ブリティッシュ・エアウェイズが「自律走行型車イス」の提供を発表

2月29日、航空会社「ブリティッシュ・エアウェイズ」が「ジョン・F・ケネディ空港」にて「自律走行型車イス」を提供すると発表。同日から試験導入が始まっている。

現在、同空港では年間で約50万人が歩行などのサポートを必要としており、2021年までにその人数が10%増になるとの予測から、このサービスを考案したという。

試験導入期間では、チェックインしてから搭乗口までの利用となっている。“◯◯番ゲート”と設定すると、車イスがその場所まで自動で行ってくれる仕組みだ。将来的には空港内ならどこへでも連れていってくれるようになるとのこと。

日本国内の空港でも実証実験がはじまっているこれらのサービスは、バリアフリーの観点からはもちろん、ユーザーの満足度を高めるためにも、今後、必須のものとなるに違いない。

Top image: © British Airways
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
8月中旬、「British Airways(ブリティッシュ・エアウェイズ)」は、新たな機内エンターテイメントサービスを開始。乗客がVRヘッドセットを装着し...
ナイジェリアの一部の大富豪は、自国から電話でロンドンのピザを注文。ブリティッシュ・エアウェイズを利用して届けてもらうといいます。普通じゃ考えられないような...
高度4万フィート(約1万2000メートル)で誕生したクラフトビール「Speedbird 100」。ブリティッシュ・エアウェイズとスコットランドのクラフトビ...
イギリスのヒースロー空港の職員たちが、利用者たちにこの一年の感謝を伝えるためのフラッシュモブを披露。クリスマスソング「ひいらぎかざろう」に聴き入る利用者の...
“今がツラい”みなさまを自由にするための12星座占い。元銀座ホステス・開運アドバイザー 藤島佑雪先生が、今週のアナタが「ツラい」と感じること、悩むことにお...
11月30日、秋葉原に寿司ブリトー専門店「beeat sushi burrito Tokyo」がオープンしました。
アメリカのトラッドスタイルに欠かすことにできない「ボタンダウンシャツ」。襟元に小さなボタンがある理由と米大統領ジョン・F・ケネディのこだわりとは?
「Vaev」という企業は、使用済みティッシュを販売しています。効果があるのかどうかは分かりません。オススメなんて絶対にしません。だけど、真面目にビジネスを...
ブラジルのHOOBOX ONE Roboticsが発表したのは、表情で動きをコントロールできる車イス「Wheelie 7」。
搭乗予定だった便が遅延していることをネットで知り、数時間遅れて空港へ行った3人の女性。到着してみると、他の乗客はみんな一足先に別の飛行機に乗ってしまったと...
「ポジティブなメッセージを伝えていきたい」NYブルックリン在住のラッパー、DAG FORCEの連載。
アメリカで流行る前から、寿司ブリトーを販売していたブラジルの日本食チェーン店「Koni」。
カバンの中でくしゃっとなりがちのティッシュは〈comma〉の本皮ティッシュケースで。生活必需品をちょっぴりお洒落に持ち歩ける!
ブリティッシュパブで味わうチップスとシェイク表参道の裏通りにひっそり佇む隠れ家カフェThe Shake & Chips Tokyo〒150-0001 東京...
「フォルクスワーゲン」がEVを充電する自律走行ロボットのコンセプトデザインを発表。
Kicstarterで公開中のデンマーク発「LastTissue」は洗って繰り返し使える「ティッシュ」。地球温暖化ガス排出量が問題視されるなか、使い捨てじ...
今回は池袋にある「線條手打餃子専門店」。カラフルでかわいい餃子が売りのこちらのお店。ベジタリアンにも対応しているヘルシーな餃子専門店です。
ファッション、アート、音楽を扱うニューヨーク拠点の老舗雑誌『PAPER MAGAZINE』の表紙にレディー・ガガが登場。サイボーグをイメージしたヌード姿が...
ティッシュケースはいろいろと発売されていますが、ウェットティッシュ用となると選択肢はほとんどありません。〈ideaco(イデアコ)〉の「Mochi Bin...
8月6日、ブルックリン・ネイビー・ヤードで、スタートアップ企業「Optimus Ride(オプティマス・ライド)」の自動運転車の運行がスタートした。7:0...
「絶景のなかでアイススケートをする美女」。その言葉だけでも絵になりそうな予感がしますが、この動画は間違いなく想像を超えるはず。こんなところで滑れたら気持ち...
以前、オーストラリアのイケメン消防士のカレンダーを取り上げましたが、ここでは特徴が異なるアメリカ・ニューヨークのタクシー運転手のカレンダーを紹介。
ワシントン・ダレス国際空港のコンコースAにオープン予定の「Sleepbox Nap Lounge」。ボックス型の休憩スペースで寝ることも仕事することもでき...
米ヒューストンにあるジョージ・ブッシュ・インターコンチネンタル空港がアップグレードされました。投じた費用は、約200億円!例えばターミナルEでは、新たに4...