スーツで乗りたい!電動二輪車「Z-Scooter」

バルセロナにあるデザインスタジオBel&Belがつくった「Z-Scooter」。

見てすぐに分かる通り、イタリアのオートバイメーカーPiaggioが販売しているアレと、電動立ち乗り二輪車を開発した企業のアレに影響を受けたデザインですね。それらをフュージョンさせちゃったってわけです。

ゆえに、スーツスタイルでキメるのが似合います。コーヒーも片手に持てるし。

©Z-Scooter / Bel&Bel
Top image: © Z-Scooter / Bel&Bel
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
アウディが電気自動車「e-tron」の新モデルとして「e-tron Scooter」を発表。電動スクーターとスケートボードを組み合わせたような4輪のパーソ...
アメリカの心理学の調査によると、現在の10代のZ世代たちはスマートフォンの世代。スマートフォンが原因で家族や友達、または恋愛に対しても消極的になり、画面と...
11月5日、立ち乗り電動二輪車だけでなく電動キックスクーターや電動一輪ローラースケーターを展開する「セグウェイ」が、新製品として「電動オフロードバイク」を...
ポルトガルでも、電動スクーターのシェアリングサービス「Lime」が人気を集めつつあります。彼らの発表によると、ダウンロード数も増えていて、トラベルカテゴリ...
「渋谷キャスト」で開催される、たった一夜限りの「東京夜市」。大人が楽しめるナイトマーケット。
サッカー観戦や世界遺産巡りももちろんいいけれど、みなさんはバルセロナの街並みを上から見下ろしたことはありますか。ひとりの写真家が上空から撮影した、芸術的す...
韓国のクルマメーカー、現代自動車(ヒュンダイ モーター)が先月26日に発表した電動スクーター。将来的には、ヒュンダイや起亜などヒュンダイモーターグループの...
〈Chaco(チャコ)〉の「Z/VOLV(Z ヴォルブ)」は、クッション性、アッパーのフィット感を高いレベルで実現しています。
きっかけは、ある調査で確認した衛星写真。Adam Voilandさんは、カナダで観測された火山灰の影による「Vの字」を見て、NASAの写真を使ってアルファ...
ペットのセルフウォッシュができるバルセロナの「Fresh Animals」はオープンな空間で、みんなで使えるようになっています。変わりゆく時代を象徴するひ...
東京・渋谷の「CLUB TK SHIBUYA」。今夜も終電後に盛り上がりはピークに。女の子たちをシューティング。
バスク州ビルバオを本拠地とするアスレティック・ビルバオのホームスタジアム「サン・マメス」。
8月25日(日)から31日(土)まで、表参道の「FABRIC TOKYO」にて、女性のための「メンズオーダースーツ」採寸イベントが開催。
2020年の東京オリンピック・パラリンピックに採用が決定したBMX。その車両のブレーキがママチャリとは反対の「右が後輪、左が前輪」の理由とは?
バルセロナのショッピングモール「L'illa Diagonal」の25周年を記念して、同施設の屋上に設置されたアート。ワイヤーメッシュで創られたそれは、角...
以前にも「World Topics」の記事でご紹介したオレオのインスタアカウント。彼らがまた挑戦的な投稿をしました。
「コニカミノルタプラネタリウム天空 in東京スカイツリータウン」の音楽イベント「LIVE in the DARK」。本公演には3度目の出演となるmoumo...
ヨーロッパではグローブにさまざまな動物の革を使用するのに対し、アメリカでは「ディアスキン<鹿皮>」一辺倒。その理由とは?
2017年、バルセロナで開催されたデザインコンテスト「7th jumpthegap」で大賞を受賞した『Panacea』。置く場所やシーンによって、形を変え...
高い壁で外界から囚人を遮断する刑務所。閉鎖的な空間をイメージしがちですが、スペイン北部のエル・ドゥエソにあるソレは少し違うよう。
花一輪をプレゼント……はキザでも、ワイン1本ならプレゼントできちゃうかも。
そんな簡単な贈り物にするのだっていい、エチケットの花一輪が可憐で愛らしいアルゼ...
日本のテクノロジーとスペインのデザインを融合させることで、大きなシナジー効果が生まれます。今回は、他の欧米諸国ではなく「なぜ、スペインのデザインなのか?」...
これは、デンマークの自転車ブランド『Biomega』が、2021年から2023年ごろにリリースすると発表したEVコンセプトカー『SIN』です。
大量の情報、商品、買い方の前に正しい判断に迷う「買物ストレス」が増加する中、もっと気軽にオーダースーツを楽しんでもらいたいとの思いから、「THE SUIT...