【神対応】「耳が不自由な人」にスタバの店員がとった行動とは?

コーヒーチェーン、スターバックスの店員さんの接客対応が素敵なことは、ヘビーユーザーでなくとも周知の事実かもしれません。そのホスピタリティを体現するエピソードが、SNSで大きな反響を呼んでいます。

モニター越しに
手話で対応OKなスタバ

Starbucks! This is what I'm talking about! ❤️Share it away! We can change the world! :)For Licensing/Usage Please contact licensing@viralhog.com

Posted by Rebecca King on 2015年11月3日

 

舞台は、米フロリダ州にあるスターバックス。ドライブスルーを利用したのは、耳の不自由なRebecca Kingさん。乗ったまま注文できるカーポートの前に車を停めました。

「こんにちは。ご注文は何にいたしますか?」

スピーカーからの声に応答できないRebeccaさんに、もう一度同じ質問がかかります。電子看板のただ1点を見つめる彼女、きっとそこにはカメラのレンズがあるのでしょう。

スクリーンショット 2015-11-12 16.07.45

しばらくすると、電子看板が切り替わり「ハーイ!」モニター越しに手を振る、女性店員( Katie Wyble)さんが登場しました。すると彼女、手話を使って難なく注文を取っていくではありませんか。フラペチーノ2杯は、問題なくRebeccaさんの元に届いたそうです。
実はKatieさんは大学で手話を学ぶ学生。ドライブスルーをよく利用するRebeccaさんとは、以前から手話でコミュニケーションを取っていたのだそう。

Global News」が伝えているスターバックスの公式コメントによれば、このドライブスルーの周辺には、視覚・聴覚障がい者の通う公立学校があり、ビジュアルコミュニケーションの必要性を考慮して双方向通信可能なビデオカメラを設置しているのだとか。

マニュアルよりも
ホスピタリティ最優先

 Your coffee please

「わたしたち聴覚障がい者にとっても、スターバックスは本当にありがたい存在。手話を使えるスタッフがいる店が、どこにでもある訳じゃないですからね。世界中のドライブスルーで彼女のような手話ができるスタッフがいてくれたらな」

Rebeccaさんはこの経験をFacebookに投稿することで、店員さんのホスピタリティを世界に向けて紹介したかったのだそうです。その思惑通り(いやそれ以上)に、動画はあっという間に拡散されていき、ついには1,100万回再生にまで!

スターバックスは、アメリカ国内のドライブスルー利用ができるおよそ2,000店舗で、モニター付き電子看板への切り替えに着手したと「NBC」が報じています。つまり、お店の数だけ手話ができるスタッフがいるということ。一杯のコーヒーとともに、親密なコミュニケーションの時間も提供している。そんなところが多くのファンを惹きつける理由なのかもしれません。

Reference:Global News , NBC
Licensed material used with permission by Rebbeca King / ViralHog

マレーシアのクアラルンプールにある、スターバックス。コーヒーの豊かな香り、一杯ずつバリスタが淹れる光景、一見普通の店舗と同じように見えるかもしれませんが、...
私がシアトルに住んでいると話すと、「何が有名?」と聞かれることが多いんですが、「スタバの本社がある街だよ」と言うと、けっこうみんなすぐにピンと来るみたいで...
私は耳が聞こえないことを障がいだとは思わない。そう語るのは、映画監督の今村彩子さん。彼女は生まれながらにして耳が聞こえない。学校では友達の輪に入ってお喋り...
「Nadi X」は、足首と膝、お尻にセンサーが埋め込まれているヨガパンツ。
出産ストーリーって、自分で経験したことがないと、何度聞いても腑に落ちることはないのでは?自分でリアルに感じることが難しいからかもしれません。けれど、Aly...
地域の特性を活かしたコンセプトストアを各地に展開するスターバックス。そのひとつ富山環水公園店は、「世界一美しい」と賞賛されるスタバなんだそう。どれどれ、I...
スターバックスに通うようになってもう何年も経つが、そのホスピタリティの高さには毎回感心してしまう。通勤途中にある店舗では、ブラックエプロンを身につけた、店...
2014年に、シアトルにオープンした、店内に焙煎施設がある「スターバックス リザーブ ロースタリー」。先日、第2号となるお店が、12月5日、上海にオープン...
昨日9月9日、全国のスターバックス店舗で、あるキャンペーンが実施されました。それは、ドリップコーヒー、エスプレッソビバレッジ、コーヒー風味のフラペチーノを...
アメリカ国内だけでも11,000以上の店舗数を誇るスターバックスが、11月1日より新たなデザインのカップでの提供を始めました。おなじみウェービーヘアのサイ...
長年にわたり世界中の「お酢」を探求してきた専門家が語る、お酢の魅力。
2016年5月15日にFacebookに投稿された後、2万シェアを超え、コメントが殺到したのがコチラのポスト。テキサスのバーガーショップで起きた、ある事件...
経済的な理由で、卒業できずに大学を去ってしまう学生が多いアメリカで、画期的なプログラムが発表された。世界最大の米コーヒー店チェーン・スターバックスが、アリ...
メルボルンがカフェの街といわれるのは、コーヒーの質が高いということではなく、お店全体に広がる「おもてなし」の気持ちと、コーヒーにたっぷり注がれている愛情の...
アメリカでは、5月の最終月曜日は祝日。メモリアルデー(戦没将兵追悼記念日)です。軍隊になじみのない人には、ともすればパーティーへ行くための祝日として捉えら...
ここは、青森県にある「スターバックス弘前公園前店」。大正ロマンを思わせる素敵なデザインですが、珍しいですよね。それもそのはず。国の登録有形文化財である「旧...
専用のサーバーで注がれる、まるで黒ビールのようなドリンク。これこそが、窒素ガス入り水出しアイスコーヒー「Nitro Cold Brew(ニトロ コールド ...
「Amphibio」は、デザイナー亀井潤氏によって開発された人間用のエラ。地球温暖化により、人類が地上に住めなくなったシーンを想定して作られているとのこと。
メイク方法を紹介しているビューティーブロガーCatherine Martinezさん。聴覚障害者の人たちとの壁をなくすために、手話を使って動画を配信しています。
「Inspired by STARBUCKS」は、従来の店舗とは違う、新たなスタイルのスターバックス。ビールをはじめとするアルコール類など、ここだけのオリ...
ペンシルベニア州に暮らすIanさんとLarissaさんMurphy夫妻。夫のIanさんは、交通事故の影響で脳に重い障がいを抱えています。この動画は、献身的...
「the Mighty」に投稿された、拒食症に苦しむある女性が綴った手記を紹介します。彼女は普段、流動食のチューブをつなぎながら生活していて、かつ鬱病も患...
はじめはシンプルなきっかけだったそうです。ポーランドに住むMateusz Machは、ヒップホップが大好きな17歳。「友達同士のふざけたメッセージのやりと...
2018年7月1日を境に、シアトルのレストランでは、プラスチック製ストローなどの提供が禁じられるそう。これに先駆け、「Strawless in Seatt...