悲しい「ブルー」がポジティブに。熊本地震から生まれたバッグのいい話

2016年4月14日と16日未明に、熊本と大分を襲った「熊本地震」。

あれから1年と約半年。

熊本出身者であり、当時、熊本で地震を経験した私の耳にうれしいニュースが届いた。きっと前向きになれるこの話を、すこしでも多くの人、とくに、地震の経験を共有した被災地のみなさんに届けたい。

「青」が地震の象徴に。

C9858153194f8d512d1d9ec6ebbd0e49976b4a92

この写真は、震源地の益城町にある私の祖父母の家。ご近所さんもほとんどこんな状態だった。見渡す限りの倒壊家屋、そしてその上には必ずブルーシート。

 「熊本はどこに行ってもブルーシートだらけ」。まさにそんな感じだった。

「ブルーシート」を
「ブルーシード(復興のたね)」に。

「震災で使用されたブルーシートを悲しい思い出に終わらせたくない」という想いから誕生したバッグがある。 

9aac025a7028aac7e52e1d89e143af464b0922f6

このバッグ、被災地で実際に使用されたブルーシートでできている。日々のくらしを守ってくれた使用済みのブルーシートを回収し、洗浄、加工をへてつくられる。

「被災地のブルーシートを見た時に『このブルーシートもいつかバッグになるのかも』と思えるかもしれない。そうしたら、悲しみの景色を、少しだけ明るいものに変えられるかもしれないと考えました」

Df4ffb68d821887e5a105c2dc57e40efe75603fb

被災地のブルーシートはすべて「復興の種」。そんな想いを込めて、「ブルーシード(青い種=復興の種)バッグ」と名付けられた。

「メイドイン九州」への
こだわり。

バッグを手がけるのは、クリエイティブの力で復興支援を行う「BRIDGE KUMAMOTO」というプロジェクト。生産管理は熊本の「sitateru®︎」が担い、縫製は大分の「竹田被服」が担う。「熊本県への寄付」以外の部分でも、売上のほとんどが大分・熊本に落ちる仕組みづくりを徹底している。

そして、忘れてはならないのが、バッグの真ん中にあるロゴ。地震で崩落した「阿蘇大橋」 をイメージして“支援の架け橋”となっている。並々ならぬ想いが垣間みえる。

 

想いは人の心を動かす。

5d53337870940458942b25cec1ab8a13d4f3928a

そしてこのたび、「ブルーシードバッグ」が「2017年度 グッドデザイン賞」を受賞した。しかも「グッドデザイン・ベスト100」にも選定!

バッグそのものはもちろんだが、「悲しいブルーシートのイメージを転換することで被災地に希望をもたらし、地域外と繋ぎ、支援にしていく」という取り組み全体が、審査委員会により特に高い評価を得たそうだ。

デザイナーの佐藤かつあきさんは受賞にあたり、以下のようにコメントしている。

「今回の受賞が、被災地でいまだ大変なご苦労を強いられている人たちの励みに、少しでもなれればと思います。 また、被災地のために尽力してくれる仲間と受賞できたことを、本当に嬉しく光栄に思います」

 

本当に受賞おめでとうございます!

そして、一熊本出身者として、ありがとうございます。

Licensed material used with permission by BLUE SEED BAG
震災からまもなく1年を迎える熊本。その節目となる2017年4月16日(日)、表参道COMMUNE2ndで熊本の魅力を発信するイベントが行われます。この日だ...
熊本県山鹿市在住の宮川さんが撮る風景写真が、かっこよくてかわいくて、時々シュールです。基本スタイルは「宮川さんと柴犬・しじみちゃんの背中@熊本のどこか」。...
2017年5月13日(土)〜14日(日)にかけて開催予定の『第一回 ASO ROUND TRAIL』は、全長約105kmに及ぶ九州初となるロングトレイルラ...
インド北部ラージャスターンの伝統料理だそうです。さすがはインド、奥が深い。
立派な門構えから一歩足を踏み入れると、緑あふれる自然に歓迎された。その向こうには大きな日本家屋の屋根が見える。千葉の房総、長南町(ちょうなんまち)で現代に...
れんこんのシャキシャキとした食感と、鼻にツンと抜けるからしみその香りは、ご飯もお酒もすすみます。遡ること約400年前、江戸時代初期に「からしれんこん」は生...
イルカ型のティーバッグを開発したのは、熊本県のとあるお茶屋さん。ペットボトルのお茶慣れしてしまった若い子たちに、もっと「淹れたてのお茶の美味しさを知っても...
2016年4月14日21時26分ごろ、熊本県で最大震度7に及ぶ地震が発生しました(気象庁)。「防衛省」は、述べ約2,100名の自衛隊員を救援活動のために派...
熊本県宇土市にある、御輿来(おこしき)海岸。干潮時に干潟に現れる美しい砂紋が有名ですが、魅力はそれだけではありません。なんとココには、年に数日だけしか見れ...
この週末、「みずあかり」が開催される。熊本に希望のあかりを——そんなテーマで毎年10月に開催されているこの祭典も、今年で14回目を数える。平成16年から続...
7月5日、ある男性がインドの首相や鉄道大臣などにメンションをつけて、こんなツイートをしました。
世界が注目する、熊本の「認定こども園 第一幼稚園」。この幼稚園の設計を手がけたのは、「HIBINOSEKKEI + Youji no Shiro」。幼児施...
天草には大小120の島々が広がるとともに、島々には個性豊かな橋がかけられています。海、空、島、そして橋が織りなす美しい風景が広がっています。ここでは、天草...
去る2月6日深夜に起きた台湾地震。いま僕たちには何ができるのだろうか。
その名も「Earthquake Lamp」。世界中で起こる地震に反応し、光を放つ。
シンクロと大分県のバラエティ豊かな温泉を掛け合わせたユニークで斬新な「シンフロ」動画で世界を沸かせた大分県が、今回またも本気で挑んだ動画は、温泉で繰り広げ...
比較的穏やかな印象が特徴としてある「augment5 Inc.」の映像は、どれも日本の魅力を海外に向けて発信する目的がある。じっと見ているだけで心地良く、...
今、健康志向の欧米人のあいだで人気爆発の生ゴマペースト「タヒニ」をドレッシングにアレンジしました。
9千人近くの死者を出したネパール大地震から半年以上が過ぎた。けれど、復興はなかなか進まず、被災した人たちは苦しい生活を強いられている。そんな現状を多くの人...
「水を知る旅に出よ」。そんな使命を受けて集った、東京で活躍するクリエイター5人。向かうは東京からはるか遠く離れた、九州・熊本だ。熊本・阿蘇に広がる世界有数...
静岡の〈JETMINMIN〉による「DART! MINI」というバッグです。よくみるとわかりますが、メインの素材として使っているのはブルーシート。頑丈で水...
シュワシュワ〜っ。まるでラムネの中に全身を浸けているような気分の温泉があるらしいのです。その名もずばり「ラムネ温泉館」。さすがに甘くはない(笑)ようですが...
「ミコト屋」は、ぼく、鈴木鉄平と山代徹がはじめた小さな八百屋。自分たちが普段口にしているものがどうやって生まれ、どこからやってくるのかを知るために、201...
〈ブルーボトルコーヒー〉がホリデーギフトコレクションとして発売したツールボックスです。工具などで知られるプロツールブランド〈TRUSCO®〉とのコラボレー...