「いつも正気な人ほど、正気ではない」。哲学者アラン・ワッツの15の言葉

一生懸命仕事をして、お金を稼いで、生活するだけでいっぱいいっぱい。そんな時、ふと「自分の人生はこれでいいのだろうか」と思うことはありませんか?

好きなことをたくさんして生きていきたい。だけど、気に入っていないことだってやらないと生きていけない。

イギリスの哲学者アラン・ワッツはこう説きます。

「社会が作ったルールに縛られて、自分の思う人生を生きられない人が多い」

と。小さい頃から当たり前だと思っていた「生き方」を続けることは、自分らしく生きることとイコールではないのかもしれません。彼の、「今を全力で生きろ」というメッセージは、嫌いなことでも我慢しなければいけない、と思い込んでいる私たちの心を軽くしてくれます。

Fe8fb1ca3ef9e4cbb51c5a809fa10d6bd735df69

01.
もっとも正気でない人間とは、いつなんどきでも正気である人間のことだ。

02.
あるものが恒久になるということは、そのものが生命を持たなくなるということだ。

03.
泥水を綺麗にするなら、放っておくことが一番だ。

04.
宇宙はあなたという風穴を通して世界を見て、自分自身のことを調べているのである。

05.
心配の量によって、これから起こることが変わるわけではない。

06.
人生の意味とは、ただ生きるということである。
とても簡単で、とても明瞭で、とてもシンプルなことであるが、誰しもその人であるということ以上のことを成し遂げねばならないかのような錯覚に急き立てられているのだ。

5cec82350f8631b21286ddd66f1e1235d240cb79

07.
本当の自分自身に近づくためには「こうでなければならない」と思う自分の像を取り去らなければならない。

08.
物事の変化を実感するための唯一の方法は、そのものに飛び込んで、ダンスに加わることだ。

09.
人生は解決すべき問題ではない。するべき体験なのだ。

10.
今以外のものは、存在せず、存在したこともなく、存在するようになることもない。

11.
人生の秘密の大半というのは、笑い方を知ることと、呼吸の仕方を知ることでできている。

12.
山の頂上で見つけられる「禅」とは、あなたが頂上まで持って行った「禅」だけだ。

13.
自分自身とは、はるか遠くに輝く大きな星だ。時間をかけて望遠鏡で探して、ようやく見つけられるものなのだ。

A58c0f477d42141d9e84e00c9eb82502ea3f4e8c

14.
惨めに長い人生を過ごすよりも、好きなことをたくさんした短い人生のほうが良い。

15.
あなたは、この世界に入ってきたのではない。あなたは、海から波が出るように、この世界から出てきたのだ。あなたは、よそ者ではないのである。

Licensed material used with permission by Your Tango
MORE CONTENT FROM YOURTANGO:
今からまだそんなに遠くない未来のお話。日本全国から選り抜きの「不幸な高校生」ばかりが集められた「私立不限高校(通称:フコウ)」が設立された。いじめや貧困、...
五百田達成さんによる実用エンタメ小説『アラン先生と不幸な8人』は、日本中から集められた不幸な高校生が、『幸福論』の著者・アランの化身である亜蘭幸男(あらん...
人生に迷うようなとき、まずは自分の心に耳を傾けられなければ、その先に続く幸せは手に入らない。現代哲学を代表するフリードリヒ・ニーチェは、自分の目を通して現...
本書のテーマは「さらけ出すこと」だという。
ニュージーランドのクライストチャーチの街中や植物園には川が通っていて、ボートで観光することができます。特におすすめなのは、朝の時間帯です。
哲学、教育、政治、アインシュタインは何を感じながら生きていたのか。人生論というよりは、社会をみていた彼の観点から、ハッとさせられる名言を「I Heart ...
「生きるために食べよ、食べるために生きるな」これは、古代ギリシャの哲学者ソクラテスの有名な言葉。忙しい毎日を過ごしている、現代人に響くものではないでしょう...
「Higher Perspective」で、人生の節目で知りたい、大切な15の教えを紹介しています。人生に悩みや迷いはつきもの。大きな決断をしないといけな...
古代ギリシアの哲学者プラトン。彼の思想に詳しくなくても、名前だけは聞いたことがあるのではないでしょうか。ソクラテスの弟子であり、アリストテレスの師匠であっ...
いつでも未来にワクワクしていたい。だけど忙しく働く日々の中では、どうしても自分の可能性を、信じられない時もあって。だからこんな名言が、みなさんの体のどこか...
青梅ではなく完熟梅を使ってつくる自家製のポン酢。今の時期だけのおたのしみ。
さくら剛さん著『(推定3000歳の)ゾンビの哲学に救われた僕(底辺)は、クソッタレな世界をもう一度、生きることにした。』は、青年ひろが、とっつきにくくて分...
生きてるうちに何度も訪れる、選択。「自分がどうしたいのか?」「進むべき道はどちらなのか?」。今まさに立ち止まって行動ができずにいる人、足踏みをしている人に...
「Higher Perspective」に掲載されている元記事のタイトルは「どんな時も参考になる名言」です。ややアバウトな印象ですが、逆にいうと、リストア...
アインシュタインは物理学者としてだけではなく、哲学者としてもその才能を十分に発揮していて、彼が残した数々の言葉は、今なお語り継がれています。ここでは「I ...
生きていれば人との付き合い方や、そもそもの生き方など、考えさせられることは多いはず。人生に迷ったとき、私たちは何を信じて生きていけばいいのでしょうか?ここ...
エックハルトは、現代を代表する精神的指導者。「The Power of Now:悟りを開くと人生はシンプルで楽になる」「A New Earth:意識が変わ...
「地元・浜松の人にも知ってもらいたい」。オーナーの山﨑浩さんがそう語るのは、浜松の春野町を中心に獲れる鹿や猪のお肉を使った「ジビエ料理」のこと。わざわざ足...
生きることは悩み、考えること。誰もがふとした瞬間に自分の生き方について、つい考えてしまうのではないでしょうか?ここでは、家入一真さんが発案し、絶望名言委員...
仏教の開祖として知られている、ブッダ。彼の残した言葉は、時代を超えて多くの人の共感を呼んでいます。ブッダの残した言葉は、どれだけ時を経てもなお、多くの人の...
私たちの人生は、つねに失敗とも付き合っていかなければなりません。だけど、それに正面から向き合うことはなかなか難しい。今悩みを抱えている人は、自分の選んだ道...
あなたは「哲学」と聞いてどんなイメージを浮かべますか?堅苦しくて、役に立たない、頭の良い人たちが勉強しているもの…様々な意見があると思いますが、共通して言...
「子供だから」できないこともあれば、「子供だから」できることも。10歳の哲学少年こと中島芭旺(ばお)くんは、持ち前の行動力で出版社に直接「本を出したい!」...
現代物理学の父と称され、2016年2月に観測された「重力波」を100年前に予測していたなど、今でも科学に大きな影響を与えているアインシュタイン。彼は人生に...