けーー。なんてちょっと素敵すぎますか?でも、これがあればできちゃいそう。「Winemaking Kit」の見た目は、さながら理...
広島県・鞆の浦の特産品である「保命酒」。かつてあの坂本龍馬やペリー提督、島根の世界遺産・石見銀山で働く人たちも飲んだとされており、みりんに十六種類の薬味を...
以前、TABI LABOでも紹介した「guntû(ガンツウ)」。瀬戸内海を周遊する宿泊型の客船で、ついに2017年10月17日(火)に就航するそうです。一...
フードクリエイティブファクトリー暮らしを楽しくするキッカケになる記事を書いています。「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を理念に活動する食と暮らしの企画制...
八納啓創株式会社川本建築設計事務所代表取締役。1級建築士。広島と東京を拠点に「快適で幸せな建築空間づくり」を専門にする建築家。設計活動を行う傍ら、全国的に...
日本で「出前」と言ったら、やはり寿司やピザが王道なのだろうか。さいきんでは、イタリアンやフレンチ、エスニックなど、レストランまで足を運ばなければ食べられな...
初めてレモンを食べた時の衝撃を、覚えていますか?おそらく、ほとんどの人が記憶にないでしょう。では、さっそくご覧ください。ヒトは初めてレモンを口にした時、こ...
香ばしく焼いただけでも十分おいしい、鶏のむね肉をさらに煮込む。一見、手間がかかりそうなこのアイデア(ですよね?)は、意外にもたった2つの調味料を用いるだけ...
30℃を超えるような暑さでも、やっぱり太陽の下で思いっきりBBQを楽しみたい。そこで、いつもとひと味違う串焼き料理「スブラキ」なんていかがでしょう。
アツいに夏に飲みたくなるキンキンに冷えたビール。そんなビールの発祥は、なんと紀元前4000年前のメソポタミア文明時代まで遡るんです。当時のビールは、乾燥し...
「ゆうなんぎい」のお母さん、辻野愛子さんが出してくれたのは、泡盛を使ってトロトロになるまでやわらかく煮込んだラフテー。醤油系のイメージが強かったから味噌味...