「専用アプリ無し」が、気に入ったスピーカー。

ポータブルスピーカーはいくつか持っているのに、そんなにたくさん要らないのに、それなのに、この「SUOONO(スオーーノ)」に惹かれちゃったのは、ズバリ操作がシンプルだから。

本来もっともこのスピーカーがビビッドなのは、360°スピーカーが2台セットになっているところだと思います。同じ空間に左右2台置いて、ステレオサウンドを楽しむことができるんです。もちろん、1台だけで使ってもOK。

加えて、“いいね!”と思ったのは、専用アプリが必要ないこと。2台の「SUOONO」をつなぐ際も、パワーをONするだけで自動認識してくれます。面倒な設定とかが必要ありません。

いろいろ機能がプラスされるんじゃなくて、目的がはっきりしていて使いやすいプロダクト。いいですよね。

ちなみに僕は、引っ越したばかりでまだ音響機器のないオフィスで使ってます。360°スピーカーなので、広い空間でも調子いい。

現在、クラウドファンディングサイト『Makuake』で資金調達中。価格もお手頃になってますよ!

今、僕らがリアルに使っているもの、使えるもの。『ビー』の記事は、毎日1本公開中です。

ワイヤレススピーカーを比較する際に検討しやすい価格帯になった印象がありました。ただ、ほかのスピーカーとはやっぱり比べられませんでした。
この時代には珍しい「スピーカーなのにテクノロジーフリー」ってところに愛着が湧きます。
「DUOECHO(デュオエコー)」。スピーカーが左右に分かれる仕様は、ポータブルタイプとしては珍しい作り。鴻海グループに属するFIT鴻騰の開発チームによる...
普通のヘッドホンにも見える「AXY audio」は、耳に当たる部分が独立するようなデザイン。スピーカーとしても使えるようになっています。だから、ひとりで音...
「LectroFan micro(レクトロファン マイクロ)」は、ホワイトノイズと呼ばれる特殊な雑音を作り出すスピーカー。安眠や集中力アップに効果的とアメ...
アウトドアユースを想定したスポーティーなモデルが多いなか、完全にインドア派。
ギャラリーや展示会、イベント会場、音楽とアートを同時に体感できる場は幾つかありますが、そのふたつを融合させた「壁掛けスピーカー」が登場しました。クラウドフ...
重さは22.5kgもある。高さは38.5cmで、サイドテーブルと同じくらいか。「Consodi」は、Bluetoothも搭載していない有線接続タイプのスピ...
同じカテゴリーの新作がどんどん登場しているけれど、防水で音が大きいっていうこのスピーカーの強みは揺るぎない。
「FLUX SPEAKER」は、ワイヤレスでありながら、面倒なBluetooth接続を必要としません。
インテリアとしてのデザイン性はもちろん、機能面でも差をつけているんです!
「ROOS」は照明とスピーカーが一体化したインテリア。Bluetoothでスマホともリンクでき、ミュージックライブラリの曲も簡単に流せる。「ライトとしても...
屋外で音楽を楽しむのに大事なのはスピーカーの音量です。「UE Boom 2」は最大サウンドレベル90dBAとかなりパワフル。しかも、防水機能付き!
去年から日本で展開をはじめた「BASE EGG(ベースエッグ)」というポータブルなスピーカー。平面振動というタイプで、置いたその場所を振動をさせて音を出す...
クラウドファンディングサイト「INDIEGOGO」で資金調達をしていた「GoPorTable」。これ、スピーカーとしてもワイヤレス充電器としても使えるテー...
冷蔵庫を開けると、音楽が流れてくる...!?
「パナソニック」と京都の手作り茶筒の老舗が「最新技術」と「伝統工芸」を結集させて作った「茶筒スピーカー」が最高にクールと話題。“五感や記憶に響く体験価値”...
満を持して日本にやってきたスピーカー「LectroFan micro」は、「ホワイトノイズ」を発生させ、心地良い空間を生み出します。「ホワイトノイズ」とは...
クラウドファンディングで資金を募っているアイテムは、これまでにも様々紹介してきました。が、こんなにも支持を集めている商品には、書き手としてもなかなか出会え...
「相性のいいスピーカー」。それは人生を通して探し続けるものなのかもしれません。…と思ったら、さっそくありました。ドイツ人デザイナーが手がけたワイヤレスの3...