あの世界的脚本家と「Netflix」がパートナーシップを大きく強化!

「Netflix」で配信中の『ブリジャートン家』をご存知だろうか?

イギリス摂政時代のロンドンを舞台にした恋愛ドラマは、当時の歴史・文化を踏襲しつつ、随所に現代的なテイストを盛り込んだ、緻密な脚本が評価されている。

また、本シリーズは「Netflix」の完全リミテッドシリーズとして配信され、28日間で全世界の8200万ものNetflix契約世帯で視聴された記録を持つ注目作品だ。

そんな同作の脚本を手がける米国の敏腕女性脚本家ションダ・ライムズは、先日8日「Netflix」との契約を大きく拡大したことを明らかにした。

これまでは、ライムズ本人との間にあった契約範囲が、彼女の会社「ションダランド」、そして彼女の製作パートナーであるベッツィ・ビアーズにまで拡大。

さらに、将来的には長編映画に加えて、ゲームVRなどのコンテンツも独占的に製作配信配給することが契約内容に明記されているようだ。

NetflixグローバルTV部門責任者であるベラ・バジャリア氏は、「ションダは世界で話題になる作品をつくる人です。私たちは、どの言語に訳されても衰えない彼女の創造的ビジョンのパワーを目の当たりにしてきました。傑出したビジネスウーマンであり、素晴らしいパートナーでもあるションダとの関係を、さらに幅広くこの先も継続できることをうれしく思います」とコメントを残している。

『ブリジャートン家』は現在、シーズン2の公開を来年に予定しており、シーズン3、4の制作も決定している模様。

スピンオフ作品の制作も予定されているようなので、興味のある方は、今から視聴してみてはどうだろうか。

Top image: © 1997-2016 Netflix, Inc. All rights reserved.
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事