いつだって、マクドナルドのポテト(Mサイズ)があれば。

 

白いTシャツには、マクドナルドの紙カップ(Mサイズ)が合うね!

なんて話をまえにもしたけど、大事なものをわすれてた。

(もしかしたら)
これ、紙カップ以上、かも

 

白いTシャツ? 好相性なのは、それだけじゃないよ。オフィスの雑多なデスク、コンクリート打ちっ放しの壁、その無機質なパソコンの横にそっと寄り添ってもらってもいいし、午後のお散歩には、スマホをほっぽらかして代わりに連れていってもいい。あ、マクドナルドの、ポテトケース(Mサイズ)のはなし。

マクドナルドのポテトって美味しいよね、っていうのは大前提。ごめんだけど、味の話はここではしないよ。あえてね。

世の中にはいろんな「赤」があるよね。リンゴの赤、ばらの赤、あの子のリップの赤、秋の夕日の赤、オムレツにたっぷりかけるケチャップの赤。

どれもとてもきれいだけど、これだって負けてない。マクドナルドのポテトケースの赤は、とってもいい「赤」なんだ。なんのひねりもないけれど、ただただ、それだけを言いたい。とってもいい「赤」なんだ。

 

©2018 TABI LABO
©2018 TABI LABO
©2018 TABI LABO
Top image: © 2018 TABI LABO
他の記事を見る
SNSでは、頻繁にミームが作られています。スウェーデンのマクドナルドはそれを利用して、ユーモラスな発表をしました。
スタイリッシュもいいけど、暑い夏は「これ」が気分!
じゃがいもに無数の切れ目を入れてオーブンで焼く。たったこれだけの工程なのに、めちゃくちゃ美味しい!SNSで話題となるや、シンプルな調理法がウケて、じわじわ...
ドナルドがInstagramに参戦!?しかも世界10カ国を旅行中大手ハンバーガーチェーン「マクドナルド」で目にするマスコット、「ドナルド」が、ショップを飛...
17世紀ベルギー南部(ナミュール地方)で誕生したフリッツは世界中へと広がり、ハンバーガーのサイドを彩るフライドポテトとして、私たちの知るところ。今ではポテ...
南アメリカ在住のニュージーランド人女性ケイトさんは、過去にマクドナルドで働いていた経験があります。が、当初はその仕事に偏見を持っていたようです。ここでは、...
オーストラリアのファストフード店「Oliver's Real Food」のサイドメニューは、蒸したサヤインゲンや枝豆、トウモロコシなど健康的なものばかり。...
揚げてから時間が経ってしまったフライドポテトの残念さったらありません。ま、あれはあれで美味しいという意見もあるでしょうが。で、その残りものポテトでもおいし...
B.R.Fは、「Brooklyn Ribbon Fries(ブルックリン・リボン・フライ)」という店名のこと。このお店のモットーは「ポテトとジンジャーで世...
12月4日から12日まで、彼らは1セントで「ワッパー」を販売しています。ただし、ちょっと変わった条件があります。お客さんは、マクドナルドの店舗でバーガーキ...
さつまいもがおいしい季節になりました。定番の食べかただけでなく、せっかくならこんなアレンジはいかがでしょう。ポテトスキンをさつまいもで代用する「スイートポ...
フライドポテトにチーズとグレイビーソースがかかったカナダ・ケベック州のソウルフード「プーティン」。都内でも気軽に足を運んで食べられる店はいくつかあります!...
現在、ノルウェーのみで提供されているヴィーガン向けの「マックナゲット」。ヒヨコマメや人参、じゃかいもやカリフラワー、コーンや玉ねぎが使用されているとのこと...
マクドナルドで注文すると、トレイの上に紙のシートが敷かれていますよね。食べ終わったらいつもは捨てちゃうあのシートですが、オランダのとある店舗でとてもユニー...
フレンチフライ専門店「AND THE FRIET」が開発に数年かけた実力派ポテトチップス。
ポテトサラダの具を何にしようかは考えるでしょうが、「何を隠すか?」と考えたことはないはず。
フードクリエイティブファクトリー暮らしを楽しくするキッカケになる記事を書いています。「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を理念に活動する食と暮らしの企画制...
夜遅くから始める家飲みパーティー。コンビニでできあいのおつまみを見つけるのも楽しみのひとつですが、コンビニ食材だけでちゃっちゃとつくる、こんなサラダはいか...
まったくと言っていいほど、揚げものの印象がない大根。でも、そんなイメージを覆す「フライド大根」の美味しさに、多くの人が魅了されている模様。外はサクサク、中...
商品の魅力を大きく左右する、パッケージデザイン。思わずパケ買いしたら「予想してた味と違った…」なんて、がっかりすることもしばしば。でも、今回ご紹介する作品...