読書のセクシーさを訴える「本を持ち歩こう委員会」が発足

公式HPに飛ぶと、メガネをかけた男女二人の外国人モデルが登場。彼らはそれぞれ、電車の中、喫茶店で本を読んでいる。ただそれだけなのに、なるほどたしかにセクシーだ

「Reading is Sexy」

そんなスローガンを掲げる、ユニークな委員会が発足した模様。

たしかに、
知的でセクシーな人はいる。

1月30日に発足した「本を持ち歩こう委員会」は、本を持ち歩くすべての人が会員。つまり、あなたが意図しようがしまいが、本を持ち歩いていさえすればもう会員というわけ。

その使命はただひとつ。本を持ち歩くことのスタイリッシュさ、本を読むことのセクシーさを、 自身の姿を通して世の中に普及させること。以上!

とはいえ、冒頭の外国人モデルならともかく、そのハードルはなかなかに高い。そこで彼らは、「これを持ち歩いてほしい」という本をHPでオススメしてくれている。それぞれの紹介コメントにもぜひ目を通してみてほしい。書かれた言葉すら、なんだかセクシーだから。

彼らによると、一冊の本には、それぞれのスタイルがあるのだそう。その存在はもはや、読み物ではなく、知的にスタイリッシュに自己演出するためのワードローブ。そんな大胆な視点で、本文化をセクシーにする野望を持っているという。

出版不況が叫ばれ、本が読まれにくくなっていると言われる昨今。読書が、スマホやSNSなどに時間を奪われている状況の中、その価値を変え、本を新しく楽しむことを目的に設立された「本を持ち歩こう委員会」。もし電車の中で、イケメンや美女が小説を読んでいたら、任務を忠実に遂行している優秀な会員かもしれない。

Licensed material used with permission by 本を持ち歩こう委員会
女優志望のマルチクリエイター、「はましゃか」がたったひとりで立ち上がった……。
ほんと、人は見た目によらないし、継続は力なりだし、好きこそ物の上手なれ、です。
知識や教養を身につけるためにも、会話の引き出しを増やすためにも、読書ってとても大事ですよね。でも、習慣がないとなかなかできないのが読書というもの。そこで、...
読書の秋だ。本の素晴らしさって、どこにあるのだろうか? ウェブで情報がこんなにあふれている時代に、それでもまだ1冊の本を手に取る意味って何だろう?私たちが...
「自分の成長のために」と読書を日課にしている人も多いのでは?ここでは、日々の限られた時間、最低限の労力で、いかに読書を有効な「自己投資」に結び付けられるか...
オランダ人デザイナーThijs Smeetsによる多機能本棚「LiliLite」。山形の部分に本を置くと、ライトのスイッチが自動で作動するっていう仕組み。...
なんで若者はみんなSelf-Help本(自己啓発本)やビジネス本みたいなダサい本を読んでるのでしょう?紀伊国屋でもブックオフでも、上島珈琲のテーブルでもそ...
メリットだらけ、です。
「KAIDO books & coffee」は、旧東海道品川宿地区の北品川商店街にあるブックカフェ。今も昔も「旅」の玄関口である品川らしく、2階席には旅を...
ビル・ゲイツは年に数回、<Think Week(考える週)>を設けている。その間は本を読んだり、同僚が時代に取り残されないように、と選んでくれた資料に目を...
最後に図書館を利用したのが、いつだったかうろ覚え。という人も多いでしょう。たとえ本好きだったとしても。IC(集積回路)の導入とともにデジタル化が進み、利便...
より充実した読書習慣を送るために重要なのが、読む本を「選ぶ力」。本を選ぶには誰の意見を聞けばいいの?本当に良い1冊に出会うには?自分の成長のためにはどうし...
日本はあまり馴染みがありませんが、アメリカの図書館では本の貸出期限を過ぎると延滞料が発生します。そう、まるでTSUTAYA。『Los Angeles Ti...
本を選ぶ時、書評欄や書店員さんなど誰かのオススメから選ぶ方は多いでしょう。しかし、今や本もAIがオススメしてくれる時代なんです。ということで話題のAI書店...
本を模したライト「Book Light」。色は5種類で、“本”の開閉により変えることができます。本が好きな家族、友人、恋人に送ってみては?
「CoolBookmarks」は、本を愛するクリエイター「Lena and Dmitriy」がつくったブックマーク。読書好きの人にピッタリかもしれません。...
ニューヨークの夫婦の要望に応え、デザイナーがリノベーションした物件。シャイで好奇心旺盛な愛猫のために、専用通路や仕掛け扉を設けたうえ、たくさんの本を収納で...
イギリスの書店のあるツイートが驚異的に拡散され話題になりました。1991年からずっと売れ残っていた本が、ついに売れたんだとか!
「Contexts」は“音楽”と“本”をテーマにしたイベントで、粋なミュージシャンがライブパフォーマンスと共にお気に入りの本をリコメンドするという内容。こ...
本で得た知識こそが最高の貯蓄。「読みたい!」と思った本なら、迷わずすぐに買うべきです。ここでは、「本を買う」をキーワードに、無駄なく効率的に本を選ぶコツや...