勝手にEVを充電!「フォルクスワーゲン」が発表した自律走行ロボット

出先で電気自動車(EV)の充電をするには充電スタンドに立ち寄らなければいけない。ガソリンスタンドほど数が多くなく、やっと見つけても、充電を待つ車両が列をなしていたり......。

そんなモヤモヤを解消するコンセプトデザインを「フォルクスワーゲン」が発表。EVを充電する自律走行ロボットの姿がコレだ!

この自律走行ロボットは、カメラやレーザーセンサー、超音波センサーなどを備えており、障害物や歩行者をよけながら移動するのだとか。そして、ホームステーションに配置されているバッテリーを内蔵したユニットをけん引し、特定のEVの元まで届け、充電コネクタを接続。終わったら、そのユニットを回収し、次の作業に備えるために再度充電をする。

ドライバーは、アプリなどから充電を指示できるとのこと。

この技術が実用化すれば、特定の充電スタンドに駐車する必要がなくなるため、EVを所有する上でネックになっていた部分が解決されそうだ。

Top image: © Volkswagen
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
2020年12月27日、「フォルクスワーゲン」が「ビジョンが現実になりました」という言葉を添えて、ある動画を公開した。約1年前の2019年12月26日に発...
4月7日、ソフトバンクグループも出資している自律走行車のスタートアップ「Nuro」が、アメリカ・カリフォルニア州におけるテスト走行の許可を得たと発表。
「フォルクスワーゲン」が来週21日まで開催する「The No Show Room」と題したキャンペーンは、とある森の中に設置されたショールームを見つけると...
「Elonroad」は、電気自動車のバッテリーを充電できる道路を整備するために、開発を進めています。
耐衝撃ウオッチ「G-SHOCK」より、クリエイティブディレクター 佐藤可士和氏とのコラボモデル「DWE-5600KS」が2021年3月5日に発売。
イスラエルのテルアビブ市が世界で初めて、公共交通機関を充電するためのワイヤレス電気道路を設置する試験的なプロジェクトを開始。
米カリフォルニアを拠点にする新興EVメーカー「Lucid Motors」からラグジュアリーEVセダン「Lucid Air」の詳細が発表。巷では「テスラ」の...
これは模様ではない。傷だ。
レトロな外観をもちながら、中身は先進技術で構成された、まさにレトロフューチャーな電動クラシックカー「EV CLASSIC」が、先月から先行予約を受付中だ。
「フォルクスワーゲン」は、EV化をサポートする企業「eClassics」と手を組んで製作した「ワーゲンバス」の電動モデル「e-BULLI」を発表。
イギリスのRoot7が企画・開発を行った冷たい水を入れると色が変わるユニークなボトル「カメレオンボトル」。飲んだ量を視覚的に確認できるので、1日の水分補給...
Polo。かつて世界の大衆車として君臨していたフォルクスワーゲンのGolfに代わり、その地位を着々と固めているのがこのクルマ。一般大衆にこそ静寂なクルマが...
「next cruiser EV」は、電気エネルギー100%で走行する大人が「本気」で遊びたくなるミニカー。4月からの道交法改正にも対応し、一般公道の走行...
アメリカの自動車メーカーのフォードが宅配ロボット「Digit(ディジット)」を開発しました。このロボット、玄関先まで荷物を運んでくれる優れモノです。
「メルセデス・ベンツ」の電動自動車に特化したサブブランド「EQ」から、電動キックボードの「eスクーター」が発表された。スイスの「マイクロ・モビリティー・シ...
「フォルクスワーゲン」は名作「ビートル」が去年で80年に及ぶ歴史に幕を下ろしたことを記念して『The Last Mile』と名付けられたアニメーション動画...
掃除の夢の意味とは?掃除する場所や掃除道具の種類、シチュエーション、心理別に夢占いの専門家が解説します。
唐辛子に含まれる辛味成分として知られる「カプサイシン」が、ソーラーパネルの性能を強化させるという論文を中国とスウェーデンの合同研究チームが発表。世界でもっ...
道路に埋め込まれたレールが電線の役割を果たし、電気自動車のバッテリーを充電できる仕組みを作り上げたプロジェクト「eRoadArlanda」の紹介。
今年の初めに米ラスベガスで開催された電子機器の見本市「CES 2020」でも大きな話題となった「SONY」によるEV「VISION-S」が、先日、日本で初...
韓国のクルマメーカー、現代自動車(ヒュンダイ モーター)が先月26日に発表した電動スクーター。将来的には、ヒュンダイや起亜などヒュンダイモーターグループの...
ドイツの自動車部品メーカー「Continental」が発表した宅配システムは、ラストワンマイルの前半は自動運転車が、後半はロボット犬が担ってくれるというシ...
ドイツのスタートアップSono Motorsが2019年中に販売を始めるという電気自動車「Sion」の紹介です。
12月4日、EVメーカー「Aptera Motors」が太陽光発電のみでも走行可能な三輪のEV「Paradigm」と「Paradigm+」の予約受付を開始した。