「香り」だけのメニューを揃えた「aroma-bar(アロマバー)」

都内で間借りをしながら営業をおこなう「アロマ喫茶カホリト」が、9月から香りだけのメニューを揃えた「aroma-bar(アロマバー)」をスタートした。

香りを中心にメニューを組み立てる構成で、店主のアロマ調香の経験が活かされたハーブやスパイス、食用の精油をほんのりと感じられるドリンクやフードメニュー、そしてオーダーの際に渡される「welcome aroma」があるのが特徴だ。

7種類のシングルオイルと2種類のブレンドオイルの香りは季節ごとに入れ替えられ、ムエットにつけて香りを持ち帰ることもできるので、ハンカチマスクなどに挟んでおいて長く香りを楽しむこともできる。香りは1種類100円から。

「香りを嗅ぐ」というのは、自動的に呼吸が深くなるため、それだけでも副交感神経が優位になりリラックスできる。店主は「天然の植物の香料の香りを、コーヒーなどと同じ感覚で『ああ、今日はあの香りが嗅ぎたいな』と、ふらりとカフェで香っていこうという人が増えるといいな」とのこと。

アロマバーを体験できる場所は現在2ヵ所で、代官山の「サッページ」(第1、2月曜日12:00〜15:00。祝日除く)と浅草橋の「リトルジャパン」(第1火曜日12:00〜16:00)。

詳細や直近情報はInstagramでチェックを。

©2020 アトリエ・リクト

アロマ喫茶カホリト』

【公式ホームページ】

http://kahorito.lykt.blue/sweets

Top image: © 2020 アトリエ・リクト
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事