ホテルライクな空間をつくる「ガラス管」。

「ホテルのような部屋」というのは、憧れの空間を表現する際によく使われる。意訳すると、“できるだけ生活感のない空間。だけど、かしこまっているわけでなく、落ち着ける”といったところか。

コレ、かなり難しい。

インテリアを高級ホテル並のスペックで統一するのは現実的じゃないし、どこから手をつけていいのかさっぱりわからない。

〈ソニー〉の「グラスサウンドスピーカー LSPX-S1」は、たったひとつ、そこに置くだけで、周囲の雰囲気をホテルライクに変えてくれるプロダクトだと思う。ベッドサイドでも、ダイニングテーブルの上でも、ローテーブルでも、なんなら床の上に無造作に置いたっていい。ガラス管の中のフィラメント型LEDによる温かみのある灯りが周囲を照らしてくれ、落ち着ける部屋の雰囲気を作り出してくれる。

そして、何よりも音だ。

「グラスサウンドスピーカー」という名前にあるように、当たり前だけど、このプロダクトは見た目だけで雰囲気を作るものではなくスピーカーだ。その真骨頂は良質な音と360度リスニングポイントを限定しない汎用性にある。そもそもこの美しいガラス管も、“見た目”のためにあるのではなく、“透明感のある音を奏でるため”のものだ。ガラス菅を振動させて音を出す、そんな特殊な構造がクリアな音を奏でてくれる。

とくに注目したいのは、高音。スピーカーにおいては低音が重視される傾向があるが、「グラスサウンドスピーカー LSPX-S1」は、高音が特に美しい。ホテルラウンジのようなリラックスした音楽のリスニングを自宅で再現するのぴったり。

視覚と聴覚、両方からホテルライクな空間を演出してくれる「グラスサウンドスピーカー LSPX-S1」。ソニーストアでも購入可能だ。

ちなみに個人的には、下の写真のようにプランターの隣にレイアウトするのがお気に入り。間接的に照らされた植物を眺めながら、好きな音楽を聴く時間が日常のちょっとした贅沢だ。

4886956798377984

もっともホテルライクな雰囲気を味わえるのは、ベッドサイドかもしれない。ホントに、置くだけで様になる!

6667362476490752

我が家での定位置はダイニングテーブルの上。悪い意味での生活感が出やすいスペースだけど、このスピーカーをレイアウトすることで空間が格上げされるように思う。

64839963639808006048433664163840

文中でも触れてるが、オススメは植物の横! 光が当たる対象物がそばにあることで、その場の雰囲気を和らげ、より温かみが感じられる。

4884734689673216

ソファで寛ぐ時は、ローテーブルの上に。ワイヤレス、且つ360度方向すべてに音を届けるスピーカーということで、家中どこへでも持ち運び、好きな場所に置くことができるのも大きなメリット。

5930000477847552

じつは、フィラメント型LEDの灯りがついてない時の佇まいも好み。フォルムがいい!

5490678339469312
一見オシャレなインテリアアイテムのように思えますが、実はこれ、ソニーから発売された「グラスサウンドスピーカー」なんです。しかも、デザインもさることながら、...
「SUOONO(スオーーノ)」は、360°スピーカーが2台セットになっています。同じ空間に左右2台置いて、ステレオサウンドを楽しむことができるんです。もち...
4月に開催される世界最大規模のデザインの祭典「ミラノデザインウィーク」に、音の風景が展示される。
肩にのせることで手軽に映画やライブ映像、ゲームを臨場感あふれるサウンドで楽しめるウェアラブルネックスピーカー『SRS-WS1』がソニーから登場。スピーカー...
世界でも珍しい石灰質の土壌が日本にも数カ所存在していますが、そのうちのひとつが岡山県新見市。同市哲多町にあるワイナリー「domaine tetta(ドメー...
日本統治時代50年間のなごりを味わう。台湾でローカライズされた日本食がおもしろい。
屋外で音楽を楽しむのに大事なのはスピーカーの音量です。「UE Boom 2」は最大サウンドレベル90dBAとかなりパワフル。しかも、防水機能付き!
普通のヘッドホンにも見える「AXY audio」は、耳に当たる部分が独立するようなデザイン。スピーカーとしても使えるようになっています。だから、ひとりで音...
冷蔵庫を開けると、音楽が流れてくる...!?
ギャラリーや展示会、イベント会場、音楽とアートを同時に体感できる場は幾つかありますが、そのふたつを融合させた「壁掛けスピーカー」が登場しました。クラウドフ...
アロマキャンドルやオードトワレの印象が強い「diptyque」ですが、じつはハンドクリームも素晴らしいんです。
「ROOS」は照明とスピーカーが一体化したインテリア。Bluetoothでスマホともリンクでき、ミュージックライブラリの曲も簡単に流せる。「ライトとしても...
この時代には珍しい「スピーカーなのにテクノロジーフリー」ってところに愛着が湧きます。
「DUOECHO(デュオエコー)」。スピーカーが左右に分かれる仕様は、ポータブルタイプとしては珍しい作り。鴻海グループに属するFIT鴻騰の開発チームによる...
アウトドアユースを想定したスポーティーなモデルが多いなか、完全にインドア派。
これは、アメリカとニュージーランドのメディアが報じていた珍事件。思わぬ方向に展開しちゃいました。
去年から日本で展開をはじめた「BASE EGG(ベースエッグ)」というポータブルなスピーカー。平面振動というタイプで、置いたその場所を振動をさせて音を出す...
「Life Size SPEAKER」をコンセプトに開発されたBASS EGGを知っていますか?暮らしの中にある、あらゆるものをスピーカーに変えてしまう革...
「LectroFan micro(レクトロファン マイクロ)」は、ホワイトノイズと呼ばれる特殊な雑音を作り出すスピーカー。安眠や集中力アップに効果的とアメ...
同じカテゴリーの新作がどんどん登場しているけれど、防水で音が大きいっていうこのスピーカーの強みは揺るぎない。
「ambie sound earcuffs(アンビー サウンド イヤーカフ)」は、そもそも耳穴をふさがない。耳たぶにクリップするように装着します。ゆえに、...
香港は世界有数の人口密集地。不動産の高騰も大きな問題になっています。とにかく住む場所がない!手軽でたくさんの人が住める集合住宅を作りたい!そんな切実から生...
重さは22.5kgもある。高さは38.5cmで、サイドテーブルと同じくらいか。「Consodi」は、Bluetoothも搭載していない有線接続タイプのスピ...
本を読みながら寝落ちするという幸せな体験がコンセプトになったのは、ご存知「BOOK AND BED TOKYO」。で、その「読書」を「音楽鑑賞」に置き換え...