あの「MIKASA製バレーボール」をバックパックに変える、広島発のモノづくり

使われなくなったものやゴミをリサイクルし、新たな製品を生み出す。いわゆる「再生系プロダクト」は、これまでにもさまざまありました。

でも、「ペットボトル→バックパック」のように、完全に形を変えてしまうものがほとんど。だからこそ、もとの素材がそのまま生かされているこのブランドが新鮮に見えたのです。

しかもその生地が、多勢の人に馴染みのあるものだから、なおインパクト強め。

耐久性と軽さがウリ
独特の光沢も◎

メインカラーは青と黄。この2色の組み合わせといえば…そう「MIKASA」のバレーボールですね。体育館で一度は目にしたことがあるでしょう。あ〜懐かしい。

この「FUKUNARY feat.MIKASA」は、広島に拠点を置くファクトリーブランド「fukunary」と、主にゴム製品を製造する化学メーカー「MIKASA」のコラボレーションブランド。ボール素材が持つ耐久性と軽さを生かし、バッグを中心としたファッションアイテムを展開しています。写真を見るかぎり、独特の光沢が印象的ですね。

バッグだけでなく、ティッシュケースやカードケースなど、ラインナップは豊富です。

ちなみに、バスケットボールタイプもあり。

価格はプロダクトによってさまざまですが、たとえばカードケースなら4,320円、バックパックなら41,040円(ともに税込)といったところ。購入はこちらからどうぞ。

新しいのに、どこか懐かしい。まったく異なる業種の2社が「HIROSHIMAのものづくり」を発信しています。

Licensed material used with permission by 八橋装院株式会社
「がんす」は広島市草津町あたりの方言で「〜です」「〜でございます」という意味。広島名物の「がんす」はいわゆる揚げかまぼこの一種で、魚のすり身と玉ねぎを程よ...
聞きなれないかもしれないが、「多島美(たとうび)」とは、瀬戸内海など内海に浮かぶ、小さな島々が連なる様子を形容した言葉だ。連なる島々にはそれぞれ魅力がある...
広島の知られざる魅力を詰め込んだ、究極のガイドブック「カンパイ!広島県」の第3弾「広島秘境ツアーズ」が発表されました。その人気ぶりは凄まじく、明日の6月2...
ありそうでなかったバックパックの登場です。
「Spiritual as Fuck(めっちゃスピリチュアル)」というメッセージが書かれたヨガマットです。
Samira Kazanさんは、栄養のバランスをしっかり考慮しつつ、遊び心を交えたレシピの研究をしています。
そもそも、普段使いのバックパックに「どれだけ防水性を求めているか」という話はあります。が、それはさておきです。
「確かにオーバースペックかもしれない──」。これほど男子をそそる言葉があるだろうか?元ノースフェイスのバッグデザイナーとバイクレーサーが共同で立ち上げたメ...
厳島神社、鳥取砂丘、出雲大社など、人生で一度は訪れてみたい観光スポットが「国立公園」の区域内に位置している中国地方、四国地方。日本を代表するような魅力的な...
Hana Everydayがデザインしたバッグ、その名も「Daddy Bag」を紹介。父親が使うことを考えたバックパックに仕上がっています。
着物の襟からおっぱいポロリしている女性のイラストが描かれた、“ちょっとエッチな日本酒”「ゆきおんな」。この冬限定で、12月15日から販売中。
サンフランシスコ生まれの「The Chiller's Pack」は、クーラーが付いているバックパックです。缶ビールをキンキンに冷やせるようになっています。
「The Adjustable Bag」は、サイズを変えられるバッグです。一番小さいときには31Lで、62Lまで大きくできるのだとか。ちなみに、12通りの...
チョイスは「バックパック」一択。街中を歩いていても、男女問わず、そんな人が増えている印象を受けます。きっと、比較的治安が良いとされる日本の事情もあるでしょ...
2015年9月1日、広島県が「世界初」の手法で地域PRを始めました。何が初めてって、その“視点”。にゃんと、ヒトではなく、ネコの目線で街の魅力が紹介されて...
トラベルバッグといえば、キャリーバッグかスーツケースか? 一昔前なら、ハードラゲージかソフトかなんて悩んだこともあったっけ。でも、いまやそんなこと、多くの...
キャンドルが溶ければ顔のカタチをしたスタンドから、“鼻血”がタラーっと垂れるようになっています。
軽くて丈夫な「FRAKTA」。普段使いでも優秀なため、購入品を持ち帰ったあとにリメイクして二次利用するという人も多くいるそうですが、中でも秀逸なのがこちら...
倉敷製蝋は、そんな想いを胸に秘めたキャンドルブランド。このたび、岡山県倉敷市に拠点を置く昭和9年創業のペガサスキャンドル株式会社が発表したところだ。ポイン...
一般的に2wayバッグと言ったら、持ち方が二通りある機能を指す表現。ですが「これも立派な2way!」と、思わず納得してしまうバックパック「Paxis」が、...
両手が空くし、ひとつあるととても重宝するバックパック。でも、1年使ったらけっこうボロボロになったりします。だから毎年のように買い換えるけど、それなりにお金...
使いきるのが大変そうなくらい機能が満載で、ガジェット好きな男子にはハマりそうな感じです。とくに、盗難防止と収納にこだわっているようです。僕の場合、バッグの...
素材は厚みのある塩ビ。ナイロン製のバッグよりもガッシリしているので、背負った時にバッグのカタチが崩れにくいという意外なメリットがある。もちろん、防水。1,...
グッドデザイン賞2017を受賞した「さがデザイン」という取り組みを、同取り組みの一貫であるオンラインポストカードをとっかかりとして紹介する。「さがデザイン...