他人を精神的に追いつめる人に共通する「13のこと」

物理的な暴力とは違って、なかなか分かりにくいのが心理的な虐待。あなたも知らずの内に、被害者になってるかもしれません…。
ここで紹介するのは、精神的な攻撃をしてくる人が持つ13の特徴。自分の心とカラダがボロボロになる前に、彼らとは離れた方がいいかも。

実はキケン…
身のまわりに潜む
心理的な虐待

141193381

精神的に責める人。彼らは、知ってか知らずか相手の自尊心を傷つけていきます。虐待によって危険な状態にある14歳以上の846人の子どもを調査したところ、最も多かったのが心理的な虐待。相手に恥をかかせたり、コントロールしようとするケースが多く、被害者は自信を失い恐怖さえも感じるようになるのです。
この虐待は、どんな人間関係でも起こり得ます。もしパートナーや友だち、上司が次の言動をとっていれば注意が必要です。

01.
常に人前で恥をかかせようとする

Blamed for mistake

02.
あなたの成果を過小評価し、できない、完璧でないと批判する

03.
人が傷つくような冗談を平気で言う

04.
「○○しないといけない」と、行動をコントロールしようとする

_000027474038_Full

05.
過去の失敗を繰り返し非難する

06.
具体的な解決案も出さず、ただ間違いだけを指摘する

07.
「周囲も○○と批判しているよ」と言い、不安を与える

08.
何かの罰として、無視をしたり、やりたいことを禁止したりする

09.
相手の夢や成果を見下す

Telling off

10.
プライベートの秘密を他人に平気で話す

11.
「君には正しい理解ができない」と、否定してくる

12.
問題の原因を、あなたの行動や態度のせいにする

000033373700_Full

13.
相手を非難する割に、自分が責められると急に怒り出す

Licensed material used with permission by Power of Positivity

虐待と聞くと、つい「肉体的な攻撃」をイメージしてしまうけれど、「I Heart Intelligence」の記事によると、その考え方では不十分らしい。ここ...
「赤ちゃんポスト」に「ゆりかごプロジェクト」。赤ちゃんの虐待死を防ぐため、これまで多くの施策が打たれてきました。しかし、今でも2週間に1人、生まれたばかり...
デビッド・ベッカムは、大のタトゥーフリークでもあります。ただし、その刻まれた数々のタトゥーは、彼の愛する妻や子どもたちの名前、大切な家族を表していると言い...
人から注目されることが苦手でも、ぜんぜん大丈夫。
韓国発のスキンケアシリーズ「JM solution」から、化粧水・美容液・乳液すべてのスキンケアのステップをひとつにできる「JM solution オール...
エックハルトは、現代を代表する精神的指導者。「The Power of Now:悟りを開くと人生はシンプルで楽になる」「A New Earth:意識が変わ...
もしもあなたが内向的なら、幸せになるためには外向的な人と違うことをする必要があります。外向的な人のほうが有利な世の中。内向的な人は、不満が溜まってしまいま...
アーティストのDiego Morenoは、皮膚が硬化し、臓器にも異常をもたらす全身性強皮症で苦しむ大叔母さんの姿から、怪物と人間が共存する「Guardia...
上から目線の物言いで他人を不快にさせる人。いつも他人を小馬鹿にした態度を取っている人…。人をバカにする人はいったいどんな心理で他人を見ているのでしょうか。...
いま、世界中で1本の指だけにマニキュアを塗る男性が現れているという。ファッションとしてではなく、どうして男性がそのような行為をするのか?そこには、悲しい理...
昭和に流行し、今でもお祭りなどの景品でよく見かける「あるおもちゃ」が今、密かに大流行しているという。その「あるおもちゃ」とは......?
「精神的に強い人」と、ただ「強いフリをしているだけの人」とでは、そもそも考え方に決定的な差があると豪語する、作家のAmy Morinさん。彼女の考察が面白...
ローマ市議会は、市内を走る「観光用馬車」を段階的に廃止する見通しだ。長年、続いていた「動物虐待か否か」の議論に終止符を打つ。
よく内向的な人たちは特徴的で、変わっているとレッテル貼られます。でも逆に内向的な人から見たら、周りがやっている普通のことが理解できないのです。内向的な人た...
自分は外向的なのか、それとも内向的なのか、誰もが一度は考えたことがあるのではないでしょうか。でもどちらのカテゴリーにもはっきりと当てはまらない人も少なくな...
パーティーで騒ぐのも、コーヒーを飲みながらゆっくりするのも、どっちも好き!
2月27日、アメリカで『HER BODY CAN』という絵本が出版された。この本は0歳〜8歳を対象にしており、ボディポジティビティを広めることを目的としている。
植物コミュニティアプリ「GreenSnap」を運営する「株式会社GreenSnap」が、新たなコンテンツサービス「おうち園芸」をスタート。
失恋って、精神的な「死」だと思う。
警視庁によると、昨年1年間のDV相談件数は約7万件で過去最多。なかでも、30代女性の被害者が1番多いのだそう。同じ女性として、このリストを読めば読むほど許...
一見して優しそうなのに、結婚後に暴力を振るうタイプを隠れDV系と言います。ここでは、書籍『ブラック彼氏』から、彼らの特徴を紹介していきましょう。もしも、あ...
4月1日から施行される、親による体罰禁止を盛り込んだ改正児童虐待防止法と改正児童福祉法の実施をまえに公益社団法人「セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン」が特設...
本記事ではネガティブな印象を持たれがちな「内向的」の正しい意味を説明し、内向的な人の日常生活や恋愛視点で強み・弱みを分析します。記事後半では 内向的な自分...
夜寝る前に必ずしてしまう一人反省会、何よりも楽しいひとりで過ごす時間。人と話したりするのがちょっと苦手な内向的な人なら、思わず共感してしまうイラストが話題...