バーガーショップに長蛇の列。その理由にコメントが殺到!

2016年5月15日にFacebookに投稿された後、2万シェアを超え、コメントが殺到したのがコチラのポスト。テキサスのバーガーショップで起きた、ある事件とは?

以下、その内容を紹介します。

バーガーショップの店員と、
その利用客のやりとりに感動!

こういうことを投稿するのは初めてだけど、今夜見たことをシェアしたいと本当に思った。

彼氏と「Whataburger」のドライブスルーに行ったら、全然順番がまわってこなくて、しびれを切らして店内に入ることにした。

中は長蛇の列。でも、時間はもう深夜一時過ぎ。お腹は空いていたけど、我慢して並ぶことにした。でも、なかなか前に進まなかった。

何人か働いている人が見えた。時間がかかっているのはなんでだろう?と疑問に思った。けれど、前のカップルに順番がまわってきたとき、その理由がわかった。

女の子が注文内容を伝えると、受付の店員は彼女に笑顔を送ってこう言った。

店員「私は耳が不自由なので、ゆっくり話していただけますか?」。

女の子「あ、もちろん!」。

彼女は店員の言うとおりにもう一度注文を始めた。だけど、やっぱり聞き取りづらいようだった。すると、女の子はペンと紙を手に取り、注文を書き出した。ためらいや苛立ちは見せずに、彼の仕事を親切にサポートしていた。

私は、自分の注文を終えたあとも、並んでいる利用客が彼にどんな反応をしているのか、その様子を眺めていた。もし、短気な人が現れて文句をつけ出したら、みんなもっと待たなければいけなくなるし、ガマンできなくなってしまう。でも、そんな人物はひとりも現れなかった。

みんな彼に合わせて、文字で注文していた。一言のクレームをつけることもなく、ただ彼に微笑みかけていた。

この話を共有する理由は2つある。

1つ目。耳に障がいがある彼には仕事があり、常にコミュニケーションが必要とされる環境で働いている。

彼は、フェアな職場を与えられ、快く、笑顔で努力を続けている特別な人間だ。それって、とてつもなく感動的で注目するに値する。「Whataburger」に敬意を。

2つ目。世界はとてもひねくれていて、毎日他人をいじめるような人間を目にする。うまく伝えられないけれど、ここで大勢の人々の小さな親切を目にして、どんなに心が洗われたことか。それぞれが持っているプライドや、自分が抱えている問題、空腹、そういうことを忘れられる出来事なんてそうそうない。でも、この日は自分のことではなく、他人のことばかり考えていた。目が覚める思いがした。私は、この瞬間に起きた出来事を忘れない。

Licensed material used with permission by Kolbie Sanders
耳の聴こえない人はどうやって気になる人をデートに誘ったり、誘われたりするの?耳が聞こえる、手話ができない人との恋愛は?など、普段は聞けない聴覚障害者の恋愛...
メイク方法を紹介しているビューティーブロガーCatherine Martinezさん。聴覚障害者の人たちとの壁をなくすために、手話を使って動画を配信しています。
12月20日をもっての閉店を発表し、衝撃を与えたパリのセレクトショップ「colette」。9月には「sacai」が1ヶ月限定で出店したことも記憶に新しいで...
1976年ミネソタ。冒険とハンバーガーをこよなく愛するH.RockwellとJ.Wattのふたりは、アドベンチャーバーガーというショップを開いた。『BUR...
海外旅行中に行くなら、スーパーマーケットよりも「セブンイレブン」の方がおもしろい。日本で使い慣れているからこそ値段や味、デザインの比較がしやすくて、疑問や...
オランダのスニーカーブランド「Maecer Amsterdam」が、あのNASAとコラボしたスニーカーを販売すると発表しました。
『The BEACH BURGER HOUSE』で食べたハンバーガーは、これまで自分が食べた中で一番美味しいと思った。ビールを飲みながら3つも食べた。世界...
「The BEACH BURGER HOUSE」があるのは、2017年に大きくリニューアルしたばかりの「フェニックス・シーガイア・リゾート」から、車で5分...
シェフ達は、愚かな間違いをしている。「Deadspin」のライター、クリス・トンプソンが公開した記事の冒頭に、こんな言葉がある。彼が異議を唱えたのは、『従...
「キャプテンカンガルー」は、大阪にBARスタイルの本店と、沖縄の名護にハンバーガースタイルの店舗をもつ人気ショップ。2015年にはトリップアドバイザーのエ...
余談ですが“バッファローウィングフレーバー”も同時に売り出すようです。
ぶっちゃけ、ハンバーガーショップのCMかなにかだろうけど、その制作の舞台裏を紹介したメイキング動画なんだけど、人々をショップへと駆り立てるための動機づくり...
バンズの代わりにお米を使ったあの「ライスバーガー」は、自宅でも簡単に再現できるんです。はさむ具材もアレンジ自在ですが、どうせならばヘルシーに。
〈CAMBRO(キャンブロ)〉の「CAMTRAY(カムトレー)」です。たまーにお店なんかでも使われているのを見かけますが、もともとが業務用。本国アメリカで...
聴覚に障害のある人たちに、ある質問をした「Cut」のインタビュー動画がいま注目を集めています。彼らにとって、それはとてもデリケートな問いかけ。「今までされ...
アメリカ国防総省からは約11億円の投資を受けているそうですよ。
森のバターことアボカドを使った商品は、いまでも多くの飲食店の稼ぎ頭。中でもハンバーガーショップでの貢献度の高さはピカイチでしょう。そう聞いて、いまあなたの...
インターネットが登場して、ジャーナリズムは劇的に変化しました。テレビの時代は情報を受け取るだけだったのが、オンラインのニュース記事にコメントをつけて双方向...
全米規模で行われる伝統的なミスコンの「ミス・アメリカ」が現地時間9月10日に開催されました。そこで候補者のテキサス代表のMargana Woodさんがイン...
音声を手話にしてくれるロボットアームが登場しました。これは、大学生3人による「Project Aslan」が、聴覚障害者とのコミュニケーションの壁を減らす...
この出来事を自分なりに解釈するならば、日本の大学を卒業したサッカー選手がいきなり海外へと渡り、経験を積んでからJリーグへ帰ってくるようなもの。これが今、ハ...
山に登るという行為の理由は、それを経験したことがない人に説明するのは難しい。ただし、どこか詩的な余韻を残したジョージ・マロリーのことば「そこに山があるから...
大好きなものを、大好きな人と一緒に食べることが、じつは一番の健康法なのかもしれません。米・ワシントン州に、それを体現しているかのような可愛らしい夫婦がいま...
私は耳が聞こえないことを障がいだとは思わない。そう語るのは、映画監督の今村彩子さん。彼女は生まれながらにして耳が聞こえない。学校では友達の輪に入ってお喋り...