80種類の「気持ち悪い」が集まった博物館

メキシコではアリの卵、フィリピンではアヒルの胎児、イタリアでは極限まで発酵したチーズなど。世界には耳を疑うような“食べ物”がたくさんありますよね。

10月29日、スウェーデン・マルメにオープンしたのは、そんな珍味を集めた博物館「Disgusting Food Museum」。名前がすごいストレートだし、絶対に行きたくない……(苦笑)。

とは言っても、誰かの気分や調子を狂わせたいワケではない様子。「気持ち悪いという感情は文化の違いからくるもの。ある国の人々が好んで食べているものが、別の国では未知で気色悪いものになってしまう。ゲストには固定概念が取り払われるような体験をしてほしい」と、このミュージアムを手がけたSamuel Westさんは言います。

世界中から集められた80種類の珍味の中に「納豆」が入っていることを考えると、彼の言葉の意味も分かりやすいかもしれませんね。

2019年1月27日までの期間限定オープンです。行きたくないなんて言ったけど、怖いもの見たさで訪れてみたいって気持ちもあるな〜。

Top image: © Anja Barte Telin
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

企業が商品化したものの、売れずに市場から姿を消した、「失敗作ばかりを集めた博物館」が、スウェーデン南部ヘルシングボリに今月7日オープンした。開発企業からす...
シカゴのピザ博物館「The U.S. Pizza Museum」。5月31日、展示スペースが拡大する形で再オープン。展示品には“ピザの剥製”も……。シカゴ...
世界最大級の大英博物館で、2019年、大規模な日本の漫画展が開催予定!展示内容は、ポケットモンスターやONE PIECE、ボーイズラブまであるとのこと。
サンディエゴにある「Museum of Beer」。ここは、一度にたくさんの地元のビールやクラフトビールを堪能できる場所。テースティングエリアには、65種...
干し野菜の王道「ドライトマト」を使って、自家製「ドライトマトのオイル漬け」をつくってみよう。
ロンドンの若者が集まる街、カムデンに「女性器」をテーマにした「Vagina Museum」が11月16日にオープンする。
スウェーデンの首都、ストックホルムから1時間半ほど北西へ車を走らせたところにある村「Sätra Brunn(サトラ・ブルン)」が「クリスティーズ」で販売。...

人気の記事

国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
NBA選手3人が、フェイクミート製品会社「ビヨンド・ミート」と提携し、ホリデーシーズンを祝福するクリスマスソングのオリジナルカバー動画を公開。
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」のミュージアムショップがセレクトしたスピーカー/ラジオ「OB‐4 マジックラジオ」が日本初上陸。DJコントローラーの...
「ジョニーウォーカー」の最高峰ブルーラベルから、200周年の数量限定ボトル「ジョニーウォーカー ブルーラベル レジェンダリー エイト」が発売された。
1月20日まで、クラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて資金調達をしている「Tatamu stool」は、東京をベースとする建築家たちが...
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...