フェイスマスク。美容成分にばかり注目していた頃が懐かしい。

「私史上、最高の使い心地かもしれない」

コスメに辛口の同僚女子が、ある日そう呟いたのです。彼女が前日の夜に使っていたのは、「ナチュラシック」というフェイスマスク。これまで数え切れないほどのフェイスマスクを試し、バッサバッサとぶった切ってきた彼女に、そうまで言わせたフェイスマスク。最高の使い心地の理由は、人気の「ボタニカル成分」だけじゃなかったのです。

土佐の伝統技術に
裏付けされた使いごこち

確かにこのマスク、お肌への密着度がすごい。じつはフェイスマスクって、含まれている美容液の成分自体も大切だけど、その美容液成分をお肌にしっかり届けるために、マスクがお肌に密着することがすご〜くすご〜く大切だったって、知ってましたか? このナチュラシックには、貼った途端、包み込むような優しいタッチでみるみるうちにお肌と一体化してゆく感覚があるのです。そう、まるで熟練和紙職人の手のひらで包み込まれるかのように…。ホワワ

というのも、このマスクには「楮(こうぞ)」という土佐和紙の原料になっている植物の繊維が使われていて、この繊維がお肌に吸い付くように密着するとのこと。さらに製法にも、土佐の和紙職人の伝統的な紙漉き技術を応用使用中、家事をこなしたり、猫と遊んだりしてもなかなか剥がれてこないマスクの密着力は、土佐の伝統技術に裏打ちされたものだったのです。

商品開発の背景にある
郷土への思い

ちなみに「土佐和紙」というのは、国の伝統工芸品にも指定されている高級和紙で、「楮」はその原料。その歴史は1000年以上、平安時代以前からと伝えられているんだとか。今でもほとんどが一枚ずつ職人の手作業で作られているので、原料から紙になるまでに約10日間もかかるほど、とても丁寧な仕事がされているものなんです。

しかしこの楮、育てるのが難しくコストもかかるので、栽培後継者が年々減っているとのこと。外国産のものもあるけれど、国産の方が品質的に優秀。そこで、地元・土佐の特産品でもあるこの楮を守りたいと立ち上がったのが、ナチュラシックを製造している三昭紙業株式会社の会長さん。上質な国産の楮を守り後世に繋げていくため、自ら広大な土地を購入し楮の栽培をしたり、生産性を上げ効率的に栽培する方法の研究などまでしているんだそうです。つまりこのナチュラシックは、地元の特産品を守ることや、伝統技術を使って地元を盛り上げるのにひと役買っているというわけなんです。

マスクに乗せて染み込む
ボタニカルな成分

さらに、この郷土愛溢れるマスクに乗せてお肌に染み込んでいくのが、保湿力の高い「9種類の植物エキス」に、高保湿成分の「ヒアルロン酸ナトリウム、セラミド2」を加えた、「濃厚なボタニカル美容成分」。アルコールや石油系界面活性剤、接着剤不使用で低刺激なので、ピリピリすることもほとんどありません。ここまでくればきっと、最近手をかけてあげられなかったお疲れ気味のお肌だって、むきたてゆで卵さながらに生まれ変われる予感。お肌が元気になると、早く誰かに会いたいなぁって思ったりしませんか。週末の楽しいイベントはもちろん、明日の出社もいつも以上に楽しみになったりして。

