死後の世界を描いた「17枚のイラスト」に考えさせられる・・・

死んだあとってどうなるの?と聞かれるといくつか思い浮かぶイメージはありますよね。たとえば、天国とか地獄とか。しかし、ここで紹介するRamin Nazerさんは、なんと17もの可能性をイラストにしちゃいました。

こんな考え方もあるのか!と考え込んじゃいますね。

01.
完全な無になる

85singo_スクリーンショット 2016-01-12 15.55.34これが一番無難で理にかなった答えでしょう。わたし達の知る限り、意識は脳内の電気信号でしかありません。酸素が脳に行き渡らなくなったら、もうそれはあなたではなくなるということ。

体も、意思も、感情もない状態です。

02.
天国の扉をたたく

85singo_スクリーンショット 2016-01-12 15.55.49終わりなき至福のとき。地球上で暮らしているときの短い期間で、自分の運命が決まるとは不思議なものですが、ここに辿り着くなら、文句はありません。そこにはなんでもあります。

03.
地獄の業火に焼かれる

85singo_スクリーンショット 2016-01-12 15.56.01無限大の苦しみを永久に味わい続けます。日頃の行いが悪すぎれば、地獄行き決定。もうここからは出られません。

04.
あの世とこの世の狭間
退屈と忘却の空間へ

85singo_スクリーンショット 2016-01-12 15.56.19あるのは自分と何もない巨大な空間だけ。煉獄では、退屈することなどありませんが、ここでは只々退屈です。

05.
幽霊になって
人間にイタズラする

85singo_スクリーンショット 2016-01-12 15.56.36体はなくとも、まだこの世に魂が残っている状態。大抵は古びた家などに住み、人々を驚かせて過ごします。

06.
生まれ変わる

85singo_スクリーンショット 2016-01-12 15.56.48人、動物、モノなどに輪廻転生します。人は永遠に何か別のものに生まれ変わり続けます。

07.
宇宙と融合

85singo_スクリーンショット 2016-01-12 15.57.02最後の瞬間、コスモ(宇宙の秩序)の一部になり、永遠に生き続けます。

08.
目が覚める(夢オチ)

85singo_スクリーンショット 2016-01-12 15.57.12ぜんぶ夢だった!とハッとして、新しい自分として生きていきます。前の人生をとてもリアルに感じるのですが、前世の記憶は少しずつなくなっていきます。

09.
同じ人生をもう一度

85singo_スクリーンショット 2016-01-12 15.57.26また同じ自分として生まれますが、前の人生の記憶はありません。世界は膨張と収縮を繰り返しており、もう一度広がる際にすべての経験をリピートすることに。

同じイベント、考え、決断、経験をしますが、前世の行動は時々デジャブとして現れます。心当たりありませんか?

10.
強くてニューゲーム

85singo_スクリーンショット 2016-01-12 15.57.57同じ自分の人生を繰り返しますが、前世の記憶がすべてあります。映画『恋はデジャ・ブ』や、ゲーム『クロノトリガー』などとルールは同じ。

自分の欲求を追い求めることに疲れたとき、本当の幸せはいまを生きることであり、誰かを大切に想うことだと気付きます。

11.
シミュレーションだった

85singo_スクリーンショット 2016-01-12 15.58.16自分の人生やこれまで作ってきたあらゆるものは、すべて自分の考えが生み出したもの。世界は存在せず、自我しかありません。

12.
子どもの頭のなかに引っ越す

85singo_スクリーンショット 2016-01-12 15.58.29子どもはあなたの存在に気づけませんが、あなたは頭の中でその人生を傍観しています。行動の決定権はありません。そして、孫、ひ孫へと代々引き継がれていきます。

13.
ドッキリ成功!

85singo_スクリーンショット 2016-01-12 15.58.42サプライズパーティでした!とみんなに迎えられます。次はどうなるのでしょう?次はあなたが企画側です。

14.
4次元世界にいく

85singo_スクリーンショット 2016-01-12 15.59.02これまで暮らしていた3次元の世界から4次元へと移動します。そこでは胎児から亡くなるまでの自分が蛇のように連なっており、人生で起きたすべての物事を一斉に経験しています。

15.
言語化不可能な世界

85singo_スクリーンショット 2016-01-12 15.59.14

「宇宙は、わたし達が考えているほど変じゃない。わたし達が考えうることよりは変だけど」ーテレンス・マッケナ

自然界の法則では説明できない状態があります。自分の目で見たものを言い表せないようなことが起こります。

16.
永遠に死なない

85singo_スクリーンショット 2016-01-12 15.59.27今まで死んだことはないし、今も死んでいません。これからも死ぬことはありません。技術の進歩は急速に進んでいます。意識がクラウドにアップロードされ、神としてブラックホールの中で生き続けます。もっと早くに生まれていたら、忘れることもできたでしょう。でも、もう手遅れなんです。

17.
あるのは今だけ。

85singo_スクリーンショット 2016-01-12 15.59.45これまで書いた死後の世界観は、真実でも虚偽でもありません。あなたは既に死んでいますし、永遠に生き続けてもいます。過去や未来が存在したことはありません。あるのは今この瞬間だけなんです。


 

もしそうだとしたらーーと想像するといろいろ考えちゃいますね!その他の作品はコチラから。

Licensed material used with permission by Ramin Nazer.
※本記事では、一部誤りがあったため訂正を加えております。2016/11/21 10:20.

