勝手にEVを充電!「フォルクスワーゲン」が発表した自律走行ロボット

出先で電気自動車(EV)の充電をするには充電スタンドに立ち寄らなければいけない。ガソリンスタンドほど数が多くなく、やっと見つけても、充電を待つ車両が列をなしていたり......。

そんなモヤモヤを解消するコンセプトデザインを「フォルクスワーゲン」が発表。EVを充電する自律走行ロボットの姿がコレだ!

この自律走行ロボットは、カメラやレーザーセンサー、超音波センサーなどを備えており、障害物や歩行者をよけながら移動するのだとか。そして、ホームステーションに配置されているバッテリーを内蔵したユニットをけん引し、特定のEVの元まで届け、充電コネクタを接続。終わったら、そのユニットを回収し、次の作業に備えるために再度充電をする。

ドライバーは、アプリなどから充電を指示できるとのこと。

この技術が実用化すれば、特定の充電スタンドに駐車する必要がなくなるため、EVを所有する上でネックになっていた部分が解決されそうだ。

Top image: © Volkswagen
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
「フォルクスワーゲン」が来週21日まで開催する「The No Show Room」と題したキャンペーンは、とある森の中に設置されたショールームを見つけると...
「Elonroad」は、電気自動車のバッテリーを充電できる道路を整備するために、開発を進めています。
これは模様ではない。傷だ。
Polo。かつて世界の大衆車として君臨していたフォルクスワーゲンのGolfに代わり、その地位を着々と固めているのがこのクルマ。一般大衆にこそ静寂なクルマが...
他店にはマネできないドムドムの独創的なバーガー。日の目を見ることなく“ボツ”となってしまった商品化NGバーガーに焦点をあてる。
「フォルクスワーゲン」は名作「ビートル」が去年で80年に及ぶ歴史に幕を下ろしたことを記念して『The Last Mile』と名付けられたアニメーション動画...
アメリカの自動車メーカーのフォードが宅配ロボット「Digit(ディジット)」を開発しました。このロボット、玄関先まで荷物を運んでくれる優れモノです。
韓国のクルマメーカー、現代自動車(ヒュンダイ モーター)が先月26日に発表した電動スクーター。将来的には、ヒュンダイや起亜などヒュンダイモーターグループの...
道路に埋め込まれたレールが電線の役割を果たし、電気自動車のバッテリーを充電できる仕組みを作り上げたプロジェクト「eRoadArlanda」の紹介。
ドイツの自動車部品メーカー「Continental」が発表した宅配システムは、ラストワンマイルの前半は自動運転車が、後半はロボット犬が担ってくれるというシ...
今年6月、渋谷の「宮下公園」が「MIYASHITA PARK」となって復活。スケート場やボルダリングウォールに加え、サンドコート仕様の多目的スペースや芝生...
ドイツのスタートアップSono Motorsが2019年中に販売を始めるという電気自動車「Sion」の紹介です。
ポップなのにシンプル、そしてスタイリッシュな面構えの冷蔵庫は、スロベニアの家電メーカーgorenje社がフォルクスワーゲン(以下VW)社とコラボレーション...
BMWの発表によれば、電気自動車のバッテリーをワイヤレス充電できるそう。つまり、駐車をするだけでバッテリーチャージが可能。充電スタンドに行く必要もなくなる...
唯一無二の存在感。熱心なファンを持つクルマは数多くあるが、そのなかでも最高の人気を誇る、フォルクスワーゲンタイプ2。通称「ワーゲンバス」とも呼ばれるこの名...
アメリカを代表するディズニー(Disney)とテスラ(Tesla)がパートナーシップを組むことを協議中という噂が......。このコラボが実現すれば、本場...
「蚕(カイコ)」を原料とした次世代食品の販売店「シルクフードラボ」が、本日20日から東京・表参道の「COMMUNE」内に期間限定でオープン。
ヴァージル アブローとコラボレーションをした「エビアン スペシャルボックス ヴァージル アブロー」が販売中だ。日本ではバーニーズ ニューヨーク限定で、70...
自律型の配達ロボットを開発した企業Starship Technologiesは、2022年を迎えるまでに米国の大学100校のキャンパスで食品配達ロボットを...
使わないときには路上に隠れている電気自動車用の充電スタンドを、イギリス企業Urban Electricが開発した。この「UEone」はアプリで操作をしたら...
米自動車メーカー「SONDORS」の電気三輪自動車「Model SONDORS」。クールなフォルムなど特長はいくらでもありますが、何より特筆すべきはその値...
常日頃からラップトップPCとモバイルバッテリーを持ち歩いている身としては、コンセントを確保するよりも、USBのほうが断然ラク。
インドの企業、Ather社が開発を進めているのは、スマホと同じくらいの時間で充電ができ、一度におよそ60kmの距離を走ることができる電動スクーターだ。しか...
イスラエルで開発されている「Electroad」は、道路そのものが電源になっています。車道を掘り、機器を埋め込むことで、その上を走るEV車のエンジンに直接...