じつは今夜、ナチュラシックな夜を過ごす予定の私。原稿をまとめながら、翌日のお肌の仕上がりまで妄想してワクワクしていることは、上司にはナイショです。

ナチュラシック、ご購入はコチラから。

Licensed material used with permission by Delight Creation Inc.
近未来のスキンケアのあり方を象徴する「Neutrogena MaskiD」。これは、Johnson & Johnsonが発表した、3Dプリンターでフェイス...
この記事では、様々なニーズに応えた「フェイスシールド」を紹介。暑い、息苦しい、メイクが崩れるといったマスクのお悩みを解決するだけでなく、UVカットやメガネ...
飛沫防止フィルターが装着可能な「フェイスガード」が新登場。本体は冷感素材を使用しており夏場のアウトドアやレジャーでも快適に過ごせる仕様。withコロナ時代...
「ルルルン年賀状」は、ルルルン1枚入りのパッケージを年賀状に見立て、表面には住所を、裏面には自由にイラストやメッセージを書いたり、貼って楽しめる付属のデザ...
「CORALバッグ」はコンパクトに折りたたみができる、財布とバッグ一体型のアイテム。必要なときにはバッグになり、必要ないときには財布に戻る。
「UFO」という化粧ガジェットは、フェイスパックと同じ効果を発揮してくれて、たったの90秒で顔のケアができるようです。男性へのプレゼントなんかにもアリかも...
ニューヨークのデザイナーJoe Doucet氏は“サングラスと一体化したフェイスシールド”を設計。洗練されたデザインながらも顔を覆い隠すこのシールドは、マ...
世界水準の安全証明繊維、和紙繊維「キュアテックスヤーン」を100%使用して作られた、肌にも環境にも優しい和紙素材のマスク。繰り返し使え、最後は土に還すこと...
アパレルブランドが手がけるマスクを中心に、見た目重視な「デザインマスク」をピックアップ。他の人と被らない、オシャレなマスクを探している方はぜひチェックを。
韓国で口コミ数No.1を誇るLED美顔器「ECO FACE LIGHTING MASK」が日本に初上陸!美容大国・韓国で累計11万台を販売するその実力とは...
編集部員が「WET FOR HER RockHer」を初体験した感想をお届けします。
スポーツメーカーから続々と発売された話題の「マスク」「フェイスカバー」をまとめて紹介します。アンダーアーマー、ミズノ、ヨネックス、ニューバランス、アディダ...
日本一かつおを食べる県、高知。「土佐の赤かつお」は高知県で150年以上続く、地元の魚屋さん「上町池澤本店」が秘伝のタレを使って開発したかつおフレークです。...
「Goldwin(ゴールドウイン)」から、スポーツシーンに最適なフェイスカバーが登場。
TABI LABO編集部が厳選した「洗えるマスク」を紹介。5月13日時点ではすべて在庫あり。洗えるマスクを探しているあなたは必見です。
「経済的な洗えるマスク」「高性能な次世代マスク」「ファッショナブルなデザインマスク」などwithコロナ時代に持っておきたい多様なマスクをまとめて紹介。
総合酒類メーカーの「明利酒類」は、焼き芋の凝縮された甘みに注目して研究開発を進め、新感覚の焼き芋カクテル“酔う焼き芋”を完成させた。さつまいものなかでもっ...
イタリアが生んだ人気ファッションブランド「ヴェルサーチ」の2021春夏コレクションにプラスサイズモデルが起用され、公式Instagramにはブランドへの称...
今回は原宿にオープンした「@cosme TOKYO」。欲しい商品の口コミ数や、ランキングがわかるので、めっちゃ便利。ここに来れば欲しいものが絶対に見つかる...
デンマークにある自社マシンのうち6台を改造し、医療用フェイスバイザーを一日1万枚以上製造しているとか。
国内外のアウトドアブランドが手がけるマスクをまとめて紹介します。今夏、待ってでも欲しいマスクは要チェック!
「確かにオーバースペックかもしれない──」。これほど男子をそそる言葉があるだろうか?元ノースフェイスのバッグデザイナーとバイクレーサーが共同で立ち上げたメ...
マスクにつけるアクセサリー「マスクチャーム」のおすすめ5選です。マスクチャームのタイプやお気に入りが見つからないときのヒントもご紹介します。
夏のマスク着用時の不快感が少しでも軽減できるよう、素材に着目して夏マスクをピックアップ。「ひんやり冷感素材」でできたおすすめマスクを紹介します。