一見、単純に見える世界も、人の心も、可能性も、別の何処かへと続く奥行きみたいなものがあって、一筋縄ではいきません。イタリア人アーティストAndrea Uc...
2014年、ロンドンのクリエーターSteve Cuttsによる社会風刺アニメが、世界的な話題となった。消費や欲望、自然破壊といった“見えづらい日常”の行く...
誰もが知るキャラクターたち。映画やアニメの世界だと大活躍するものの、現実世界に登場させたら話がおかしくなってしまった…。そんな笑える7枚のイラスト。疲れた...
本書のテーマは「さらけ出すこと」だという。
機内食にエンタメ要素が増えること自体はうれしい。だけど、なんか前提がズレているようにも思うのです。
ピンク色の豆の形をしたキャラクター“Ketnipz”。神出鬼没なこいつの持ち味は、ぷっと吹き出してしまうシュールな小ネタ。イラストを描いてるのは、イギリス...
日本人アーティストのアボガド6が描いたイラストには「現代社会の深い闇」が生々しく表現されている。
映画やマンガに登場する、生ける屍たち。一度は死んでいるのにも関わらず、何かに執着するように彷徨う彼らは、なんとも不気味です。Gunduz Aghayevは...
以前も紹介したことがあるMarco Melgratiさんの風刺画。新しい作品も、インパクト大のものがズラリ。何気ない私たちの日々のおこないも風刺されていて...
「Spirit Science and Metaphysics」で同サイトの創始者であるSteven Bancarz氏が、死んでから起きる10のコトを紹介...
浜松出張の夜。餃子やうなぎの定番から一歩抜け出したい人に足を運んでほしいところがあります。静岡・浜松駅から徒歩10分ほどの田町にある「OCTAGON BR...
気になるあの子は、シャワーの中だとどんな感じなんだろう、笑っているけど本当は何か他のことを考えていたりして?などなど。女子の“謎”を解明していくイラストです。
今の世の中に、満足していてもそうじゃなくても、 Jan Siemenの10枚のイラストを見て感じたことについてじっくり考えてみて欲しい。案外、自分の人生に...
世界で使用されている言語は、およそ7,000。しかし、いま数少ない人が限られた地域で用いている「小さなことば」が、次々に消えてしまっています。本書は、世界...
父と娘の絆を描いたイラストをInstagramに投稿するウクライナ人アーティストのSnezhana Sooshさん。いま、多くの人たちが静かにその絵に共感...
Igor Morski(イゴール・モルスキー)は、現代社会を風刺した多数のイラストを発表しているポーランドのアーティスト。温暖化や監視社会、まるで何かに操...
こちらのリアルな氷山。一見すると、写真で切り取られたもののように見えますが、イラストなんです。それだけでもビックリなのですが、実はさらなる驚きが…Imag...
医学博士は言います、太る原因がビールにあるわけではないと。さらには、病気知らずの体づくりにビールが役立つとまで。
13歳のMuretzは、絵を描くことが大好きな少年。ある日、授業中に描いたラクガキがきっかけで学校を退学になってしまう。その後、15歳にして描きながら生計...
メガネがよく似合うイラストレーターのMattias Adolfssonさんは、自分をキャラクターにした世界で好きなことに没頭。絵の中で、まるで探検家のよう...
ポルトガルのデザイナー、David Zandman氏の作品「2 Kinds of People」は、人々の行動を2種類に分けて表現したもの。それぞれのイラ...
学校に持っていくお弁当には、両親の愛情がこもっているものです。ロンドン在住のイラストレーター、Rob Biddulphさんは、末娘のPoppyが保育園から...
世界一、大変な仕事は何?と聞かれて、あなたはなんと答えますか。政治家・医師・弁護士・プログラマー……。私の頭の中にあらゆる職業が思い浮かんだ。が、Nath...
「宇宙飛行士が冒険するのは、宇宙だけなんて誰が決めたんだ!」とでも言わんばかりにあらゆる世界を旅するキャラクターは、まさに、神出鬼没。現実の世界に現れたと...