NY発「観て食べる」フードフィルムフェス。4月に東京開催決定

ニューヨークで13回目を迎えた「フードフィルム・フェスティバル」の日本初開催(4月17日〜19日の3日間)が決定。

食をテーマにした映像を「観る」だけでなく、スクリーンに登場する料理を実際に「味わう」ことで楽しむ“おいしい”フィルムフェスティバル。コマーシャル、ドキュメンタリー、ショートフィルム……毎年テーマに沿ったフィルムが選ばれ、おいしい体験とともに食にまつわる社会問題も取り上げることで、観客に考えるきっかけを提供するという裏テーマもある。

©The Food Film Festival NY
©The Food Film Festval Tokyo 2020

17日(金)は、過去13回のフードフィルムフェスよりベストセレクションを上映。NYのフードカルチャーを堪能する夜。

18日(土)は「未来につなげたい魚の食文化」をテーマにした作品が上映される。持続可能な水産資源のあり方について考える内容だ。

最終日となる19日(日)は、フードフィルムフェス主催者でバーガーエキスパートでもあるジョージ・モッツが来日。日米のバーガーショップが共演する、世界初のジョージ・モッツによるバーガーフェスになる予定。

上映後のアフターパーティーにも注目。なお、チケット発売を含めた各上映日の詳細は、公式ページにてチェックを。

『The Food Film Festival Tokyo 2020』

【日程】4月17日(金)〜19日(日)
・17日 18:30〜23:00 Best of FFF NEW YORK
・18日 18:30〜23:00 The Night Aquatic (seafood)
・19日 12:00〜18:00 George Motz BURGERFES
※時間はすべて予定
【会場】B&C HALL (品川区東品川2-1-3)
【入場料】17、18日 当日券1万1000円(税込)/19日 当日券1500(税込)より各種販売予定 ※価格はすべて予定 
【公式HP】http://ffftokyo.jp/

Top image: © The Food Film Festival NY
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
4月27日から3日間に渡り、伊豆半島で開催される「RAINBOW DISCO CLUB 2019」。
「寝ても覚めても料理がしたい」料理が好きすぎて、まだ食べられる食材が捨てられていくこと見ていられないという動機で「フードロス」に立ち向かう”もったいない料...
「フードロス(食料廃棄)」と聞くと、ピンとこなかったり、深刻な問題に聞こえる人もいるでしょう。でも、この問題を楽しく取り上げようとしている映画があります。...
映画『アイリッシュマン』を日本国内のスクリーンで観ることは諦めるしかない。日本では11月5日に「TOHOシネマズ 六本木ヒルズ」で3回上映されるのみ。チケ...
廃墟のもつ“美しさ”に注目し、見ているだけで廃墟のイメージが180度“変わる”写真展「変わる廃墟展 2020」が、3月6日より東京・浅草橋のギャラリー「T...