ホテルや自動車でも使える「空気浄化機」。

ポータブル空気浄化機「Wynd(ウィンド)」です。

1秒間に約8リットルもの空気除去能力があり、ホコリやカビ、花粉といった有害物質を除去。もっと具体的にいえば、一般的な自動車内からだいたい10分で約70%もの有害物質を空気中から取り除いてくれるそうです。しかも、内蔵センサーが周囲の空気中の汚れ具合を色で教えてくれて、アプリと連動させるとフィルター交換時期を予測して、自動で発注までしてくれる。

スペックの話はここまで。

小さいけれど、とってもパワフルで賢いってことです。

それはもちろん大事ですが、やはりこの「Wynd」の真骨頂は、“ポータブル”って部分にあると思うんです。

500Lのペットボトルとほぼ同じサイズで、重量も約450g。

デスクやテーブルの上、車のカップホルダー(すっぽり収まります)、ベッドサイドと、日常でも一箇所に設置せずに、一緒に移動できます。また、旅行や出張に持っていけるのもいい。宿泊施設によっては空気が気になるところ、ありますよね?

バッグに空気浄化機を入れて持ち歩くーー自分が鼻炎気味なせいもあって、これは結構うれしいプロダクトです。

現在クラウドファンディングサイト『Makuake』で支援を受付中

今、僕らがリアルに使っているもの、使えるもの。『ビー』の記事は、毎日1本公開中です。

ここで紹介するのは観葉植物の力を利用した空気清浄機「EcoQube Air」。あなたがやらなければいけないことは水やりをすることだけ。温度や湿度は、この製...
スマホより軽くて携帯しやすい、手のひらサイズの空気清浄機「LUFT Cube」が、応援購入サイト「Makuake」に登場。
広々とした空間に、白いオブジェクトが浮かぶ——。長いプリーツが螺旋状に渦を巻くこのインスタレーションは、日本を代表する建築家・隈研吾がデザインした「Bre...
取り付けておくだけで、室内の空気を綺麗にしてくれるカーテン「GUNRID」。2月18日、IKEAが来年までに発売すると発表しました。
テーブルウェアブランド「KINTO(キント)」から、キャンドルで温めるアロマディフューザー「AROMA OIL WARMER」発売。
ベルギーのレストラン「Gust’Eaux」が、ちょっと驚きの取り組みを発表した。トイレの水を浄化し、飲料水として提供するというものだ。
「Magic of Water」は無重力を楽しめるインテリアです。
今だからこそ欲しい空気清浄機「puripot L1」が「Makuake」で先行販売中。見た目はインテリアライトそのもの。有害物質を光触媒機能で分解して除去...
「Plasma Clear」は、外出先にも携帯できる空気清浄機。従来のものとは違い、細菌やPM2.5、ウイルス、トイレ・ペット・タバコのニオイ、ホルムアル...
「Sous La Vie」は、ホームレスになってしまった人にも美味しくご飯を食べて欲しいという思いから考案された製品です。
ビル・ゲイツ氏による毎年恒例の企画「夏に読むべき5冊の本」が今年も発表。今回紹介された5冊のうち4冊は邦訳が出版されているので、気になったものはぜひ読んで...
中国・西安に巨大な空気清浄機が設置された。周辺地域では、PM2.5の数値が12%も低いらしい。
世の中に出回っているもののほとんどは、白や黒など単色でシンプルなものばかり。インテリアではなく、あくまでも空気をキレイにする家電だから、デザイン性がややイ...
日本企業『株式会社クリエイティブトレーディング』が開発したドローンが話題になっています。その名も『Flying Magic Cleaner』。世界初の空飛...
突然ですが「スマッシングハーブ」を知ってますか? これは火をつけて使用するハーブのこと。浄化の儀式や瞑想時にネイティヴアメリカンがその煙を利用していたこと...
「Kickstarter」に、100%自然素材のフィルターで空気をろ過する空気清浄機「Briiv」が登場。3層からなるフィルターは、なんと「苔」「ココナッ...
表参道交差点に6月27日にオープンした「RAIZIN R番地 OMOTESANDO PARK」。都会のど真ん中に突如現れた公園って、どーなんよ?
江戸時代の終わり頃、世界遺産・石見銀山で鉱夫たちが使っていた「福面」は、日本最古のマスクといわれている。鉱山病を防ぐために使用していたこの防塵マスクの素材...
手のひらサイズの「TROPO」は、電動空気入れです。海水浴では浮き輪を、キャンプでは寝袋用エアーマットを膨らますことができます。逆の機能もあって、圧縮袋か...
乾燥機には真空ポンプが内蔵されていて、それが本体の中を減圧する仕組み。すると水分は100度に満たずとも蒸発するので、たった15分で洋服を乾かすことが可能に...
あなたの部屋には観葉植物がありますか?「ない」と答えた人の理由としては、「育てるのが難しそう」「どんな種類を買えばいいのかわからない」といったものが多いは...
中国の美しき山脈地・桂林をイメージして作られたランプ「GuiLin Lamp-scape」。光と反応することで、空気中のバクテリアや有害物質、匂いまで取り...
5月29日にアメリカで発表された「Skai」は、水素を燃料にして飛行する航空機。結論から言うと、水素自動車よりも先に普及するかもしれません。
圧縮袋が苦手だ。掃除機で空気を吸い込むタイプも、手でぐるぐる巻いて空気を抜くタイプも、うまく圧縮できたことがない……。