ブリティッシュ・エアウェイズが「自律走行型車イス」の提供を発表

2月29日、航空会社「ブリティッシュ・エアウェイズ」が「ジョン・F・ケネディ空港」にて「自律走行型車イス」を提供すると発表。同日から試験導入が始まっている。

現在、同空港では年間で約50万人が歩行などのサポートを必要としており、2021年までにその人数が10%増になるとの予測から、このサービスを考案したという。

試験導入期間では、チェックインしてから搭乗口までの利用となっている。“◯◯番ゲート”と設定すると、車イスがその場所まで自動で行ってくれる仕組みだ。将来的には空港内ならどこへでも連れていってくれるようになるとのこと。

日本国内の空港でも実証実験がはじまっているこれらのサービスは、バリアフリーの観点からはもちろん、ユーザーの満足度を高めるためにも、今後、必須のものとなるに違いない。

Top image: © British Airways
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

8月中旬、「British Airways(ブリティッシュ・エアウェイズ)」は、新たな機内エンターテイメントサービスを開始。乗客がVRヘッドセットを装着し...
4月7日、ソフトバンクグループも出資している自律走行車のスタートアップ「Nuro」が、アメリカ・カリフォルニア州におけるテスト走行の許可を得たと発表。
ナイジェリアの一部の大富豪は、自国から電話でロンドンのピザを注文。ブリティッシュ・エアウェイズを利用して届けてもらうといいます。普通じゃ考えられないような...
高度4万フィート(約1万2000メートル)で誕生したクラフトビール「Speedbird 100」。ブリティッシュ・エアウェイズとスコットランドのクラフトビ...
先月、ニューヨーク市の動物福祉局は、食肉の消費量削減目標を達成するため、肉の消費を控えるよう市民に訴えかける電子メールを送付した。
11月30日、秋葉原に寿司ブリトー専門店「beeat sushi burrito Tokyo」がオープンしました。
イギリスのヒースロー空港の職員たちが、利用者たちにこの一年の感謝を伝えるためのフラッシュモブを披露。クリスマスソング「ひいらぎかざろう」に聴き入る利用者の...

人気の記事

「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
プログラミングを、PC画面とにらめっこせずに学べるツールが開発されています。「Project Bloks」では、子どもたちが遊びながらにして、自然と基礎を...
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
母親たちが経験する授乳の苦労をリアルに描いたこの動画に、共感の声が集まっている。
渋谷PARCOに先週7日(日)から「スウォッチ」の新作「ミッキーマウス x キース・へリング コレクション」をフィーチャーポップアップストアが登場。今月2...
東京・西大井の人気店「超蜜やきいもpukupuku」の焼きいもを、ボタンひとつで作れる究極の焼き芋トースター。