将来、自動車の「コックピット」はこうなる!

自動運転化などの普及が進む現代の自動車環境を踏まえて、車室内空間の重要性に着目した大手電機メーカー「京セラ」。同社が考える“未来のコックピット”を具現化したコンセプトカー「Moeye(モアイ)」の第2弾が、先月29日に発表された。

デザイン・クリエイティブディレクションは、京都発のデザインスタジオ「Fortmarei(フォートマーレイ)」が担当。

©Fortmarei
©Fortmarei

このたびの発表では、コックピットデザインだけではなく、調和のとれる外装を含めた車両全体のデザインをフルスクラッチで提案し、よりリアルに未来のコックピットとその車体を表現。

外装はクラシックカーを意識した面構成のプロポーション。

最先端技術を取り入れた内装は、古き良き時代のクラフトマンシップを感じさせるテクスチャを融合。着座すると目に飛び込んでくるコックピットは、独自の光学迷彩技術を用いて一部を透明化し、ドライバーの視野を広げることを可能に。さらに、独自の各種デバイスで、人間の視覚触覚聴覚、さらには嗅覚までをも楽しませてくれるのだとか。

リアルバーチャルを体験するに相応しい未来感あるミニマルなデザインは、「京セラ」の描く未来の自動車をより鮮明に表現している。

この記事下のプロモーションムービーを観れば、自動車の未来に驚きやワクワクを感じるのではないだろうか?

©Fortmarei
©Fortmarei
© Car Watch Channel /YouTube
Top image: © Fortmarei
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

そう遠くない未来に実用化されるかもしれない自動車コンセプトを紹介。
米自動車メーカー「SONDORS」の電気三輪自動車「Model SONDORS」。クールなフォルムなど特長はいくらでもありますが、何より特筆すべきはその値...
「ソニー」は「CES 2020」に合わせて開催されたカンファレンスにて、電気自動車のコンセプトモデル「VISION-S」を披露した。
ドイツのスタートアップSono Motorsが2019年中に販売を始めるという電気自動車「Sion」の紹介です。
PBM(プラントベースドミート)の未来型レストラン「The Vegetarian Butcher」の、世界初コンセプトストアにおいて、都市型農園「アーバン...
スウェーデンの自動車会社「ボルボ」から高級電気自動車ブランドとして独立した「ポールスター」が“サステナブル”をテーマにしたコンセプトカーを発表した。
1970年に発売されたスズキ株式会社の初代「ジムニー」が、日本自動車殿堂「歴史遺産車」に選定された。

人気の記事

「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
映画のなかで猟奇殺人犯のバッファロー・ビルが拠点にしていた家が、現在、宿泊施設に改装されているらしい。4つのベッドルーム、1つのバスルームが備えられており...
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...