高級レストランを飾るはずだった、あの「壁画」が…。

“ニュー・アメリカン・キュイジーヌ”を売りにおよそ60年前にオープンした、ニューヨークミッドタウンのレストラン「The Four Seasons」が閉店したのは2016年のこと。

このレストランに飾られる予定だった幻のアート作品があるのを知っていますか?制作者は世界的な画家マーク・ロスコによる『シーグラム壁画』がそれ。「絵で人の心を動かすこと」に生涯を捧げたロスコでしたが、経営側とのコンセプトが合わず、結局その絵が飾られることはありませんでした。

さて、ここに紹介するのはそのシーグラム壁画の模写。作品とレストラン、両方にリスペクトを払った不思議な作品をどうぞ。

もともとのシーグラム壁画を完全に模写するのではなく、 レストランの歴史からアイコニックな料理を表現しようとしたんですって。

たしかに、ロスコ作品にはあまりない色使いで、こっちの絵を見ながらの食事だったら食欲をなくすこともないのかも。

にしても…
なんだか変な質感

なんだかぶつぶつしていて変な質感…。

よく見るとこれ、お米なんです。レストランのキッチンからもらってきた本物のお米でつくられているんですって。

Henry HargreavesとCaitlin Levinによるこのプロジェクト、その名も「ライス- コ(Rice-Ko)」。食べものと芸術を融合させた、いわゆる“フードアート”なんですが、このサイズ感で米粒って、いったいどれだけの量が必要だったんでしょうね。

関連する記事

一人ひとりがサステイナブルライフのあり方を模索するオランダ。今回取り上げるのは、すでに同国で3つのレストランをオープンしている企業「Instock」です。
日本最大級のフードトラック・プラットフォーム「TLUNCH」に、「2020年のフードトラックトレンド」を教えてもらいました。
アジア最下位という日本のフードロス問題を解決するために、大学のカフェテリアでの取り組みや、全国のパンをお取り寄せできるサービス、フードロス削減に立ち向かう...
「株式会社Mellow」が提供を開始した「フードトラックONE」は、フードトラック開業希望者に向けたサブスプリクションパッケージだ。
「HONDA」が3月5日(金)から、市販車としては世界初となる「レベル3」の自動運転技術を実用化した新型「レジェンド」を発売。
日本最大級のフードトラック・プラットフォーム「TLUNCH」に、個性豊かなフードトラックの中から、特に注目すべき5つを選んでもらいました。
「寝ても覚めても料理がしたい」料理が好きすぎて、まだ食べられる食材が捨てられていくこと見ていられないという動機で「フードロス」に立ち向かう”もったいない料...

人気の記事

「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
今日もどこかで大切な人への甘いプレゼントを探している方のお役に立つべく、「食レポ」が苦手な人間が背水の陣で挑む「お取り寄せスイーツの食レポ」企画。第四回は...
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
12月10日、アメリカのアイスクリームブランド「ベン&ジェリーズ」が、人種差別撲滅運動を牽引する人物のひとり、コリン・キャパニックとのコラボレーションを発...