【外見に騙されるな!】ジャンクフードのパッケージを、高級っぽくしてみた

商品の魅力を大きく左右する、パッケージデザイン。思わずパケ買いしたら「予想してた味と違った…」なんて、がっかりすることもしばしば。

でも、今回ご紹介する作品のように、ジャンクフードを高級パッケージ風にアレンジされてしまったら…。もう、潔く騙されるしかありません。

01.
高級感が溢れ出る
コンビニのサラミ

こんなに立派な包装だったら、缶ビールの「お伴」というには失礼な感じ?

02.
これが
「究極のジャンクフード」

いつもはカロリーが気になるから一気食いできないけど、別の意味でひとつずつ食べたくなる感じ。

03.
これって
ゴーフルじゃあ…

原色カラーのリボングミも、この通りお上品に。日本人にはものすごい既視感がある缶。

04.
ポップなシリアルが
シックな印象に

子ども向けシリアルが、紅茶の缶の隣にでも並べてありそうな雰囲気に変身。

05.
まるで小洒落た
クラフトキャンディー

この茶色の紙袋という絶妙な抜け感が、小洒落てます。

06.
スパークリングワイン
って言われたら信じる

アルコール入り炭酸飲料も、瓶に入れてグラスを変えればこの通り。

07.
中のクッキーは
個包装に違いない

こちらはグラハムクッキーにクリームをディップして食べるもの。「After」のほうはお小遣いで買える気がまったくしません。

大切なのは見た目じゃなくて
中身なのにね

これらのジャンキーなお菓子たちのセレブな変身は包装のみで、中身は変わっていません。でも包装が変わるだけで、同じものでも一気に高級に見えてきます。ジャンクフードにつきものの「体に悪そう感」も、一気に減るような…。黙って渡されたら、心なしかリッチな味に感じてしまうかもしれません。

これらを作ったのは、アメリカのアーティスト、ダン・メスさん。

「この作品に込めたメッセージは、外見の影響ってとてつもなく大きいけど、大事なのはやっぱり中身だよねっていうこと。同じモノでも、包装を変えるだけでまったく違う印象を与えることができるっていうことが分かるよね。でも、本質的には同じものなんだ」

そんなダンさん、普段はInstagramでSFマンガも描いているそうですよ。

Licensed material used with permission by The Regolith
インパクトのあるカラフルなイラストを得意とするMIKE HUGHESが描くのは、ジャンクフードに狂う人々。病的な感じもするけど、どこか幸せそうな人々の姿に...
2014年5月19日、当時国連の特別報告官を務めていたオリビエ・デシューター氏が、世界保健機関(WHO)の首脳会談で「不健康な食品はタバコよりも深刻な問題...
割れないよう安全に持ち運ぶ最適なデザインが、必ずしも現行のものでなくても良いのではないか?はじまりはそんなギモンからでした。
オレオにプリングルス、キットカット、レッドブル──。そんな誰もが知っているお菓子や飲み物のパッケージが、もっと“正直なデザイン”だったら?……と言われたと...
2015年にニューヨーク5番街にあったフラッグシップ店が惜しまれながら閉店。この度ロックフェラープラザにカムバックです。あの巨大鍵盤「THE BIG PI...
看板メニューは「ゴルゴンゾーラ・エスプーマ」 10種類のソースでムール貝を楽しめる、中目黒のフレンチビストロムール&ビストロ massa〒153-0051...
誰の目の気にせず、スキなものを好きなだけ。
ヤンニョムチキンの変化系がコレ。アメリカンな味のランチソースを投入すれば、こりゃもう、東洋と西洋のジャンクフードコラボです!
「子どもに安心して食べてもらえるお菓子」というコンセプトのもと誕生した長野のお菓子「オブセ牛乳」シリーズ。素朴なやさしい味わいとパッケージのかわいらしさが...
ぼくは、デブだった。健康な食事のことなんて考えたことがなかった。でも、どうしたら変われるのか知らなかったんだ。そして、食を学ぶことにした。これは、「食べる...
ミレニアル世代をターゲットにしている航空会社「Joon」。年々増える子持ちのミレニアルズを考慮してか、Cosy Joonという新サービスを開始です。
「FoodSwitch」は、自分が手にとったお菓子のバーコードをスキャンすれば、それよりもヘルシーな製品を教えてくれるアプリ。
古代文明からはじまり、約6,000年の歴史を持つとも言われている、ビール。一般的に手に入るビールから、地域限定のクラフトビール、一部のBARでしか飲めない...
ちょっとだけって思いつつ、お菓子の袋に手を伸ばしたらいつの間にかキレイに完食。最初はそんなつもりなかったけど、なぜか止まらなくなるんですよね。私はこのアニ...
「Incredible Edible」はイギリスの田舎町トッドモーデンから始まり、今では同国のいたるところで行われているフードプロジェクトです。
ヨーロッパやカナダで販売されているお菓子、ワインガム。ガムというよりも、グミみたいな食感で、国によってはかなりメジャーな存在です。
今日のココナッツオイルブームの火付け役とも言える女性起業家が、「ガマンしないオーガニックおやつ」の路面店をオープンしました。オーガニックなんだけど、ジャン...
人口およそ12.5億人のインド。国民の約8割がヒンドゥー教徒(外務省調べ)という信仰心の厚いこの国で、あるゴミの始末をめぐって人々が悩んでいた。日用品のパ...
群馬県で愛されているソウルフードのひとつ、それが「モツ煮」。モツ煮専門店がたくさんあるだけでなく、ラーメン屋やとんかつ屋でモツ煮がメニューに載っていたり、...
Fox 11 Los Angelesがそんなフリーウェイの様子をレポートしている動画には、フードトラックが営業を始めて、多くの人が並んでいる様子が映し出さ...
いくら会議しても話が進まない、取引先とのやり取りにも先が見えないーー。新しい閃きが欲しい!そんな時には、ネットや本ではなく「お菓子」を変えてみてはいかが?...
ノルウェーの首都・オスロに来たなら、ぜひ訪れたいのがグリューネルロッカ地区。アーティストや芸大生たちが好んで住まい、ヴィンテージやユーズドショップが通りに...
アメリカ・ニューハンプシャー州にあるアニマルシェルター。ここでは、ペットに食事を用意できないほど貧しい家族や高齢者に、ペットフードを寄付していました。しか...
色とりどりのお菓子で溢れるRaymondさんのInstagramアカウント。見ていると幸せな気分になってくる。驚きなのは、このクオリティーの高さで独学だと...