長い人生、何が起こるかより「どう捉えるか」のほうが重要だ

生きていれば、いろいろなことが起こります。辛いことも悲しいこともありますが、ちょっと視点を変えれば、それは人生の大切な教訓になるかもしれません。

The School of Life」は人生に降りかかるたくさんの出来事に対して、どのように向き合えばいいかをアドバイスしています。

人生に疲れることも
あるでしょう

人生で起きる悲しい出来事に疲れ切って、生きることに意味なんてない、と判断してしまうのは簡単なことです。

今までどれほど多くの間違いを犯したのか、叶えられなかった夢や目標はどれほどの数になるのか。そんなことを考えると、シェイクスピアのマクベスのセリフように、「人間は呪われた生き物である」と感じるかもしれません。

人生は歩く影に過ぎない。下手な役者だ。
出番の時は舞台の上で派手な身振り大きなため息もつくが、終わるとふっと居なくなる。人生は白痴の語る物語だ。

響きも感情も騒々しいだけで、 そこには何の意味もない。

シェイクスピア『マクベス』より

マクベスは、人生は騒々しいばかりで何の意味もないと述べます。しかしそれはどうでしょうか。私たちは十分な思いやりと洞察力を持って人生を振り返ることで、何かを得ることができるのではないでしょうか。

同じ出来事が
絶望にも希望にもなりうる

絶望と希望は表裏一体です。同じ出来事を絶望と捉えるか、希望と捉えるかで変わってきます。

私たちは常に、自分の心の中で自伝を書いています。これは現在の自分の状況を過去の出来事と関連づける作業で、ほとんどの人が無意識的に行っていることです。

ひとつの物事に対して、それをひどい災害と捉え、楽観主義的思考を捨てて絶望と判断してしまうこともあるでしょう。しかし同じ出来事から、もっと希望に満ちた別の物語を語ることもできるはず。

ドフトエフスキーやプルースト、イエスの自伝を見れば、その人生が感動的で高潔で優しさに溢れたものだと思えるのでは。

どんなにひどい失敗も屈辱も、人生にとって大切な意味があることを私たちは知っているはずです。間違いは成功するために必要なものが足りなかったというヒントを与えてくれ、喪失は私たちが何を必要としているのかを教えてくれます。

たとえ混乱と間違いと失敗を繰り返し、誰かを傷つけてしまう日々を10年間過ごしたとしても、その経験はその後の人生を成熟させるのに必要だった、と捉えることができます。

私たちは自分のアイデンティティを確立するために失敗が必要で、正しく他人を理解するために失恋が必要なのです。

そのように解釈して心の自伝を書き直せば、私たちは人生の失敗を許すことができるでしょう。

たくさんの過ちの先に
幸せがある

優れたストーリーテラーは、人生の中心にあるのが災難や勝利だけでないことを知っています。私たちは、自分自身に何が起きたのか、そのすべてについて書ききることはできないでしょう。自分ではどうしようもない、政治や経済や他人についての問題を、自分の問題として捉えすぎないことです。

毎日、私たちは自分自身の生活を振り返ります。なぜ痛みがあるのか、どうしてチャンスを取り逃してしまったのか、または、なぜ幸福であるのか。

きっとほとんどの人の人生が、欠陥があって、盲目的で、欺瞞だらけで、それでも最終的には威厳と努力の末に成り立つ物語であると思います。生きていると絶対に、良い一日もあることでしょう。いくつかの分野でちょっとした成功を収めることもあるでしょう。

だから、失敗をすべて無意味だと切り捨てる必要はないのです。

Licensed material used with permission by The School of Life
マイナス思考は、人生をつまらなくします。ネガティブなことに振り回されずに生きていけたら、人生は今より楽しくなるに違いありません。でも、どうすれば自信が持て...
「Higher Perspective」にポジティブに生きるための5つの習慣が掲載されています。自分をネガティブだと捉えている人たちの中には、前向きになり...
もしあなたがネガティブだとしても諦めないでください。悲観的な考えをしてしまうからと言って、前向きになれないわけではないのです。ここに今すぐ試せる6つのこと...
「物事がうまくいかない、ということはあり得ないんだ」と言われたらどう思いますか?いやいや、うまくいかないことだってあるよ、と言い返したくなりますよね。「E...
ミレニアル世代をターゲットにしている航空会社「Joon」。年々増える子持ちのミレニアルズを考慮してか、Cosy Joonという新サービスを開始です。
オランダの子供服ブランド「adam & aoki」が、さらされた紫外線量に応じて袖の色が変わるTシャツを開発!
精神や心を重要視するこの時代、質の高い人生を送るためには、正しい心のあり方を知る必要がある。こう説くのは、『人生が変わるマインドフルネス』(幻冬舎)を上梓...
当然ながら、人生には楽しいこともあればつらいこともあります。ただここで確認しておきたい大切なことは「人を成長させてくれるのは、つらい経験のほう」だというこ...
人生、このままじゃダメだとわかっていても、一度ネガティブ思考のスパイラルに陥ってしまうと、そこから抜け出すのは簡単ではありません。ここでは「Elite D...
誰もがずっと若くいたいと思って、長生きをする。それは医療の発展で無理に長生きする方法だってある。できれば長く生きたいが、その一方で、命限りある人生に一定の...
看板メニューは「ゴルゴンゾーラ・エスプーマ」 10種類のソースでムール貝を楽しめる、中目黒のフレンチビストロムール&ビストロ massa〒153-0051...
どんなに辛いことがあっても「やはり前向きに生きることが大切」なのだと実感させてくれる記事を紹介。ここにある17のことを、ひとつづつ取り入れていくと、人生へ...
心理学を教えていた元高校教師でもあるライターAndrea Shulman氏は、科学的な視点で様々な情報を紹介する「Expanded Consciousne...
たとえ職場を変えても、新たな街に移り住んだとしても、ネガティブな人というのは必ずいて、あなたに付いてまわります。周りを変えることはできないからこそ、ポジテ...
旅には、人生が凝縮されています。
「The World Whisky Advent Calendar」は、中にウイスキーが入ったアドベントカレンダー。世界中からセレクトされた24種類をクリ...
何か気がかりなことがあって、ネガティブな思考に捕らわれてしまうと、普段できていることができなくなったり、楽しいときもどこか憂うつな気分が抜けなかったり。「...
「別れ」という事実を受け入れるだけでも、相当辛いのに。
「感情なんて、あっても邪魔なだけ。必要ないよ!」と思う人もいるかもしれませんが、ネガティブな感情も、全ての「感情」は生きるために大事な役割を果たしています...
生きることは悩み、考えること。誰もがふとした瞬間に自分の生き方について、つい考えてしまうのではないでしょうか?ここでは、家入一真さんが発案し、絶望名言委員...
自己啓発でよく言われる「若い頃は、たくさん失敗しよう」というフレーズ。だけど、具体的にどんな失敗が、どう将来に役立つのでしょうか?米メディア「Elite ...
仕事に追われ、忙しい日々に追われる人たちは、自分が成し遂げた成果を省みてポジティブになるより、自分の失敗を振り返ってはネガティブになり、自分自身に厳しくな...
多くのキャリア指南書で「もっと失敗を経験すべきだ」と書かれていますが、それでも今なお、失敗=恐ろしいもの、という考えが拭えない人はたくさんいるはず。ここで...
楽天的な人は何も考えていないという事はない。彼らはむしろ、ネガティブな事が起きた時に軌道修正ができたり、物事に対して冷静な判断を下せたりする。ライターのS...