ホロコーストのタブーを描いたエポックメイキングな映画

アウシュヴィッツ強制収容所でのホロコースト。もしも、加害者と犠牲者の孫世代が恋に落ちたら…。映画『ブルーム・オブ・イエスタディ』は、そんな“タブーの扉”を開けた挑戦的なテーマが設定されている。

映画制作のきっかけは
監督のパーソナルな想い

「ドイツでは、ホロコーストをテーマにした映画は何本もつくられてきたため、観客に展開が読まれてしまう」

とは、監督クリス・クラウス。つまり、戦争における犯罪の再検証をすることで戦争自体の愚かさを訴える、というステレオタイプなこのお題から脱却したかったようだ。そこで、今を生きる世代、あの惨事によって傷を抱える人々がどう前向きに生きようとしているかに焦点をあてた。

その切り替えが功を奏して、ドイツ映画賞主要7部門にノミネート。さらにドイツ国内で高く評価されるだけでなく、昨年の東京国際映画祭のコンペティション部門において、この作品はグランプリを獲得。

7810a586671bbe657fd798312afeff797f3582c7

ところで、主人公の男(トト)はナチスの戦犯を祖父に持ち、家族の罪と向き合うためにホロコーストの研究に打ち込む。モデルは、クラウス監督自身のバックボーンと重なっている。

じつは、監督の祖父と兄にもダークな過去があり、相当なショックを受けたそうだ。そして、ヨーロッパ各地の様々な記念館や施設を訪ねて、自身で調査を続けたとのこと。その際に、加害者と被害者の孫世代が、歴史をジョークにしながら楽しそうに話している姿を目撃したらしい。さらに、その二人は恋人という話を耳にして、本作の着想を得たようだ。

被害者の子や孫に
引き継がれるトラウマ

Edf79a0f3162971148d8df46f6835dee63220c14

もう一人の主人公は、ナチスの犠牲者となったユダヤ人の祖母を持つザジという名の女。彼女も、ホロコーストの研究をしている役柄だ。ほぼ全編を通して情緒不安定であり、挙句の果てには自殺を試みる姿も描かれている。

実際、ホロコーストの場合、生存者の子や孫が、親や祖父母の体験を追体験することで、そのトラウマも引き継がれてしまうようだ。そして、その子や孫に、情緒不安定や鬱状態、自殺未遂を繰り返すなど、深刻な症状が現れることも現実としてあるという。

 加害者と被害者を描いた
斬新なアプローチ

F7c1206f2fc24de8b42642fba1b0da6858471740

ホロコースト研究所で、出会うトトとザジ。二人は、アウシュヴィッツ会議の開催に向けて東奔西走する。その途中、二人の祖父母に関しての事実が明らかにされていく。そして、最終的にはラトビアの首都リガへとたどり着く。

あまり日本人には馴染みがないリガだが、ここは、ナチス・ドイツが、ユダヤ人を収容するためにリガ・ゲットーを創設した土地だ。ドイツ、オーストリア、チェコなどからユダヤ人が送られている。そして、この収容所から8kmばかり離れたリガ郊外の“ルンブラの森”では、推定2万5千人もが射殺されたといわれているのだ。

9e5263e5b7271532177cda663a4d9d910a661d37

映画のラスト近く、森の中にあるユダヤ人が虐殺された場所が美しい花で覆われるシーンはとても印象的だ。本作のタイトルは、直訳すれば“昨日咲いた花”。それは、どんな困難な時でも、美しい花は咲き、明日を輝かせてくれるいうメッセージだろう。同時に、加害者と被害者の間に、和解の花は咲くのかという問題提起にもなっている気がする。

最終的に、二人がどんな答を出すのかは、劇場で確かめてほしい。

『ブルーム・オブ・イエスタディ』
2017年9月30日(土)よりBunkamura ル・シネマほか全国順次ロードショー。公式サイトはコチラ

©2016 Dor Film-West Produktionsgesellschaft mbH / FOUR MINUTES Filmproduktion GmbH
    / Dor Filmproduktion GmbH 

