肉体を攻撃していなくても「虐待」につながる30のサイン

虐待と聞くと、つい「肉体的な攻撃」をイメージしてしまうけれど、「I Heart Intelligence」の記事によると、その考え方では不十分らしい。

ここで紹介する項目は、ケガを負わされたりするわけではないから、両者ともに認識しづらい側面がある。でも、「放置しておくと従来のソレよりもはるかに大きなダメージを受ける可能性がある」とはライターRAVEN FONさん。

彼によると、解決へのファーストステップは、まずそれが虐待であると認識することなのだとか。

知らないうちに悪化していく

3eb9f0ae9a32bc9c57032189dafc28dddfde83e6

虐待には、精神的なものも存在して、この影響はとても大きい。怪我が見えるわけではないから気づけないし、その方法は巧妙で目立たないから虐待として認識するのが難しい

だからこそ、被害者が知らず知らずのうちに、ダメージを負ってしまっていることがある。最初は対応できるかもしれないけど、時間が経てば鬱や不安障害、PTSDになってしまう可能性もある。

01.
人前であなたを辱めて、馬鹿にする

02.
願いや欲望、意見を無視し、尊重しない

03.
嫌味な言い方をして、恥をかかせるように仕向ける

04.
「傷つきやすい」などとあなたを非難し、自分の虐待する理由を正当化する

05.
何もできない子どものように扱う

4eaf7cbb5a9486252714c02ec4568fa692541d36

06.
どんなに小さな間違いも見逃さず、精神的に追い詰める

07.
何をするにも、どこへ行くにも、許可をとるように求めてくる

08.
お金をしつこく要求してくる

09.
願望や夢を馬鹿にして、どうせ実現できないと言う

10.
絶対に自分の間違いや過ちを認めず、わがままに行動する

11.
変な沈黙を作り、自分の納得する言葉がでるまで口を開かない

12.
ルックスに文句をつけ、欠点に目を向けさせる

7db8cd9d3bd48022d2e8d1a08e0ef6764728f456

13.
自分と同じように考えることを強制してくる

14.
非難されても、それを受け入れない

15.
軽蔑していることを指摘しても、聞いてくれない

16.
間違いを棚に上げ、正当化するための言い訳をする

17.
質問をしても、見下して答えてくれない

18.
あなたに全ての原因があると思い込ませる

19.
あなたのことを馬鹿にした名前で呼ぶ

20.
感情を隠し、話し合うのを拒否する

21.
拗ねて、あなたの注意を引こうとする

E7a96bf0d7519f435bffbc2f346f47dc78b5a952

22.
同情のかけらも見せない

23.
あえて自分を責めて、あなたが虐待をしているかのようにごまかす

24.
独り立ちできないように、必要以上にかくまう

25.
感情への関心が全くない

26.
仲間・恋人意識を強め、行動を共にするように強制する

D0e86020e3fc42892f7308510961645c57724712

27.
重要な情報を隠し、コントロールしようとする

28.
自分に自信がなく、あなたのプライベートなことまで全て相談する

29.
虐待していると言うことを決して認めない

30.
見えないような強迫をして、コントロールする

精神的な虐待と戦うのは
認識することから始まる

59c432a7cee98b10c6e74a882a23c25bb071bed6

もし、この30のコトを経験した人がいるなら、あなたの友人やパートナーとの関係は考え直した方が良いかもしれない。世の中にはより良い人がたくさんいるはず。ストレスから解放されて、新しい人生を歩み始めるのも手だ。

Licensed material used with permission by I Heart Intelligence
物理的な暴力とは違って、なかなか分かりにくいのが心理的な虐待。あなたも知らずの内に、被害者になってるかもしれません…。ここで紹介するのは、精神的な攻撃をし...
「赤ちゃんポスト」に「ゆりかごプロジェクト」。赤ちゃんの虐待死を防ぐため、これまで多くの施策が打たれてきました。しかし、今でも2週間に1人、生まれたばかり...
小学校へ通学せず、自宅学習という方法を選んだ、10歳の哲学少年こと中島芭旺(ばお)くん。学校でいじめにあっても負けることなく、その小さいカラダからは想像で...
コミュニケーションがデジタル化している現代から、ホログラフィーでさえも触れるようになる未来へ。「人間の身体にはどんな意味が見出され、どのように変わっていく...
7社を渡り歩き、マーケッターとして成長していく中で夢であったコピーライターの道を選んで独立。業界経験は十分だった彼女が直面した問題、フリーとなって気づいた...
「Power of Positivity」に掲載されていた、恋人と別れるべきサインをまとめた記事から、一部を抜粋して紹介しましょう。恋人との関係に疑問を感...
Mark Divine氏はアメリカの特殊部隊ネイビーシールズに20年間在籍していた元隊員です。格闘技を30年間、ヨガを15年間、それぞれトレーニングを積ん...
アーティストのDiego Morenoは、皮膚が硬化し、臓器にも異常をもたらす全身性強皮症で苦しむ大叔母さんの姿から、怪物と人間が共存する「Guardia...
いま、世界中で1本の指だけにマニキュアを塗る男性が現れているという。ファッションとしてではなく、どうして男性がそのような行為をするのか?そこには、悲しい理...
衣類や食品、生活雑貨のイメージが強い「無印良品」。まったく同じコンセプトで家も販売しているんですよね。
誰だって人に言えない、だけど本当は人に聞いてほしい悩みを持っているもの。ニューヨークの小学生、Ciroくんもそんな悩みを抱えていた経験があるそうです。11...
10代の頃に思い描いた通りの順風満帆な人生を送れている人は、それほど多くはないでしょう。だからこそ、0がつく誕生日を人生の節目としたり、ターニングポイント...
何かと厄介なオンナ対オンナ。対立的だったり、繊細だったり、気分の浮き沈みが激しかったり…。もちろん一緒にいて楽しいこともたくさんありますが、女子が群れてひ...
仕事、会社、結婚、住まい…。自分の人生は、本当にこのままでいいのだろうか?30代になると、そんな不安が一気に押し寄せてくるもの。ここでは、書籍『30代のあ...
人生についていろいろ考えはじめちゃう、20代後半。確かに何歳のときでも悩みは尽きないんですが、とくに30歳になる前に知っておいてもらいたいことが「Elit...
デビッド・ベッカムは、大のタトゥーフリークでもあります。ただし、その刻まれた数々のタトゥーは、彼の愛する妻や子どもたちの名前、大切な家族を表していると言い...
なかなか馴染みがないクラシックコンサート。ですが、一部のビジネスパーソンや海外では、教養を深めるため、そしてネットワークを構築するために愛されています。その
30代は、20代で得た知識をフル活用していける最高の年頃です。「Elite Daily」に寄稿する女性ライターLauren Martinさんがまとめた「3...
もし付き合っている相手が、自分に対して不満を抱えているとしたら…。後々、「まったく気付きませんでした」とはなりたくない。特に、手遅れになるようなことには。...
「Elite Daily」の人気女性ライター、Zara Barrieの魅力はけっして周りに流されないところ。自分の芯を強く持ち、つねに我が道を行く彼女を見...
Samantha Fryzolにとっては、人との繋がりを、いつ結んでいつ絶つべきなのか、その判断を下すタイミングが最も難しかったそうです。もちろん彼女も大...
30代は人生において活力に満ち、転機を迎える時期。フォトグラファーのStephaneさんとライターのAnneさんは、世界中の30代にフォーカスしてポートレ...
クリスマスなのに金欠、恋人もいない。そんな人でもいつかの無邪気なクリスマスを再現することで、お金をかけずに、友達と最高に楽しい思い出を作ることができるはず...