「香り」だけのメニューを揃えた「aroma-bar(アロマバー)」

都内で間借りをしながら営業をおこなう「アロマ喫茶カホリト」が、9月から香りだけのメニューを揃えた「aroma-bar(アロマバー)」をスタートした。

香りを中心にメニューを組み立てる構成で、店主のアロマ調香の経験が活かされたハーブやスパイス、食用の精油をほんのりと感じられるドリンクやフードメニュー、そしてオーダーの際に渡される「welcome aroma」があるのが特徴だ。

7種類のシングルオイルと2種類のブレンドオイルの香りは季節ごとに入れ替えられ、ムエットにつけて香りを持ち帰ることもできるので、ハンカチマスクなどに挟んでおいて長く香りを楽しむこともできる。香りは1種類100円から。

「香りを嗅ぐ」というのは、自動的に呼吸が深くなるため、それだけでも副交感神経が優位になりリラックスできる。店主は「天然の植物の香料の香りを、コーヒーなどと同じ感覚で『ああ、今日はあの香りが嗅ぎたいな』と、ふらりとカフェで香っていこうという人が増えるといいな」とのこと。

アロマバーを体験できる場所は現在2ヵ所で、代官山の「サッページ」(第1、2月曜日12:00〜15:00。祝日除く)と浅草橋の「リトルジャパン」(第1火曜日12:00〜16:00)。

詳細や直近情報はInstagramでチェックを。

©2020 アトリエ・リクト

アロマ喫茶カホリト』

【公式ホームページ】

http://kahorito.lykt.blue/sweets

Top image: © 2020 アトリエ・リクト
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
テーブルウェアブランド「KINTO(キント)」から、キャンドルで温めるアロマディフューザー「AROMA OIL WARMER」発売。
ここは、カクテルを飲む習慣がない人にこそ行って欲しいお店。恵比寿の名店「Bar TRENCH」です。このお店のメニューには、ジントニックやモヒート、マンハ...
お香をスタンドの中に入れてカバーをかぶせると、山のてっぺんから煙が出るという粋なデザインが特徴的な「Aroma Mountain」。お香の香りを静かに広げ...
今日も、世界のどこかの「喫茶店」では。
現生ペンギンの共通祖先は、いつどのようにして地球上に現れたのか──? これまで多くの研究者たちが調査を続けてきたその謎が、ついに解明された。
フレグランスにこだわる人であればあるほど、お気に入りの香りがあって、それはもう人それぞれ。
アジアNo.1の女性パティシエが手がける。 デザートとお酒が夜遅くまで楽しめる、日本初のデザートバーJANICE WONG DESSERT BAR〒151...
オーストラリア発の「パーフェクトポーション」より、香りつきの「アロマハンドスプレー」が登場。レモン、ラベンダー、ティーツリーが香るハンドスプレーは良い匂い...
3月26日、英国発のハンドメイドコスメを展開する「LUSH(ラッシュ)」のオンラインストアで、LUSH原宿店限定で販売されていた「バブルバー」29種類に新...
22日(金)にリニューアルオープンする新生・渋谷PARCO内で、未来型SAKEセレクトショップ&BAR「未来日本酒店/KUBOTA SAKE BAR」が営...
スピーカーとスマホの充電機能を搭載した多機能テーブル「スマートテーブルZ9」が応援購入サービス「Makuake」で予約を受け付けている。
餃子×オニオングラタン×ワイン フランス流!表参道で味わう新感覚の餃子専門店GYOZA BAR Comme a Paris〒150-0002 東京都渋谷区...
ノンアルコール飲料の需要は年々高まっており、イギリス・ロンドンでは新しいジャンルとしてバーやカフェなどでも「MOCKTAILS(モクテル)」というノンアル...
週末飲んではしゃいで、天国みたいに楽しい時間を過ごしたのはいいけれど、あとから地獄のような二日酔い…。そんなつらいハングオーバー(二日酔い)を癒してくれる...
フロリダ州の、とあるBARの女性用化粧室に貼られた、一枚の紙。そこに書かれていたのは、もしも危険なデートで男性から逃げたいシチュエーションのとき、女性を救...
「Amazon」は、9月18日~23日に期間限定バー「Amazon Bar ~Tasting Fest~」をオープンする。場所は、天王洲のキャナルエリア。...
「株式会社京都紋付」から、リウェアブランド「K」がデビュー。究極の黒に染め上げる「黒染めサービス」でお気に入りの服が美しく生まれ変わる。
廃棄物ゼロを目指すフランスのバイオテクノロジー企業「geochanvre」が、マスク需要の高まりを受けて、堆肥化可能な材料で出来たマスクを開発し注目が集ま...
以前にも「World Topics」の記事でご紹介したオレオのインスタアカウント。彼らがまた挑戦的な投稿をしました。
フーコック島のホテルの19階にあるバー「INK360」。同島で一番高い場所にあり、もちろん景色は抜群。メニューにはないスペシャルカクテルもあります。
不気味な色をしたドリンク。これらはすべて、化学をテーマにカクテルを提供するバー「Viscocity」で飲めます。
、認知能力をあげ、頭の回転を早くするための「栄養バー」なるものの存在を知ってますか?
東京・南青山に期間限定(3月22日〜31日)でオープンする「SAKURA CHILL BAR」。佐賀県の日本酒や名産品のおつまみがウリのこのお店は、室内で...
東京から、たった4時間。週末トリップの目的地として常に人気のこの国には多くの魅力が溢れている、なんてこと今さら言うまでもないでしょう。むしろ「おすすめスポ...