100万個以上の「点」だけで描かれた作品がスゴイ・・・

獰猛なヒョウの表情を
生き生きと描いた一枚の絵

34a3772bd060252cc23aae2ed768f539efa6a184

そこには、ある秘密が。

4e56fdae2e31c4f390bd71fb62856a58cef98527

近づいてよ~く見ると…
すべてが点で描かれていた!

4a7ec0daeb8fd0168da86d52d10786742a6eae44493941d687b3adbd80afaf9c1b81d7ab6b9a64ca

フランス人アーティストのXavier Casaltaさんは、点の集まりだけで絵を描く、「点描画家」。紹介した作品「Leopard」は、ペン先の太さわずか0.1mmの超極細ペンを用いて、ただひたすらに点を落とし続けた大作だ。なんと、完成まで100時間。気の遠くなるような地味な作業だが、こうして完成品を見れば、点だけで描かれているとは到底思えない。

3dbd68979acbc4e5b5af3453f68d75762c73084a

「少なくとも100万個以上はドットを打ち続けているかもね」

集中力と根気を必要とする作業。Casaltaさんは、背中を丸め黙々とペン先を落としていく。作品と向き合い、毎日同じ作業を淡々と繰り返していく。23歳にして、早くも貫禄をかもし出すその背中には、「職人」の風格さえ漂っている。

もちろん、この植物も点描

5c678d794f5caf6f9bf07e5f19292d685ab25dcdAcb6879a536a43a7438d24c2de6ce94765902e6bA2cdf0b43b5a6da9caccd494087d21a84de7f3ef04f92c6226c703f2796392894f01759df84b7761

「生きもの」だって
ご覧のとおり

D54b23ce14283b6144b19034a80d7683112e26f10fb0a49983ed6eaac015d34d09d62dfef7d74f3e7f7c2fba1a557d39cc25d847e6967b73ed5e3743

髪の毛やヒゲが
線でなく「…」

B13af831aa9c39f2a3767fe5057c987c5139bdc7

レンガの表情や陰影を
よく捉えている

2da22518da3a6625b934ffe3979c7418d37793b07254082559529607916d3725a2d2cc6daf829ad9

現在、彼は点描をメインとしたレタリングやイラストなどにも精力的に挑んでいる。わずか、0.1mmの点から生まれる「点描ワールド」。メイキングの様子は以下の動画から。

Licensed material used with permission by Xavier Casalta, Facebook, Instagram
私ははじめ、この絵を「キレイだな〜」ってなんとなく見ていた。でも、Iris Scottという女性が指で描いていると知って、思わず二度見。画面いっぱいに描か...
いまから3年前、東京でとあるアーティストが作品製作をはじめました。名は「Mr.HEAD」。清掃業から芸術の道へと転身した芸術家です。
まずは、作品を見てみましょう。とても16歳の少女の作品とは思えない油絵ではないでしょうか。しかも、描いたディミトラ・ミランが本格的に絵の道を志したのは、わ...
世界に1%程度と言われている、両利きの人。そんな珍しい「両利き」の日本人アーティスト、Toruさんはさらに珍しい技の持ち主。なんと、両手それぞれで、しかも...
れっきとした世界三大料理のひとつトルコ料理です。
焼きたてハンバーグをカットして上から押すと、断面から肉汁がジュワ〜。あれ、自宅でも再現可能です。
90年代前半に放送されていたNHKのテレビ番組『ボブの絵画教室』で人気を博した、アフロとヒゲのもじゃもじゃ画家、ボブ・ロスの話を紹介します。30分番組で初...
マスメディアの広告は商品を宣伝するが、アートは、人間や社会にとって大切なものを宣伝している。幸運なことに、僕たちのまわりには多くのアートがある。広告では忘...
『光の館』は、新潟県十日町市で3年に一度だけ開催されている世界最大級の屋外芸術祭「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」に展示されている作品のひとつです。
本作品のタイトルである「YARN」は、アイスランド語で「糸」を表す言葉。この物語は、彩り豊かな糸によってアートへ昇華した「編み物」にスポットライトを当てた...
すべて「生」の野菜からできたアクセサリー。
イギリスのアーティスト、Tammillia Eloiseさんは、楽器をキャンバスとして使って、自分の世界観を描いています。彼女の色とりどりの世界が、楽器か...
そう、これはどんなおうちにも転がっている、あの「タマゴ」の話。料理に欠かせない食材であることは誰もが知っていますが、まさかアートに昇華しちゃうなんて。これ...
インド東部、最貧困州といわれるビハール州の小さな村にある学校で、2010年国際的な芸術祭「Wall Art Festival(WAF)」が始まった。目的は...
世の中には、様々なアーティストが存在するが、ペーパーカッティング・アーティストのPippa Dyrlagaもその1人。彼女が使うツールは、紙とペンカッター...
フランス近代絵画に造詣が深い高橋芳郎さんの著書『「値段」で読み解く魅惑のフランス近代絵画』(幻冬舎)では、19世紀後半のフランスにおける近代絵画の「隆盛の...
写真と見間違えるような、精密な肖像画。これ実は、たった1本の鉛筆で描かれているんです。手がけているのは、23歳のナイジェリア人アーティストKen Nwad...
シンガポールでβテストが行われているシェアリングキックスケーター「Scootbee」の紹介です。
ムンク、ゴッホ、ピカソ…誰もが一度は目にしたことがある有名どころの絵。それらをポップなトーンで落書きしているのは、バングラディシュのアーティストDoodl...
Vhilsのグラフィティは、壁にペンキやスプレーで色を塗って描かれているのではない。火薬で「爆破」して描いているんだ。すべてのグラフィティが、爆破によって...
ゲームや漫画のキャラクター、ドリンクブランド、ファーストフードブランド…見覚えのあるポップアイコンが破滅している。そんな世紀末的な作品を描いたのは、チェコ...
ニューヨークのアーティストKevin Champenyさんの作品も、見る人によっては「ゾッ」とするようなものかも。でも、一体これは何なの?って、ついついズ...
現在、夏会期が開催中の瀬戸内国際芸術祭2016。会場の一つである豊島は、「豊島美術館」や「心臓音のアーカイブ」、さらには、スプツニ子!が手がける「豊島八百...
歴史に残る名画に、“動き”をつけたらどうなるか?そんな疑問を、「モーフィング」という映像技術を使って再現してしまったのは、イタリア人映像作家Rino St...