Licensed material used with permission by ブルーム・オブ・イエスタディ
ホロコーストを生き延び、平和に至るまでの苦しみを長く世界に訴えかけてきた、ノーベル平和賞作家のエリー・ウィーゼル。2016年7月2日、彼はNY・マンハッタ...
『エターナル・サンシャイン』で監督を務めたミシェル・ゴンドリー。彼がiPhone7のみで撮影した11分の短編映画「Détour」が、Apple社の公式Yo...
人気、実力共にフランスを代表する監督になったフランソワ・オゾン。最新作『婚約者の友人』は「嘘」について描かれた映画だ。第一次世界大戦後のフランスとドイツを...
セクハラ被害で辛いのは、加害者からの心ない嫌がらせであることは言うまでもない。しかし、それだけではない悲しい現実がある。声をあげたところで、周囲から受け入...
レイプは被害者の心に大きな傷を残すことになりますが、被害を知った人が被害者に追い打ちをかけるようなことを言ってさらなる深い傷をつける、セカンドレイプの被害...
YouTubeが2017年上半期に日本国内で注目を集めた音楽動画トップ50を発表。これは2016年12月1日以降にYouTubeで公開されたMV(ミュージ...
デヴィッド・リンチ。映画を愛する人なら、誰でも彼の作品を観たことがあるはずだ。本作品『デヴィッド・リンチ:アートライフ』では、彼のインタビューや家族の写真...
ヨガをしたこともなければ、それがなんたるかも実際はよく分からない。自分のような人間がヨガ映画を観るなんてこと、普通であればまったく想像できません。でもこの...
ビーチに設置された300インチの大型スクリーンで、星空の下、海風を感じながら映画を見る──。ゴールデンウィークにいつもとちょっと違う体験がしたい人には、開...
TABI LABOライターのJeff Kidoが、古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。1分で読める記...
ジェフの勝手にカルチャー論 Vol.8「私をスキーに連れてって」先日、JRで展開されている「私を新幹線でスキーに連れてって」という広告を見た。このネタ元は...
海外の人気動画サイト「CUT」。彼らの人気シリーズ「もしも◯◯と××が一緒にマリファナを吸ったら…」。今回集まったのは、この3人。左:ジム(ユダヤ教の指導...
誤解を恐れずにいえば、「変な」恋愛映画を観た。何が変かというと、原作となったのは詩集なのだ。しかも、現代詩集として異例の27,000部の売上を記録している...
夏の間だけ星空の下に開館する映画館。あなたは、そんなロマンチックな空間の存在を知っているだろうか?舞台となるのは八ヶ岳の麓、長野県原村。実は、毎年夏になる...
好きな映画から好きなワンシーンを抜き出して描くイラストレーター長場 雄と、好きなセリフを抜き出し好き勝手に解説を描いたライターの鍵和田啓介。6つのジャンル...
クリスマスシーズンを迎えるこの時期、海外のCMから目が離せない。この記事で紹介するのは、英国の老舗百貨店「ディペンハムズ」。まるで、映画を思い起こさせるス...
「寝たきり」という言葉は、日本の高齢化が進むにつれて、どこかタブーのような扱いになってきました。たとえば「大変そう」「介護がきつそう」といったネガティブな...
目が見えなくても映画を楽しめることを伝えたい!松田高加子さん。視覚障害のある人が映画を楽しむ時の補助ツール・音声ガイドの制作を手掛けている「虹とねいろプロ...
政権崩壊後、チュニジアは民主主義体制を整えるべく尽力していますが、かつての独裁政権を口にすることはタブーといった風潮があるようです。そこにまっすぐに切り込...
アレハンドロ・ホドロフスキー。カルト映画の巨匠とされるチリ出身の監督は、今年、88歳を迎えた。とはいえ、この年齢になっても精力的に映画をつくり続ける姿は、...