GoToが使える京都・奈良のおすすめホテル6選

2020年7月より国の施策として始まったGo Toトラベルキャンペーン。10月からは東京都民にも適用され、これを機に国内旅行を計画しているという方も多いのではないでしょうか。

とりわけ京都と奈良は、今こそ訪れたい旅の目的地のひとつ。海外からの観光客が減り、本来の静寂を取り戻した京都と奈良は、今しか体験できないと言っても過言ではないでしょう。

ここでは、そんな京都と奈良にあるホテルや旅館をTABI LABO視点でピックアップ。紹介するのは、今年オープンした話題のホテルや、知る人ぞ知るユニークなホテルまで。すべてGo Toトラベルキャンペーンが適用になるお宿です。(※編集部調べ 2020年10月14日時点)

旅のご参考にどうぞ。

京都・奈良のオススメホテル・旅館6選

では早速、2020年にオープンした施設を中心に、京都・奈良のオススメホテルをご紹介。すべてGo Toトラベルキャンペーンの対象です。(※編集部調べ 2020年10月14日時点)この機会にぜひ訪れてみてくださいね。

【京都】三井ガーデンホテル京都河原町浄教寺

三井ガーデンホテル京都河原町浄教寺
©三井不動産株式会社
三井ガーデンホテル京都河原町浄教寺
©三井不動産株式会社

2020年9月、三井不動産グループが開業した「寺のホテル」がコンセプトのホテル。500年以上の歴史を誇る浄教寺の象鼻や金屏風が上質な空間を創出しています。また、ロビーからは寺院の本堂を垣間見ることも。今後宿泊者は「朝のお勤め体験」「写経体験」もできるようになるといいます。京都ならではの宿泊体験ができるはずです。

>>>詳しくはこちら

『三井ガーデンホテル京都河原町浄教寺』

【公式サイト】https://www.gardenhotels.co.jp/kyoto-kawaramachi-jokyoji/

【京都】エースホテル京都

エースホテル京都
©UDホスピタリティマネジメント株式会社 エースホテル京都
エースホテル京都
©UDホスピタリティマネジメント株式会社 エースホテル京都

2020年6月に開業したばかりの「エースホテル京都」。エースホテルグループのアジア初のホテルだそう。注目は2つのホテル内のレストラン。1つ目は本格的なアメリカン風メキシコ料理がいただけるバー&タコスラウンジ。こちらにはDJブースもあります。もうひとつは、料理会のアカデミー賞の受賞経験もあるシェフが務めるアメリカ風イタリアン・オステリア兼ルーフトップバー。外で観光しながら、食事時にはホテルに戻ってゆっくり過ごすのがオススメです。

>>>詳しくはこちら

『エースホテル京都』

【公式サイト】https://www.acehotel.com/kyoto/health-safety/hotel-initiatives/

【京都】京の温所 竹屋町

京の温所 竹屋町
©株式会社ワコール
京の温所 竹屋町
©株式会社ワコール

2020年9月に下着メーカーの株式会社ワコールが作ったホテルが京都・丸太町エリアに開業しました。昔ながらの、道具屋を営んでいた“商い”の場と、生活の場である“住まい”がひとつになった特徴的な間取りを活かしてリノベーションをした施設。1階には「パンとエスプレッソと」の新ブランド「本日の」が併設されています。

>>>詳しくはこちら

『京の温所 竹屋町』

【公式サイト】https://www.kyo-ondokoro.kyoto/

【京都】GOOD NATURE HOTEL KYOTO

GOOD NATURE HOTEL KYOTO
©株式会社ビオスタイル
GOOD NATURE HOTEL KYOTO
©株式会社ビオスタイル

こちらのホテルは、アウトドア体験に浸れる宿泊プランを用意しているのがポイント。中庭に面した客知るのテラスに「Snowpeak」のテントやチェア、テーブル、ランタンなどを設置してグランピング体験ができます。もちろん、客室にはベッドも用意されているので、夜は安心な室内で就寝することができます。

>>>詳しくはこちら

【奈良】ume, yamazoe

ume, yamazoe
©ume, yamazoe
ume, yamazoe
©ume, yamazoe

「ちょっと不自由」がコンセプトの奈良県の山添村にあるこちらのホテル。全部で3つある客室はすべて特徴が異なり、選ぶのに少し迷ってしまいそう。どの客室でも、サウナ付きやBBQ付きなどのプランが用意されています。「人と宿と食を通じて、自然の調和を感じる」そんなホテルです。

>>>詳しくはこちら

『ume, yamazoe』

【公式サイト】https://www.ume-yamazoe.com/

【奈良】NIPPONIA 田原本 マルト醤油

NIPPONIA 田原本 マルト醤油
©株式会社マルト
©株式会社マルト

1689年(元禄2年)に創業した奈良県最古の醤油蔵元「マルト醤油醸造所」がホテルとして生まれ変わりました。宿泊棟は“⼤和棟”と呼ばれる奈良の伝統建築様式で、日本らしいステイができます。レストランでは、醤油を使った料理が楽しめるほか、醤油絞り体験もできるそう。

>>>詳しくはこちら

『NIPPONIA ⽥原本 マルト醤油』

【公式サイト】https://maruto-shoyu.co.jp/

京都・奈良を訪れたらしたいこと

「京都岡崎 蔦屋書店」で伝統を知る

京都岡崎 蔦屋書店は日本の近代建築を代表する、前川國男の設計により1960年に生まれた京都会館が元になった施設内にあります。歴史ある佇まいにはワクワクしてしまうこと間違いなし。京都といえば、寺や神社を訪れることをまず思い浮かべるのではないでしょうか?こちらでは伝統的な物作りについて発信しており、文字で見て、作品を見て職人の思いを感じることができます。もちろん、蔦屋書店の相棒スターバックスも併設されているので、購入した本をコーヒーと共にゆっくり読むのもオススメです。

「スプリングバレーブルワリー京都」のビールで乾杯

東京・代官山に最初の店舗を持つ「スプリングバレーブルワリー」の西日本初の店舗「スプリングバレーブルワリー京都」でクラフトビールの飲み比べをしながら、旅先で見たものについて語ったり、明日のプランを練ったりするのもオススメ。6種類のビールが用意されており、それぞれにあったおつまみとともにいただけます。

Go To トラベルキャンペーンとは?

Go To トラベルキャンペーンとは、2020年7月より始まった、旅行の際に1泊あたり最大2万円の支援を受けることのできる制度のこと(Go to トラベル事業公式サイトより)。その利用回数や連泊の制限はないといいます。当初東京は支援対象外とされていましたが、10月より正式に対象に。

10月から適用となるGo To トラベルキャンペーンでは、宿泊料金の35%が支援金としてカバーされ、残りの65%は個人負担となります。また、宿泊代金総計の15%分の地域共通クーポンという、旅行先で使うことのできるクーポンが発行されるとあってかなりお得。

例えば、1人で4万円のホテルに宿泊するとしたら、1万4000円(35%)の割引を受けることができ、支払金は2万6000円(65%)のみ。そして更に、6000円の(15%)の地域共通クーポンを受け取ることができるのです。

このキャンペーンは、ホテルの公式サイトや旅行代理店のサイトから申し込むことができます。

Top image: © UDホスピタリティマネジメント株式会社 エースホテル京都