「香り」だけのメニューを揃えた「aroma-bar(アロマバー)」

都内で間借りをしながら営業をおこなう「アロマ喫茶カホリト」が、9月から香りだけのメニューを揃えた「aroma-bar(アロマバー)」をスタートした。

香りを中心にメニューを組み立てる構成で、店主のアロマ調香の経験が活かされたハーブやスパイス、食用の精油をほんのりと感じられるドリンクやフードメニュー、そしてオーダーの際に渡される「welcome aroma」があるのが特徴だ。

7種類のシングルオイルと2種類のブレンドオイルの香りは季節ごとに入れ替えられ、ムエットにつけて香りを持ち帰ることもできるので、ハンカチマスクなどに挟んでおいて長く香りを楽しむこともできる。香りは1種類100円から。

「香りを嗅ぐ」というのは、自動的に呼吸が深くなるため、それだけでも副交感神経が優位になりリラックスできる。店主は「天然の植物の香料の香りを、コーヒーなどと同じ感覚で『ああ、今日はあの香りが嗅ぎたいな』と、ふらりとカフェで香っていこうという人が増えるといいな」とのこと。

アロマバーを体験できる場所は現在2ヵ所で、代官山の「サッページ」(第1、2月曜日12:00〜15:00。祝日除く)と浅草橋の「リトルジャパン」(第1火曜日12:00〜16:00)。

詳細や直近情報はInstagramでチェックを。

©2020 アトリエ・リクト

アロマ喫茶カホリト』

【公式ホームページ】

http://kahorito.lykt.blue/sweets

Top image: © 2020 アトリエ・リクト
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

テーブルウェアブランド「KINTO(キント)」から、キャンドルで温めるアロマディフューザー「AROMA OIL WARMER」発売。
ここは、カクテルを飲む習慣がない人にこそ行って欲しいお店。恵比寿の名店「Bar TRENCH」です。このお店のメニューには、ジントニックやモヒート、マンハ...
お香をスタンドの中に入れてカバーをかぶせると、山のてっぺんから煙が出るという粋なデザインが特徴的な「Aroma Mountain」。お香の香りを静かに広げ...
今日も、世界のどこかの「喫茶店」では。
環境にやさしく長期的に使える。「スノーピーク」が先月26日から老舗「京屋染物店」とタッグを組んでつくった手ぬぐい生地のマスクを発売中。
「The World's 50 Best Bars 2020」が発表され、日本からは10位に「The SG Club」、40位に「Bar Benfiddi...
2月1日、東京・浅草にアメリカで流行中の斧投げBARがオープン。

人気の記事

2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
イスラエルのバイオ食品スタートアップ「Aleph Farms」が「イスラエル工科大学」と共同で、3Dバイオプリンティング技術を利用した培養リブアイステーキ...
「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」のミュージアムショップがセレクトしたスピーカー/ラジオ「OB‐4 マジックラジオ」が日本初上陸。DJコントローラーの...
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...