うつに苦しんでいた頃、立ち直るきっかけをくれたのは「写真」でした

つらい経験をした時、病気になってしまった時、人には支えとなるものが必要です。うつ病に苦しんでいたフォトグラファーのDanielle Harkさんにとって、それは「写真を撮ること」でした。

言葉にできないことを
写真で表現する

「私みたいな人、きっと他にもいるはず」。

写真に救われたDanielleさんは、「Broken Light Collective」というサイトを立ち上げました。心の病に悩む人たちのためのギャラリーです。 

B01adae74021c620f757f42fc928fc7e1b4b7a88
「電池切れ」
Diana Colapietro(NY在住の21歳、パニック障害)
誰かの「灯り」になりたいと思う。でも話しているといつも、パニックになっちゃうの。
E42fa7244b553b17a061a86a8332b97467f1d97e
「私の妹は、自閉症」
Ashley Hilgarth(アメリカ在住の大学生、自閉症の妹を持つ)
ドキュメンタリーの授業で、妹・アリアナを撮影しているの。本当に若いパワーが溢れていて美しいわ。
49947ebbb48f3424e45bfac4749649d4903a006c

「囚われの身」
Kira(大人になって初めて自閉症と診断された女性)
こんな偽の笑顔を浮かべること、誰だってあるんじゃないかしら。表向きは大丈夫そうでも、中身はぐちゃぐちゃってことって、往々にしてあるはず。

Fc5ac29c393f3f0ff88fa9f7e60ac4cc579afd7d

「失われたもの」
Street Wolf(32歳男性、自殺未遂や薬物中毒を経験)
パニックになったとき、この苦しみを写真として残そうと思ったんだ。本当につらいんだよ。症状が発症する度に、どうやったら二度と苦しまなくて済むのか、いつも考えている。

A0e75060d5636daac8c74fcafefaa61d12e23ea6

「安全な港」
Livonne(オーストラリア在住の55歳、ストレス障害)
安全地帯から離れて…探検、夢、発見。

17e21300653d123c697ae5915d3a45b184daefc5

「闘いの色」
Shannon Kane(20歳の大学生、不安神経症)
私たちに起こったことは、すべて「色」として残っていくの。

595c9c3dc4078ea221bb17ce60bf7714dac14d16

「泣きわめく橋」
Morgan(カリフォルニア在住の21歳女性、双極性障害)
1937〜2004年の間に、約1,600人がこのゴールデン・ゲート・ブリッジから自殺したんですって。だからかしら、この橋を見るたびに、何だか憂うつになっちゃうの。

2f8d18ce8143344650c5ee23beaa0434db6bce7d

「喪失」
Shelby Hall(3児の母、うつ病)
子どもができたとき、自分の中に絶対的な愛と喜びが生まれました。しかし同時に、迷子になったのような気分にもなりました。アイデンティティを失ってしまう感覚です。

004242c995d12d50e0f20aa031eef10cd7b186e6
Licensed material used with permission by Katie McLaughlin/Broken Light Collective

「本物の友だち」
Katie McLaughlin(コネチカットのティーンエイジャー、うつ病)
私の親友はこの子。Sageっていうの。悲しいときも嬉しいときも、いつでも一緒にいてくれる。最高のパートナーよ。

写真がセラピー
お互いに支え合う人々

ときには、撮影者のつらいエピソードとともに掲載される写真たち。作品を見ていると、彼らの言葉にならない思いが伝わってきます。

Ec40d3c09dd553ee0441487c21743a0bbbac9b57

「当時、心がぐちゃぐちゃになっていた私も、写真でなら、言葉では表現できない自分の気持ちや人生の側面を表現することができました。一種のセラピーのようなものだったんです。おかげでベッドから這い上がって、もう一度世界と繋がりを持つことができたんです。

このギャラリーを通して、みんなで支え合い、つらい時間を乗り越えていきたいです」

Licensed material used with permission by Broken Light Collective
写真家のFarah Hughesが撮影するのは、産後うつになってからも子育てを続ける女性たちのポートレイト。実際に産後うつを経験したFarahが撮影した写...
25年間、ずっとモノクロ写真を撮り続けてきたJason M. Petersonさん。5年前から写真を公開し始めて、今やインスタのフォロワー数は100万人越...
フォトグラファーPhillip Haumesserさんは、使い古された「Canon EOS Rebel T2i」と「PENTAX 50mm f1.7」を、...
Clarendon、Gingham、Moon、Juno、Lark、Reyes、Slumber、Crema、Aden、AmaroにMayfair…。ピンとく...
「え、そんなとこにも?」という国の新緯度帯ワインをご紹介。ベトナム最大の街・ホーチミンから北へ約300kmの美しい高原地帯で生産される赤ワイン「ダラットワ...
南半球の島国にある“小さな村”に行くと、まるでホビットになったかのような気分に浸れます。いや、冒険に出るような気持ちになるのかも。
ある調査によれば、アメリカでは9人に1人が産後うつを経験するのだとか。だから、Tovaさんは「多くのママにどういった症状が出て、どう対処すべきなのかを伝え...
ミックさんは外国人ではなく、日本人のフォトグラファー。四十路の関西人だ。
画家ゴーギャンが「古城のよう」と表現したことで知られるポリネシア、モーレア島を拠点に活動する写真家夫婦ヴィルジニさんとサミュエルさんは、10年ものあいだポ...
不安障害、パニック発作、うつ。昔に比べると「心の病」についての理解が進んできたとはいえ、まだまだ見ためには分からない病気を抱えた人たちは、生活に苦労が絶え...
ミッドソールには「転売用じゃないよ」、シュータンには「ちゃんと履いてね」などのメッセージが入っています。
アムステルダムを拠点に活動するフォトグラファー・Patrick Mordiさんは、ある日写真を撮ることへの情熱を失い、その楽しさを思い出せない日々を送って...
フォトグラファーのMatthieu Bühlerさんの被写体は母と子。
NHK大河ドラマ『平清盛』やJR東日本『JR SKISKI』などの広告写真から雑誌撮影まで、幅広く活躍する写真家、鈴木心。彼は、写真の楽しさを多くの人に知...
アメリカ合衆国の北フィラデルフィアのに位置する、ケンジントン。そこは、バッドランドとも呼ばれ、薬物中毒者が集まる場所。あまり口にされることのない、闇に包ま...
「え、そんなとこにも?」という国のワインをご紹介。チュニジアのロゼワイン「シディ・ブライム」は地中海性気候の恩恵を受けた1本。何か御礼の贈り物にするのに歴...
フォトグラファーのJosh Rossiさんは、心臓病やガンなどの病気と戦っている子どもたちをスーパーヒーローに変身させ、写真を撮っています。なぜなら彼らこ...
「うつ」になる理由は様々かもしれませんが、ケガのように外から見てすぐに気がつくものじゃないからこそ、周囲の理解を得るのが難しいことも…。ここで紹介するのは...
犬は、人間よりも早く歳をとるもの。だから歳を重ねる毎に、なるべく長生きして欲しいと祈りつつも、覚悟はしておかなければならないと自分に言い聞かせる。犬と一緒...
映画のワンシーンを彷彿とさせる写真の数々。「CINEMATIC NYC」と題されたシリーズ作品を撮影したのは、アムスルダムを拠点とするフォトグラファーのS...