「あの子、モナリザじゃない?」。いつもと雰囲気が違うじゃん。

ちょっとワルな感じを漂わせながら街を歩くのは、かの有名な作品たち。都会に馴染むその様子を見ていると、いったいどんな性格で、どんな暮らしをしているのかを想像してしまう。

世界の名画を思いもよらぬ形に作り変えたのは、グラフィックデザイナーとして活躍する高岡周策さん。現代の若者のような姿はショッキングなんだけど、なんだかクスッと笑えてくるんです。

隠しきれない「カリスマ性」

裸じゃないけど、神々しいヴィーナスさん。

もう、清楚系はやめたんですね。

モナリザさん、イメージがずいぶん変わりましたよね?

なんとなく、声をかけづらい2人組。

ワンちゃんとスマホ。あの純粋そうな少女が、都会っ子になってる。

ゴッホとモナリザの意外な2人の熱愛が発覚!?

まさかの二股疑惑が…。

いやいや〜遊びすぎですよ!

高岡さんは、「もっと自由に制作をしたい」という気持ちから、このユニークなコラージュを作ったのだそう。

今まで私は、芸術作品にどこか堅苦しさを感じていました。でも、いつもよりカジュアルな彼らを見れたことで、これからは前よりも身近な存在に感じられそうです。

Licensed material used with permission by @shusaku1977
いくら世の中で名作と呼ばれていても、芸術作品というだけで“お堅いイメージ”がある。気難しい顔をした『ゴッホの自画像』、すました顔をした『真珠の耳飾りの少女...
ある日、とある美術館に飾られたポートレートに、描かれていないはずの「足元」が出現しました。これは、上半身だけのポートレートに下半身を描く「Portrait...
ゴッホといえばバブル期の1987年、53億円で落札された名画「ひまわり」が有名だ。当時、美大の女の子とつきあっていた僕は、話題沸騰の絵をすぐに観に行き、そ...
Jane Perkinsさんは、使い古されたボタンやオモチャなど、いわゆるガラクタを再生させるアーティスト。一つひとつに“違った物語”が詰まっているモノと...
「HafH」はコーリビング(Co-Living=Community Living)を目的とし、住居とコワーキングスペースの両方を提供する新しい住居サービス...
久しぶりに訪れた兵庫県・神戸市で、地元の人に案内してもらった老舗洋食店が忘れられません。三宮・生田ロードにある「欧風料理 もん」。昭和11年創業の老舗洋食...
その佇まいは、大切な人から届いた手紙のようです。手紙というのは、書いた人の気持ちが込められたものであり、人を喜ばせる魔法の力を持っています。あの名作文学を...
砂漠とヌード女性。かっこいいコラージュ作品なんだけれど。よく見ていると、ほのかな「違和感」に包まれる。でもそれすらも結局は「かっこいい」と思ってしまいます。
さほど美術に詳しくない人でも、一度はフィンセント・ファン・ゴッホの作品を目にしたことがあるはずです。そんな彼の生涯を描くアニメーション映画が、現在ポーラン...
富山県高岡市で、今秋、国際北陸工芸サミット『工芸ハッカソン』が行われる。富山県高岡市は、金属工芸や漆芸の技を400年以上受け継ぐまち。工芸がこれまで出会っ...
ニューヨーク、ローマ、パリの街中で、折り紙ドレスを着たバレリーナを撮影するプロジェクト『Pli.e Paris』。
すべては、「偶然」から始まったそうです。
もともとは、ポートランドのNPOが若者支援のために始めた取組み。LGBTやホームレスなど、社会に溶け込んで生活することが難しいと感じる若者たちが、うまくな...
1988年7月の劇場版公開から30年。当時描かれていた東京の姿とは?
パティシエが作るお菓子はとても美味しそうですが、デザインのプロが手がけたクッキーは…キュート&カラフル!パントーンを選ぶところがさすがプロ!細かいアイシン...
中国・上海から100kmほど離れた海寧市。この都市に最近オープンしたセレクトショップ「Dear So Cute」が、淡いピンクとホワイトを基調とした内装で...
世界の名作と一体となったファッションに、心を刺激されてウキウキしてしまう。実際に会って話したこともないのに、写真からは大好きって言葉が聞こえてくるような気...
栃木県小山市には、ユネスコ無形文化遺産に登録されている「結城紬(ゆうきつむぎ)」という伝統工芸があります。小山で本場結城紬の技術を学んでいる「紬織士」の方...
大人になっても「良い子」を演じ続けてしまう人へ、『THE SCHOOL OF LIFE』がその生き方の問題点と、解決策を紹介しています。
あの子も、この子も、そして、わたしも。
水圧転写させて絵画を描く「エブル」は、マーブリングを意味するトルコ語で、墨流しなどと類似しており、水の上に絵を描く特殊な技法です。と、小難しい話はさておき...
そう、これはどんなおうちにも転がっている、あの「タマゴ」の話。料理に欠かせない食材であることは誰もが知っていますが、まさかアートに昇華しちゃうなんて。これ...
あえて、「虫食い穴」を楽しみたい。
スロバキアのブランド「NOVESTA(ノベスタ)」。その名作「STAR MASTER CLASSIC 10」の紹介です。