「気持ち悪いマタニティフォト」の裏に隠れた、心温まる話

カナダ・ブリティッシュコロンビア州ナナイモに暮らす、ToddさんとNicoleさんカップル。彼らがFacebookにマタニティフォトをアップロードしたところ、15万件のいいね!と30万件以上のシェアがされるほどの話題となりました。

まずは写真をご覧ください。

「気持ち悪いマタニティフォト」
©Todd Cameron (@burstonoutcameron) / Li Carter (@happysquea)
「気持ち悪いマタニティフォト」
©Todd Cameron (@burstonoutcameron) / Li Carter (@happysquea)
「気持ち悪いマタニティフォト」
©Todd Cameron (@burstonoutcameron) / Li Carter (@happysquea)
「気持ち悪いマタニティフォト」
©Todd Cameron (@burstonoutcameron) / Li Carter (@happysquea)
「気持ち悪いマタニティフォト」
©Todd Cameron (@burstonoutcameron) / Li Carter (@happysquea)
©Todd Cameron (@burstonoutcameron) / Li Carter (@happysquea)
「気持ち悪いマタニティフォト」
©Todd Cameron (@burstonoutcameron) / Li Carter (@happysquea)
「気持ち悪いマタニティフォト」
©Todd Cameron (@burstonoutcameron) / Li Carter (@happysquea)
「気持ち悪いマタニティフォト」
©Todd Cameron (@burstonoutcameron) / Li Carter (@happysquea)
「気持ち悪いマタニティフォト」
©Todd Cameron (@burstonoutcameron) / Li Carter (@happysquea)
「気持ち悪いマタニティフォト」
©Todd Cameron (@burstonoutcameron) / Li Carter (@happysquea)
「気持ち悪いマタニティフォト」
©Todd Cameron (@burstonoutcameron) / Li Carter (@happysquea)
「気持ち悪いマタニティフォト」
©Todd Cameron (@burstonoutcameron) / Li Carter (@happysquea)

衝撃!

彼女のお腹から生まれたのはエイリアンなんです(笑)。リアルすぎて気持ち悪いと思ってしまうほど、うまく再現されていますよね。

……で、本題はなぜこのような写真を撮ったのか?です。なんでも彼らが出会ったのは、ハロウィンで仮装をしていた時なのだとか。だから、こうしたちょっと怖いマタニティフォトを撮影したんです。ふたりの出会いをずっと良い思い出として遺すには、ピッタリなアイデアですよね。

ちなみに、撮影日の約2週間後である10月24日に元気な男の子が生まれたよと、Toddさんはコンタクトをとった時に教えてくれました。

Toddさん、Nicoleさん、おめでとう!!

赤ちゃんの成長を見続けたい方はコチラのInstagramをフォロー。

Top image: © Todd Cameron (@burstonoutcameron) / Li Carter (@happysqueak)
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
Facebookが“人々が互いを気遣う気持ちを共有する手段”として「Careボタン」の導入を発表。Facebookアプリではハートをハグするような形、Me...
9月5日、Facebookは恋人探しができる機能「Facebook Dating」をアメリカで提供開始と発表。
10月29日、スウェーデン・マルメにオープンしたのは、そんな珍味を集めた博物館「Disgusting Food Museum」。名前がすごいストレート!
11月5日、Facebookが新しい企業ロゴを発表した。
清掃機器の最大手メーカーであるドイツ「ケルヒャー」が、世界各国の清掃習慣や掃除に対する意識を調べるためにアメリカ、フランス、ロシア、中国、日本など11ヵ国...
警察官が人を呼び止めるケースは、どうしても「犯罪の取り締まり」のイメージが強い。でも、ここカナダ・ナナイモでは、真逆のことが行われています。彼らが捕まえて...
以前にも「World Topics」の記事でご紹介したオレオのインスタアカウント。彼らがまた挑戦的な投稿をしました。
Facebookの広報担当者は8月2日に「製品やサービスがFacebookの一部であることをより明確にしたい」と声明を発表。傘下にある2つのアプリ、Ins...
カナダに住むAdrian Pearceさんは、約48年間も元カノからのプレゼントを開けずに持っていました。ついに開けることになった理由、それは奥さんが痺れ...
世界三大雪まつりとも称される「ケベック・ウィンター・カーニバル」。日本でも馴染みがある氷像や氷の滑り台、アイスバーなどに加えて、カナダならではのアクティビ...
コーヒー好きは知っている、この夏「お家で最高のコーヒー」を楽しむ方法。エスプレッソキューブ、マイタンブラー、コーヒー風味のクラフトコーラ、水出しコーヒーデ...
カナダの最東端にあるニューファンドランド・ラブラドール州のフォーゴ島。この島の岩石海岸にポツリと建つホテル「Fogo Island Inn」。自然以外何も...
「Been a Slice」は古くなったパンを材料にしたビールです。
プリンスエドワード島にある「West Post Lighthouse Inn & Museum」。海の目の前にあるこの宿では、他では決して体験できないほど...
ニュースを報じた米メディア「The Verge」によると、Facebook社は新しいメッセージアプリを開発中だという。Instagramと連動して使用され...
もともとケータリング事業をおこなっていたJagger Gordonさんは、ゴミ箱行きの食材を取り扱ったスーパーマーケット「No Waste Grocery...
国内外のアウトドアブランドが手がけるマスクをまとめて紹介します。今夏、待ってでも欲しいマスクは要チェック!
ミニマリストのためのブランド「less is」より、手のひらサイズに折り畳めるクラッチバッグ「手ぶらエコバッグ」が登場。ポケットに忍ばせて外出すれば、急な...
フェイスブックジャパンは、5月17日から19日の期間限定で「Facebook Café」を原宿にオープン。このカフェ、スイーツもドリンクも全部タダなんです。
カナダで紅葉といえばメープル街道。でもね、こんな素敵な場所もあるんですよ。
ディズニーワールドで離れ離れになってしまったカップルの話です。
ワーキングホリデービザを取得できるとして、海外で働きたいと考えている人が注目しているカナダでも、移民・難民の権利に関する問題は未だに根絶できていません。
8月13日、アメリカの百貨店「Kohl’s」がFacebookと手を組んで、ミレニアル世代向けの新たなコレクション「Curated by Kohl’s」を...
カナダとオランダは、両国間の空の移動でパスポートをペーパーレス化する取り組みを発表。年内に試験を行い、2020年をめどにペーペーレスフライトの実現を目指す。