フェイスマスク。美容成分にばかり注目していた頃が懐かしい。

「私史上、最高の使い心地かもしれない」

コスメに辛口の同僚女子が、ある日そう呟いたのです。彼女が前日の夜に使っていたのは、「ナチュラシック」というフェイスマスク。これまで数え切れないほどのフェイスマスクを試し、バッサバッサとぶった切ってきた彼女に、そうまで言わせたフェイスマスク。最高の使い心地の理由は、人気の「ボタニカル成分」だけじゃなかったのです。

土佐の伝統技術に
裏付けされた使いごこち

確かにこのマスク、お肌への密着度がすごい。じつはフェイスマスクって、含まれている美容液の成分自体も大切だけど、その美容液成分をお肌にしっかり届けるために、マスクがお肌に密着することがすご〜くすご〜く大切だったって、知ってましたか? このナチュラシックには、貼った途端、包み込むような優しいタッチでみるみるうちにお肌と一体化してゆく感覚があるのです。そう、まるで熟練和紙職人の手のひらで包み込まれるかのように…。ホワワ

というのも、このマスクには「楮(こうぞ)」という土佐和紙の原料になっている植物の繊維が使われていて、この繊維がお肌に吸い付くように密着するとのこと。さらに製法にも、土佐の和紙職人の伝統的な紙漉き技術を応用使用中、家事をこなしたり、猫と遊んだりしてもなかなか剥がれてこないマスクの密着力は、土佐の伝統技術に裏打ちされたものだったのです。

商品開発の背景にある
郷土への思い

ちなみに「土佐和紙」というのは、国の伝統工芸品にも指定されている高級和紙で、「楮」はその原料。その歴史は1000年以上、平安時代以前からと伝えられているんだとか。今でもほとんどが一枚ずつ職人の手作業で作られているので、原料から紙になるまでに約10日間もかかるほど、とても丁寧な仕事がされているものなんです。

しかしこの楮、育てるのが難しくコストもかかるので、栽培後継者が年々減っているとのこと。外国産のものもあるけれど、国産の方が品質的に優秀。そこで、地元・土佐の特産品でもあるこの楮を守りたいと立ち上がったのが、ナチュラシックを製造している三昭紙業株式会社の会長さん。上質な国産の楮を守り後世に繋げていくため、自ら広大な土地を購入し楮の栽培をしたり、生産性を上げ効率的に栽培する方法の研究などまでしているんだそうです。つまりこのナチュラシックは、地元の特産品を守ることや、伝統技術を使って地元を盛り上げるのにひと役買っているというわけなんです。

マスクに乗せて染み込む
ボタニカルな成分

さらに、この郷土愛溢れるマスクに乗せてお肌に染み込んでいくのが、保湿力の高い「9種類の植物エキス」に、高保湿成分の「ヒアルロン酸ナトリウム、セラミド2」を加えた、「濃厚なボタニカル美容成分」。アルコールや石油系界面活性剤、接着剤不使用で低刺激なので、ピリピリすることもほとんどありません。ここまでくればきっと、最近手をかけてあげられなかったお疲れ気味のお肌だって、むきたてゆで卵さながらに生まれ変われる予感。お肌が元気になると、早く誰かに会いたいなぁって思ったりしませんか。週末の楽しいイベントはもちろん、明日の出社もいつも以上に楽しみになったりして。

じつは今夜、ナチュラシックな夜を過ごす予定の私。原稿をまとめながら、翌日のお肌の仕上がりまで妄想してワクワクしていることは、上司にはナイショです。

ナチュラシック、ご購入はコチラから。

Licensed material used with permission by Delight Creation Inc.
「UFO」という化粧ガジェットは、フェイスパックと同じ効果を発揮してくれて、たったの90秒で顔のケアができるようです。男性へのプレゼントなんかにもアリかも...
日本一かつおを食べる県、高知。「土佐の赤かつお」は高知県で150年以上続く、地元の魚屋さん「上町池澤本店」が秘伝のタレを使って開発したかつおフレークです。...
「確かにオーバースペックかもしれない──」。これほど男子をそそる言葉があるだろうか?元ノースフェイスのバッグデザイナーとバイクレーサーが共同で立ち上げたメ...
越前や美濃と並んで、日本三大和紙の一つとされる土佐和紙でつくった「土佐和紙プロダクツ」のご祝儀袋。かつては書籍や帳面などさまざまなものに用いられながら、洋...
平成元年に醸造された熟成酒が平成最後の年に満を持して登場!
アメリカ・オクラホマ州タルサでは、そんな彼らを好待遇で受け入れているんです。例えば、移住をすれば約110万円(10万ドル)が支給されるそう。さらに、月に約...
サントリーニ島といえば、白と青のコントラストであまりにも有名なギリシャの人気観光地。エーゲ海に囲まれた美しい島を「一度は訪れてみたい!」と思っている人も、...
Daniil Istominさんはハサミではなく「斧」で髪を切る……いや、“ぶった斬る”美容師です。
オーストラリア・シドニー発祥のパイ専門店「パイフェイス」が日本に初上陸し、話題沸騰中。この可愛い顔した“ニクい”ヤツ、決して侮ることなかれ。全16種類!日...
厳島神社、鳥取砂丘、出雲大社など、人生で一度は訪れてみたい観光スポットが「国立公園」の区域内に位置している中国地方、四国地方。日本を代表するような魅力的な...
表参道ヒルズの真裏にたたずむ キャンピングトレーラーをカスタムしたコーヒースタンドthe AIRSTREAM GARDEN〒150-0001 東京都渋谷区...
人類初の民間月旅行の発表後、イーロン・マスク邸ではスペシャルディナーが開催されていました。そこで出された食べ物は、まさかの◯◯だった!
愛媛県は、2017年3月に「四国一周1,000キロルート」を発表した。これは、四国を周遊するサイクリングロード。台湾が取り組んでいる、台湾島を一周する環島...
私はこれまで10代から90代まで、幅広い女性達の美容相談を受けてきましたが、美のお悩みは十人十色。もともと私もアトピーで肌に大きな悩みを抱えていて、美容の...
効果、効能がどうこうでなく、シンプルに「デザイン」に惹かれました。NY発の美容ブランド「Herb Essentials」です。
多くのミス・ワールドやミス・ユニバースを輩出するほど、美女が多いとされている国、インド。アーユルヴェーダ発祥の国ということもあってか、個々人が高い美意識を...
オックスフォード大学が運営をしている「Pitt Rivers Museum(ピットリバース博物館)」は、異なる文化に対する理解を深めるために、25人の難民...
管理栄養士の立場で、普段口にしている食べ物を使ってつくる「自家製パック」の紹介です。
心温まる動画をご紹介。
日本三大カルストの中で、最も標高が高い「四国カルスト」内で見ることができる風景を紹介する。「四国カルスト」は天空の道とも例えられ、ドライブやツーリングで人...
『髪とアタシ』は、ミネシンゴさんと奥さんの三根かよこさんの二人による夫婦出版社「アタシ社」から出版されています。流行の髪型だけを取り上げる美容雑誌ではあり...
2018年6月23日(土)から、アップリンク渋谷、新宿シネマカリテほか全国順次ロードショー。
もうお気づきの人も多いでしょう。1月14日、フェイスブックの「いいね!」ボタンが進化しました。え、まだ知らない?試しにボタンを長押ししてみて!フェイスブッ...
ブランドのなかでも最上級に位置されるスペックを誇る、つまりプロユースな「SUMMIT SERIES(サミットシリーズ)」からの一着。「GTX Pro Ja...