馬って真下から覗くと…あなたには何に見えましたか?

写真を見ながら、一瞬、言葉を失った。これまでの人生ではじめて見るアングルに妙な美しささえ感じてしまった。

一連の写真を撮影したのは、リトアニアをベースに活躍するフォトグラファーのAndrius Burba。犬や猫やウサギなどを真下から撮影するプロジェクト『underlook』を続けてきた人物。今回の馬は最大の被写体になり、Andrius本人にとっても最大のプロジェクトになったのだそう。

気になるのは撮影方法だけど…分かるだろうか?

88e0f10d98ee0e3c613a653ac5edad481cd1658bD65efa6a9b350fd97726e430eed841eaf7bda2d8262bd26291cf636ee760a0d53ff3cd3cbead12bc018222f29e2904d4735e2fc09f2b135063d26008Eb75884176dabc9c0be7b50b278e54aa348d43291580db9771af51f20f5ed91200abf37d56b4e1a90afc7bbddbf06a74f558cb38933935d6f2006f9fEaf67d5aca04eecf5d8446bcadf2ba45f0c99b5405c8e6056f9c6e6f97fff173802abe41eafa4712Cb9b76c278da4298cc6d233ef08f292eca2be1a48b4e71e5cddedf0c6c27f0b1eeea7ac79dd17954755c7473842837e5ac9048cea16348447a42ebcd

正解は、地下3mの穴を掘り、600kgもの馬の体重に耐えられる強化ガラスを使い、撮影したとのこと。このクレイジーなプロジェクトにかかわったのは、じつに40人以上ということからもスケール感がうかがえる。

これに飽き足らずAndriusは、さらに大きな被写体を撮るためにプロジェクト資金を集めている。現在、枚数限定の写真やTシャツをサイトで販売しているとのこと。

次は、虎?キリン?それとも象?いずれにしても、見たこともないアングルになることは間違いないだろう。

Licensed material used with permission by Underlook, (Facebook)
ガラスの下から撮影したこの写真。愛くるしい表情、ふっくらとした顎と口、ぎゅうっと潰れた柔らかい肉球。いつもと違うアングルから見るニャンコたちにうっとりしま...
イギリスのリンカン大聖堂にディスプレイされた馬の彫刻。実物大の迫力もさることながら、驚かされたのはその素材なのだ。答は、なんとA4サイズの紙なのだ!?これ...
動物と人との関わり合いをテーマに、長く写真を撮りつづけてきたシャルロット・デュマ。彼女の写真と向き合うとき、そこには、ただ「言葉なく見つめる」時間だけが流...
普通に生活していると、なかなかこんなところにまで意識は及ばない。でも、言われてみるとなるほどなと思う。世界初の馬専用スニーカーは、決して単なるオシャレアイ...
世界で初めてスーツを着ている競走馬がお披露目されたのは、「Cheltenham Festival」。毎年イギリスで開催している、競馬の障害競走のイベントで...
幕府を倒して、天皇の下に統一された国家が必要だと考えるようになり、薩長同盟を結ばせ、大政奉還という大変革を日本にもたらした彼の思想は、死してから150年経...
馬はエネルギーの象徴。そのため、夢に現れたときには無意識からのメッセージを数多く秘めているものなのです!<名馬の夢>→努力が報われる予兆勝利や発展、栄光を...
“つくり込まれた” 写真を目にする機会が増えました。もちろん、それも美しいしおもしろいけど、実際の風景や空気感とはかけ離れていることも、しばしば。東京在住...
イギリスに出現したCAVALRY 360°は、3mほどあるインスタレーション。風が吹くと、馬の蹄の音を奏でます。この地方に生息していた500頭以上の馬を、...
左右対称に黒いインクを垂らして描かれた不明瞭な絵。そこから見えたものをもとに判断する「ロールシャッハ・テスト」が、実際に精神科で心理測定として使われていま...
距離はそこまで離れてはいないけれど、なかなか足を運ぶキッカケがない。モンゴルには、どこか“近くて遠い”印象がありませんか?ここで紹介するのは、そんな同国の...
総合旅行サイト・エクスペディア(Expedia)が、セント・ジュード小児研究病院で小児ガンとたたかう子どもたちの「夢の冒険(Dream Adventure...
夏らしい青空もないし、透き通った美しい海もない、なのにカラッとした心地いい日本の夏の「暑さ」を感じる写真たちです。撮影したのは東京在住のブラジル人フォトグ...
プロのモデル並みとはいかなくたって、自分のあるべき場所で生き生きしている姿は、やっぱり美しい。大切な家族のそばで見せる笑顔であったり、しごとに勤しむ時の真...
イギリス在住のEmma Massingaleさんは、馬のトレーナー。AlbertとErnieという二頭のシェットランドポニーと一緒に暮らしています。イギリ...
166年前に発明された技術を使って、子ども達の写真を撮影し続けている、スペインのアーティスト・Jacqueline Robertsさん。坂本龍馬の有名なポ...
世界各国の若者の部屋を6年間にわたり撮影。フランス、スイスなど世界各国で続々出版。「ナショナルジオグラフィック・ポーランド」が絶賛し、いま、全世界で話題沸...
フォトグラファーにとって「雨」は、天敵とも言えるかもしれません。高価な機材は濡れてしまうし、一般的に撮影自体も難しくなります。でも、「雨の日にしか撮れない...
日本ほど四季折々の景色が楽しめるところは、世界にもなかなかありません。とくに紅葉は美しく、11月は多くの地域で見頃となっています。でも美しい紅葉が楽しめる...