トマトソースを劇的に変える、プロのひと手間。

結局のところ、究極においしいトマトソースのつくり方は1つしかありません。特別な技術も、高い食材も必要なし。洋食の基本中の基本、香味野菜ペースト「ソフリット」を合わせるだけ。

香味野菜をじっくり、オリーブオイルで炒めることでできあがるソフリットは、ミートソースやカチャトーラといったトマトベースの料理だけでなく、カレー、シチューなど、洋食との相性も汎用性も抜群。

玉ねぎ、セロリ、人にんじんを、それぞれ2:1:1の割合で、にんにくとたっぷりのオリーブオイルで炒め煮にしていくだけ。プロはこの材料で1時間〜1時間半ほど弱火で炒めて仕上げますが、今回はすぐにできる方法のご紹介。

<材料>
A にんにく 1片
A 玉ねぎ  100g
A にんじん 50g
A セロリ  50g
・オリーブオイル 50ml

<つくり方>
Aの野菜をそれぞれみじん切りにします。鍋にオリーブオイルをひいたら、野菜をすべて加えて、フタをして中火にかけます。3分おきにフタを開けてかき混ぜ、9分間加熱。かき混ぜながら全体がきつね色になるまで10分ほど加熱します。火を止めて、粗熱が取れたら完成。 

完成後は密封できる容器に入れて、冷凍庫で保存。製氷皿を利用して小分けにすれば、使いたい分量ごとに分けられるのでオススメです。

じっくり炒めた野菜のうまみと甘みが、料理の味わいを引き立てます。また、たっぷりの油であげるように炒めることで、飴色玉ねぎをつくるのと同じように「メイラード反応」を利用。そのため、他の具材では替えのきかない香ばしさと深いコクが料理にプラスされますよ。

ミートソースのおいしさを引き出すカギは「ひき肉」。ほんの一手間で格段においしくなります。
新鮮なトマトを使って、ひと手間かけてでも試してもらいたいのが「焼きトマト」。これをトマト缶の代わりに用いれば、料理がプロ並みにレベルアップするんです。
市販のトマトソースだって少しアレンジを加えただけで、もっと魅力的に、フレッシュにいただけるのです。
「アメリケーヌ・ソース」とは、フレンチで使われる魚介の風味たっぷりのソースのこと。
久しぶりに訪れた兵庫県・神戸市で、地元の人に案内してもらった老舗洋食店が忘れられません。三宮・生田ロードにある「欧風料理 もん」。昭和11年創業の老舗洋食...
僕がこの記事の中で「Love Symbol #2」を使っていることをお許しいただけるといいのですが……。
ヤンニョムチキンの変化系がコレ。アメリカンな味のランチソースを投入すれば、こりゃもう、東洋と西洋のジャンクフードコラボです!
「本国でも売って!」アラブ諸国限定販売だった「MAYOCHUP(マヨチャップ)」なるものを求めて、アメリカが大騒ぎだとかで。
デミグラスソース、トマトソース、和風ソース…ハンバーグの定番ソースといえばこんなところでしょうか。でもね、肉汁あふれるハンバーグと一緒に食べるソースは、あ...
かつて、フランス料理において泡=タブーな時代がありました。漉しが足りなかったり、温度が高すぎたり…料理人はスープやソースから泡をなくすべく格闘していたので...
「HafH」はコーリビング(Co-Living=Community Living)を目的とし、住居とコワーキングスペースの両方を提供する新しい住居サービス...
人も食べ物も、見た目だけの情報で思い込んで決めつけてしまいがちな私たち。けれど、ファーストインプレッションだけでは得られない一面やストーリーが、そこにはあ...
冷蔵庫の片隅に、使い切れずに眠ったままのジャムはありませんか?朝食のトーストに毎日使っていても、なかなか減りませんよね。そんなあなたに知っておいてほしいの...
西部劇にも登場する「チリコンカン」。豆類とひき肉をトマトで煮込んだこの料理、食料が決して豊富でなかった開拓時代のアメリカにおいて、簡単なのに一皿でしっかり...
トマトの酸味はごはんともよく合います。ただし、チキンライス(ケチャップ)にしろ、トマトカレーにしろ、ごはんのおかずとなり得るには「じっくり煮込まれている」...
2015年にニューヨーク5番街にあったフラッグシップ店が惜しまれながら閉店。この度ロックフェラープラザにカムバックです。あの巨大鍵盤「THE BIG PI...
「ニョッキ」といえば、おもにジャガイモと小麦粉を練り合わせてつくるパスタの一種。レストランで食べたり、できたものを買ってくることはあっても、“自宅でつくる...
真夏の今こそ、このオイルだけは試してもらいたい!
冷蔵庫を開けた時に、トマトしかない。でもお腹を満たしたいし、美味しいモノを食べたい! ここでは「しかない料理研究家」の五十嵐豪が、そんなニーズに応えます。...
食べやすく、見た目も華やかなフィンガーフードは、さまざまなシーンで重宝できます。ここで紹介したいのは、米レシピサイト「Allrecipes」に掲載されてい...
冬に旬を迎えるホタテ。寒くなるにしたがって身が分厚くなり、甘みも増しておいしくなります。このホタテの旨味をいっそう引き立たせてくれる組み合わせがトマト。イ...
パセリが主役を張れるレベルの食材であることを実感できます。
料理名に「パイ」と付いただけで、とたんに難しく感じてしまう人がいます。それは小麦粉を練った生地でつくる料理のイメージから。でも、アイルランドには「コテージ...
在日3年のスイス人の友だちがいます。その彼が故郷を懐かしんでつくる料理があると聞き、教えてもらったのが「ゲシュネッツェルテス」という濃厚クリームソースの一...