買った後でも「サイズや色」をカスタマイズできるバッグブランド

ファッションに、美しさだけでなく「機能性」が求められるようになって久しいが、イタリア発のバッグブランド「MOCA」もこの流れを汲むものだ。

いわば、モジュール式バッグ。内部にコンパートメントを設けるのではなく、本体自体を足してしまって容量を調整するという発想がおもしろい。しかも、本体とストラップの色の組み合わせは自由。とことんユーザーのニーズを満たしてくれるギミックが満載のギアとなっている。

ちょっとした外出から、長期の旅行まで対応できる汎用性の高さは目を見張るものがある。覚えておいて損はないブランドだろう。

もちろん、製造に関するすべての工程はイタリア国内の工場でおこなわれているので、高品質な仕上がりが期待できる。

©2019 Moca
©2019 Moca
©2019 Moca
©2019 Moca
Top image: © 2019 Moca
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
ミニマリストのためのブランド「less is」より、手のひらサイズに折り畳めるクラッチバッグ「手ぶらエコバッグ」が登場。ポケットに忍ばせて外出すれば、急な...
「fridge」のマルシェバッグは計6色。色選びが楽しい!
ここで紹介するのはイギリスのファッションブランド「Fabrikk」が売り出している製品で、何かを取り出そうとしたときにバッグを開けると中が明るくなる仕組み...
7月より始まったレジ袋の有料化によって、増えたエコバッグの利用。そんな中、海外でふつふつと話題になっているのがプロデュースバッグ。この記事では、まだ日本で...
8月31日、米「Amazon」が「アメリカ連邦航空局(FAA)」からドローン配送サービスに対する認可を与えられた。これにより、かねてより構想を発表していた...
「NEXUSVII」のトートバッグは、昨年の台風15号の後に千葉県内の被災地で使用されていたブルーシートを再利用。
#捨てられないバッグ の物語を、あつめました。
財布もスマホも入らないほど小さな「ミニバッグ」「マイクロバッグ」「ナノバッグ」が世界中でブームとなっている。バッグとしての機能はほぼ失われたトレンドのミニ...
TEMBEAのBOOK TOTEは、商品名の通り、本を入れるためのトートバッグ。
JETMINMINの「MARKET-L」は、「スーパーで買い物」がラクになるエコバッグ。
2018年の4月1日、バーガーキングはエイプリルフールのネタとしてチョコレート味のワッパーを開発したと発表。2020年の9月1日、台湾・台南に10年ぶりに...
ドゥーシュバッグの「The CIA」、グレゴリーの「カメラケース」、フェールラーベンの「カンケン フォト インサート」を紹介します。
raregemの「METO-Wide Black」は、自転車での使用を想定して作られたショルダーバッグ。
バッグに特化したイタリアのオンラインプラットフォーム「up to you anthology」のために「nendo」がデザインしたハンドバッグ「mai」が...
Kickstarterでクラウドファンディング中の「Hot Pocket」。シュラフ用バッグであり、電気ブランケットとしても使えます。
先週26日(金)、トートバッグ専門店「ROOTOTE(ルートート)」が、デザインオフィス「nendo(ネンド)」とのコラボレーションバッグ「ruck-to...
「長田工業所」が自社の工場を開放して作った、溶接や金属加工で遊べて学べる溶接のテーマパーク「アイアンプラネット」が、2、3号店をそれぞれ栃木と神奈川にオー...
「ロエベ(LOEWE)」から初となる「ホームセンツコレクション」が登場。アロマキャンドル、ルームスプレー、ディフューザーなどがラインナップされているのだが...
使えて語れて格好いい「CHROME」の注目ライン「MXD COLLECTION」のバッグ「MXD PACE」は、ファッションにも気を使いたい若手のビジネス...
菌の増殖を抑えつつ、時間の経過とともに徐々に菌数を減らす効果のある「制菌加工」を施した、衛生的で持ち運びもラクラクな「制菌エコバッグ」が誕生。
「MOTTERU」のマルシェバッグは、“スーパー使い”のエコバッグの決定版です。
気分がアガる「THE CONRAN SHOP」のオリジナル メッシュ ショッピングバッグです。
ニューヨークを拠点に活動する現代アーティスト、トム・サックスとスポーツブランドのナイキがコラボしたレインポンチョ。ウエストバッグに収納されたポンチョは、コ...
カラフルなアフリカンプリントをあしらった「RICCI EVERYDAY」のバッグや小物は、Nsubrua(水の波紋)をあしらっていて、街の雑多感の中でも、...