お箸でつながる支援プロジェクト「はしながおじさん」

もともとは、アメリカの女性作家ジーン・ウェブスターによる小説。主に両親のいない子どもに金銭的な援助をおこなうが、しかし、その正体は絶対に明かさない。現代日本では、広く学生への援助者の意味で用いられている──。

と、この説明はあくまでも「あしながおじさん」について。きっと一度は耳にしたことがあるはずだ。でも、ここで紹介したいのは「はしながおじさん」というプロジェクトの存在。

あなたが「お箸」を買うと…

これは、対象のお箸を購入すると、それとまったく同数のお箸が児童養護施設の子どもたちに贈られるというもの。漆箸の老舗メーカー兵左衛門と箸専門店にほん箸、デザインプロダクションのトータルデザインセンターの3社が立ち上げた支援プロジェクトだ。

お箸を扱う会社にも
できることがある

気になるプロジェクト発足の背景はこうだ。

そもそも、日本全国には約600の児童養護施設があり、様々な理由で約3万人の子どもたちが生活しているそう。その多くはサイズが合わなくなったり、多少傷ついたりしても、はじめに手にしたお箸を大切に使い続けているのだとか。

でも、新しいお箸を使うと、いつもの食事が美味しく感じられたり、楽しく、あたたかい気持ちになれたりするもの。そこで、贈った人も贈られた人も笑顔になれる仕組みを作ろうという思いから、先の3社が手を組んだというわけ。

まずは、東京と岡山の「にほんぼう」およびオンラインショップで販売を開始し、2017年4月からは全国の百貨店へも展開している。サイズは大、中の2種類で、価格はともに1,500円(税別)。お箸という身近なものを通じてできる、こんな支援の形があったなんて。

Licensed material used with permission by はしながおじさん
これまで幾度となく世間が注目するPRに成功してきたケンタッキーフライドチキン。そして、そのアイコン的存在である「カーネルおじさん」。先日、DJとして参戦し...
畳に使われる「いぐさ」が実は食べられるってことを知っていますか? 食物繊維はレタスの約60倍で、お腹の環境を整えるのに抜群の効果を発揮してくれるそうです。...
食事の席でつくられた箸袋の創作物をTIP(ありがとうのしるし)に見立てる試み「JAPANESE TIP」を紹介する。2012年からプロジェクトがスタートし...
できたてのハンバーグステーキが、じゅうじゅうと音を立てながら運ばれてくる。そんな様子を、思い浮かべてみてください。こんな時、どうしても「お箸で食べたい!」...
2021年1月16日まで、カナダ・オンタリオ州トロントの地下鉄車両内で「心の健康」に関するプロジェクト「Life on the Line」がおこなわれてい...
今回は「りくろーおじさんの店」のチーズケーキ。大阪人なら「551蓬莱」と並ぶくらい必ず知っているフワフワでアツアツでめっちゃおいしいチーズケーキの魅力を紹...
子どもがパクパクと自分でご飯を食べれるように。いよいよお箸のトレーニングを開始!でも、なかなかうまくいかない…。そんな悩みを解決するスプーンが登場しました...
「もしも、猫と人間の役割が入れ替わったら?」飼い主の猫Steveと、ペットの人間Manfriedの織り成す日常を描いたマンガ「Manfried the M...
オンラインストア「サウナマーケット」は、Tシャツやステッカーなど施設のグッズや画像、前売りチケット(準備中)が購入でき、その売り上げでサウナ施設を経済的に...
こんな綺麗に重なること、ある???
毎年話題の「Australian Firefighters Calendar(オーストラリアの消防士カレンダー)」から、2021年版が登場。28年目を迎え...
経済成長を直に感じると、自信に満ち溢れてくるのかもしれません。インドで設立された学校「Akshar Forum」が活気づいています。
神秘の国トルコ、といえばアイスクリーム!とは言わないまでも、あの粘り気のある「トルコアイス」は知っている人も多いですよね。ここで紹介するのは、YouTub...
ある日Instagramを見ていたら、カラフルなニューススタンドの写真が目に止まった。なんだか不思議な魅力を感じたのだけれど、一体どうしてニューススタンド...
とあるサイクリング用の通路上に、道を塞ぐように駐車されていた迷惑車両があった。しかし、そこをたまたま通りがかったのは1人のおじさん。なんとこの人、自力でそ...
毎日ミュージックビデオを紹介する連載企画。今日は、Vladimir Cauchemarの『Aulos』です。
一見「デコレーションケーキ」、解凍すると「パスタ」に大変身する商品「Decopa」。監修は、ヒルトンやシェラトンなどで経験を積んだ本格フレンチシェフ・井川...
食事への集中を妨げる主要因となっているスマートフォンを手放し、食事と向き合うことをサポートする「バランス皿」。
箸置きはもういらない!と言わんばかりの便利な道具が開発されました。ひし形に設計されており、持ち手を重くすることで、テーブルに置いても先端部分が浮く仕組み。...
インターネットが登場して、ジャーナリズムは劇的に変化しました。テレビの時代は情報を受け取るだけだったのが、オンラインのニュース記事にコメントをつけて双方向...
WEBサイトからドリンクボトルを注文し、ボトルキープができるプロジェクト「Bottle Keep Tokyo」がスタート。元気をくれた馴染みある飲食店を支援
サッポロビールが取り組む「ほっとけないどう」プロジェクトの一環として、札幌市の常設BARでスタートした「カンパイ・ファンディング」。乾杯分の売り上げの一部...
気分の落ち込みや不眠といった症状として現れることもある「コロナ疲れ」が問題になっているなかで、イギリスで生活に悩む人へのヘルプラインを提供する慈善団体「C...
デンマークのコペンハーゲンに誕生した「CopenHill」は、ごみ焼却・発電施設でありながら、スキーやハイキング、クライミングなどが楽しめる、サステイナビ...